2016年06月30日

Helsinki, Day4

ヘルシンキ最終日。
土曜日だし、昨日に引き続きお休みモードのフィンランド。こんな日に行ける場所は教会と公園くらいだろう。

近くのマーケットで買ったお土産をスーツケースに詰め込み、フロントに荷物を預けてトラムに乗り込む。
トラムを乗り換えながら、テンペリアウキオ教会を目指す。
この教会は岩盤をくり抜いて作ったとかいうすごい作りの教会で、元々は岩なので、教会の上にも登れてしまうという信じられない教会なのだ。
しかも、ルーテル教会だというから驚きである。

神の家の屋根に登り、ヘルシンキの晴れた空を見渡し、街の風景を激写し、建物の中に。
すでに観光客で溢れていたが、私は礼拝堂の後ろに座り、空間の広がりや音の響きの良さに浸ってみた。
いつかこの教会での礼拝に参加したい。


それからシベリウスのモニュメントがあるという公園へ。
地図を見る限り歩いて行けそうだったが、途中で道に迷ったらしい。地元の人(犬の散歩中)に聞いたら「あっちよ!」と全然違う方向を示された。
あっちか…と思いながらまたもやテクテク歩き、30分は歩いたかな、というところでようやくシベリウス公園に到着。
変なモニュメントになっちゃってたけど、シベリウスさんに会えました。
ここは公園というよりは、ほぼ観光地扱いなんだなという感じだったけど…。


クリスチャンになって4年目。私は一番好きな讃美歌にシベリウスが作曲した曲をあげています。讃美歌では“Be still, my soul”というタイトルがついています。
怒りっぽくて感情的で感情に振り回されている私には大切なメッセージが詰まった1曲です。
今回この旅に出る寸前まで、今思えばどうでもいい些細なことにもいちいち腹を立て、気持ちにゆとりのない生活を送っていました。
フィンランドに行くと決めたのは5月の初めで、まさかここまでゆとりがなくなるとは予想していなかったのですが、ちょうど堪忍袋の緒が切れまくっていた時期にいろんなことから逃げるようにしてフィンランドに行きました。
フィンランドでは、日本では体験できない白夜を過ごし、地球の大きさや自然の素晴らしさを感じました。
また、一番大切にしている讃美歌を作曲したシベリウスの国で、教会をめぐり、パイプオルガンの音色に触れ、日本で私が対面している小さな問題などほとんどどうでもいいことなのだと思えるようになったのでした。
うまくまとまらないけど
フィンランドに行ったのも、フィンランドで経験したことも、偶然のようで必然だったのだろうと思うのです。


大好きな英国がEUから離脱するとか、トルコで自爆テロが起こったとか、平和ボケな日本では考えられないことが毎日起こっています。どうか、また今日も一日 世界が平穏でありますように。
posted by Deanna at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

Helsinki, Day3 〜Seurasaari

エストニアからヘルシンキのホテルに戻ったのは19時頃。
セウラサーリ島の夏至祭に行く気ではいたが、携帯の充電は切れかけ、身体が冷えている。30分ほど休んでからセウラサーリ島に行くことにした。

さて、そのセウラサーリには、ヘルシンキの中心地にあるストックマン(デパート)近くの広場から出ているバスで行くことができる。トラムを降りるとちょうどバスが来たところで、そのバスでセウラサーリに行くことにした。
日本のお祭りのように何万人という人が集まるイベントで、バスは満員なんじゃないかと思っていたが、乗客は私だけだった。途中のバス停で何人か乗せたり降ろしたりしたけれど。

バスの終点からは、細い橋を渡って島に渡る。イベントなので20ユーロでチケットを購入。
ここは島全体が野外博物館。フィンランドの古き良き建築物、動物の鳴き声や小鳥のさえずりを楽しめる。
時々、鍛冶屋が登場したり、民族衣装のお姉さんとすれ違ったりする。
夏至祭のメインイベントはBonfireと呼ばれるもの。火を燃やして、太陽に力を与え、今から短くなっていく日照時間を少しでも長くしてほしいと願うためのものだとか。
フィンランドの夏は短い。
日本人ならもう秋なのではないかと思うくらい、雲が高いところにあるのだ。
夜の9時半。まだ明るい中燃やされる炎をあとにして、私はホテルに帰ることにした。フィンランド人は今から夜中まで踊り狂うらしい。


ホテルに戻ると、ジェントルマンなボスからメールが届いていた。
旅に出る前、私があまりにも「帰国したくない」と言い続けていたせいか、ボスから「何でもいいからヘルシンキから一度は連絡するように」と言われていたのだ。仕方がないので「大聖堂に行ったよ」とパイプオルガンの写真を送ったので、その返信をしてくれたらしい。
ジェントルマンなボスからのメールによると、職場は大雨の影響で避難所従事の仕事もあり、通常業務でも多忙を極めていた様子。「バーボンを少し飲んで寝るところ」とのこと。
また、「しぶしぶでもいいから戻ってきてね」と書いてあった。
なんとも、ジェントルマンらしい気遣いである。
が、そんなことよりも、ボス、バーボン飲むんですか‼︎ 


とにもかくにも、地元の人たちが楽しみにしている地元のお祭りに参加できたことが何よりも良かった。
森をのんびり歩いて、小鳥のさえずりを聴いて…すばらしい時間だった。

posted by Deanna at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

Helsinki, Day3 〜Estonia

6月24日、フィンランドは夏至イブ?で官公庁もお店もほぼ休み。公共交通機関も休日ダイヤ。日本でいうお正月かと思うくらい、街中から人が消える。

今日はセウラサーリ島で行われるという夏至祭に行こうと思ってはいたのだけど、午後4時から午前1時までのイベント。ヘルシンキはどこに行ってもお休みモードだし、だったらお休みモードじゃない国に行こう!と思い、フェリーで2時間で行けるエストニア共和国に行くことに。
フェリーのターミナルでは、スーツケース片手に乗り込む人を多数発見。みんなエストニアに旅行に行くのね、私みたいに手ぶらで行く方がおかしいのね、と思いつつ乗船。
てゆーか、ターミナルから船まで500mってなんやねん!7分近く歩いたぞ!

船の中では、追いかけてくるカモメの撮影に夢中になるアホな日本人ツアー客をみかけたりもしたけど、ぼんやりしている間にエストニアの首都タリンに到着。
…が、ここでも雨。
しつこく降り続く雨。
昨日スオメンリンナで雨に降られた経験から折り畳み傘を持参してはいたけれど、折り畳み傘レベルでは太刀打ちできない雨量。
せっかく来たから…と思って、観光地化してるっぽい旧市街に向けて歩き出す。もう元には戻れない。
旧市街地の入り口には、古い時代のヨーロッパを彷彿とさせる造りの城門があり、古い町並みの色合いは落ち着いた雰囲気を演出していた。
だけど石畳がひたすら歩きにくい。
雨も強くなってきたし、寒いし、教会で雨宿りしようと思って目の前の教会に飛び込もうとしたら「ナショナルホリデーでお休みですでーす」って張り紙が。
神の家が雨宿りさせてくれんかった…(泣)
気落ちしてしまい、寒さにも耐えられなくなったし、ナンパしてくれた人力車(つか、自転車タクシー)のにいちゃんに7ユーロでフェリーターミナルまで送ってもろた。10ユーロ札を出したらにいちゃんが釣りがないつって4ユーロお釣りくれたから、ちょっとラッキーだった。
帰りのフェリーではバーラウンジに席を取り、温かい飲み物を飲まないとやってられなかったので紅茶をひたすら飲んだ。とても居心地のいい空間だったのに、近くの席にツアー客と思われる日本人おばさま方の集団が陣取ってしまった。彼女らの話す話題といえば「私はすでに何ヶ国行ったわ」「あの国はよかった。あなたまだ行ってないの?行きなさいよ」という、なんとも中身のない話題だ。しかもそれを有閑マダムぶって話すのだ。
基本的に群れて行動するのが嫌いで、訪問国数を競うことに何の価値も見出せない私が一番嫌いな話題を延々と話し始めたのである。
私は日本人ではないふりをして、やりすごすことにした。
そのうちバーラウンジのステージではクラブ歌手らしきお姉さまの歌が始まった。欧州の演歌っぽい曲、クラシカルな曲、ジャズっぽい曲…  1時間ほど歌ってくれ、その歌声にかき消されて日本人おばさま連中のどうでもいい話が聞こえなくなったのはよかった。

そうこうするうちに、船はヘルシンキの港に到着。
往路、何も荷物を乗せていないカート引きや大きなスーツケースを持った人々をたくさん見かけたが、いよいよ船を降りるときに周囲の荷物を持って納得した。彼らはエストニアに爆買いに行ったのだ、と。
周囲から聞こえてくる話をまとめると、フィンランドで酒類などを買うと消費税がかかる。税率も高い。
エストニアへは、EU加入国のシェンゲン協定により出入国審査なしで往復することができ、エストニアの方が物価が安い。
なので、エストニアに爆買いしに行く。
事実、彼らの荷物の大半は、酒であった。

エストニアのチョコなど買って満足気に帰ってきた私など、彼らから見ると愚の骨頂だったに違いない。
posted by Deanna at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Helsinki, Day2

ヘルシンキ2日目。
相変わらずノープランな私は、友人にマリメッコの紙ナプキンがほしいと言われていたことを思い出し、マリメッコ本社に行ってみることにした。
お腹の調子は昨日よりはいいので、朝ごはんも食べれた。シナモンロールがおいしかった。

とりあえずヘルシンキ中央駅に戻り、メトロに乗り換え、そこから本社最寄駅まで行けば良さそうである。最寄駅からは徒歩15分くらいらしい。
トラムもメトロも外国人には不親切で、フィンランド語とスウェーデン語で表示するくせに、なぜか英語表記がない。
海外に行くようになって、英語表記や英語でのアナウンスがないと何もわからないというのがこんなにも不便なんだということがわかるようになった。日本は海外からの旅行者に対して親切な表記になっているのだろうか…?と時々気になったり。
地図を片手に、最寄駅の表示と思われる駅で降り(メトロもやっぱり改札がない)、マリメッコ本社へ。
晴れていて、でも爽やかな風が吹いていて散歩にはいい天気だった。
マリメッコ本社には思ったよりもすぐに着いた。
マリメッコはおしゃれなデザインで有名らしいが、アートが不得手な私には何がどうおしゃれなのかよくわからない。とりあえず、友人やボスへのお土産になりそうなものを購入。
社員食堂でご飯でも食べようかと思ったが、まだ11時だというのに社員がごっそり食事に来ているのと、日本人が何人かいたので、「ここまで来て日本語を聞くのも…」と思って退散。
駅までのんびり歩き、駅のそばのスーパーマーケットでバラマキ用お土産のお菓子を大量に購入。
荷物が重たくなったので、いったんホテルへ帰り、少し休憩。


その後はマーケット広場から出ているフェリーでスオメンリンナ島とやらに行ってみることにしたので、トラムを乗り継いでマーケット広場へ。
途中、気になる教会があったので、駅名もわからないような駅でトラムを降りて、教会内部へ。
カトリックの教会らしく、マリア像があったり、イエス様の受難の様子が描かれた13枚の絵が壁に飾られていたり…
誰もいない教会で、ステンドグラスから漏れてくる柔らかな光に包まれて、満たされたひと時を過ごすことができた。

そしてまたトラムでマーケット広場へ。
広場を歩き回っていて、なんとなくスオメンリンナ島行きのフェリーを見つけてしまったので乗り込む。スオメンリンナ島まではフェリーで10分程度。
到着するとあいにくの雨模様だったが、地図を見ていると島の中に教会があることに気付く。
入ってみるとごくごくシンプルな作りで、イエス様やマリア様の像もなく、十字架のみが飾られてることからプロテスタントの教会であることがすぐにわかる。説明書きを探して読んでみると、ルーテル教会とのこと。
このスオメンリンナ島は、島全体が要塞である。砲台も残っている。
そんな要塞の中に、ルーテル教会がある。
信仰が根付いていることを実感した。
…あ、そういえば軍艦島にも神社があったなぁ。寺はなかったような気がするけど。

再びマーケット広場に戻り、市庁舎、元老院広場を抜けて、ヘルシンキ大聖堂へ。
真っ白な、ネオ・クラシック様式の建築物で、屋根の上には人(像)が乗っている。
人だか天使だか乗ってるし、大聖堂だし、こりゃカトリックやねと思って中に入ると、聖壇はいたってシンプル。聖堂の中もシンプル。あれ?カトリックっぽくないぞ…。
中を見渡すと、3人の像が飾られていて、その内の1人の足元に「ルター」と書いてあったので、そこでようやくこの大聖堂がルーテル系であることに気付く。
この大聖堂には大きなパイプオルガンがあり、ずっと演奏してくださっていたので、荘厳な響きにずっと浸ってみたり。


スオメンリンナでは少し雨に降られたりもしたけど、教会や大聖堂を巡り、信仰が救ってくれるってこのことかなと思えるような1日を過ごしました。
寝る前にボスに「ちゃんと生きてます」っていう意味で報告メールを写真付きで送って、2日目終了。
posted by Deanna at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

Helsinki, Day 1

June 22 to 26, 2016
Visiting to Helsinki, Finland

フィンエアーに乗って約10時間かけてフィンランドに到着しました。
おなかの調子が朝から悪くて、福岡空港で胃薬買って飲んだりしたけど全然良くならない。胃じゃなくておなかだっつーの!とツッコミを入れつつマリメッコ機に搭乗。
機内食が運ばれてきてもあんまり食べる気になれなかったけど、運んできてくれたキャビンクルーのお兄ちゃんがイケメンだったので頑張って食べた。
隣の席の見知らぬおじちゃんから「あんた1人ね?」といきなり声をかけられ、暇つぶしに話を聞いたところによると、
すでに仕事は退職しており、しかも独身で、退職金を使うところがないので年に何度か海外旅行をしている。
今回は10日間のツアーで4ヶ国行く。
一度に4ヶ国くらい回らんと、全部の国に行かれんやん!
とのことでした。
ひとり旅で、ヘルシンキ周辺以外に行く予定がない私のことを不思議がっておられました。
まぁ、行った国の数を重要視するか、旅の目的を重要視するかの差なんじゃないのかなと思いますけどね。

そんなこんなで体調は最悪な中、ヘルシンキヴァンター国際空港に到着。
ヒースローみたいな1時間近い入国審査待ちを覚悟してたんだけど、待ってる時間なんかほぼなかった(大半の人がトランジットだったのかも)。
入国審査のお兄ちゃんは、もう1人の係官が後ろでベラベラ喋ってるのを聞き流しながら「ひとり旅?出張?…出張じゃないのにひとり旅なの?…ふーん。気をつけてね」と私に質問しつつ話しかけてくれましたけれども。いいのか、そんなゆるい審査で!ヒースローはもっと厳しかったし、ベトナムはもっと無愛想だったぞ‼︎

とりあえず初・北欧、初・フィンランドに入国バンザイ!
荷物を引き取って、電車の駅を探す。
到着した第2ターミナルではなく、第1ターミナルの方に行け、と表示されているのでそれに従ってひたすら歩く。歩いていたら、電車のホームに着いちゃった!
…あれ?改札はどこ?切符は買わなくていいの?と焦ったけど、ホームにある自動券売機で4日間分のデイチケットを購入。てか、紙切れしか出てこんかったんやけど、これでええのん?
けど、改札のおじちゃんみたいな人もいないし、電車来たし。乗っちゃうもんね!
乗って、いくつかの駅を通過していて気付いたのだけど、どうもこの国には改札がないらしい。なぜないのかはわからない。でも、ホームとそこらへんの道路が普通に続いてる。信じられん…
ヘルシンキ中央駅に着いて、ここも改札がないからそのまま外に出ることができて、トラムに乗ってホテルへ。

ホテルに着いた途端、もう本当にぐったりしちゃって、まだ16時とかだったけどずーっと寝てた。頭痛もしてたから、頭冷やしながら。

そんなこんなで体調不良な1日目終了。
というか、体調不良のまま旅に出るって初めてだった。長時間の移動がこんなにきついとは知らなかった。


posted by Deanna at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

Neuvola

あんた、ネウボラっち聞いたことあるね?
といきなりボスに尋ねられたのが4ヶ月くらい前。ちょうどベトナム帰りだった私は、ベトナムで食べそこなった料理の名前だろうかと思った。
調べたところによると、ネウボラとはフィンランドの子育て支援のことらしい。
ネットで検索すると「切れ目のない支援」だの「日本版ネウボラ」だのヒットする。
へー、フィンランドって高福祉国家なだけあって、やっぱ子育て支援も行き届いてるんだなーくらいの感想。

で。
このたび、私の地元からフィンランドに飛ぶ直行便(フィンエアー)が就航し、調子に乗って往復航空券を予約してしまった私は、何の目的もなくヘルシンキに行くことになったのであります。
航空券を予約したのはひと月半ほど前。
その時は無目的だったし、まぁ、行く飛行機の中で行きたい場所でも考えればいいかー程度。
でも先週、ジェントルマンなボスとおしゃべりしていて急にネウボラのことを思い出し、あ!ヘルシンキに行くなら、ネウボラ見てくればいいっちゃないと?っていう話になり。
金曜の夜(フィンランドは金曜の夕方くらい)に、ヘルシンキ市役所の保健・社会福祉部の人に「不躾なお願いではございますが、資料だけでもいただきたいので、訪問させていただいてもよろしいでしょうか」とメールしてみました。ヘルシンキに行くのは今週の水曜日からなのにさ。いくらなんでもいきなりすぎるよね、このメール(笑)って自分でもわかってましたけどね。
昨夜遅く(休日なのに)、「責任者にメール転送したから、ちょっと待ってね。会合は難しいけど、資料はあげられると思うの」って返事が。
そしてほんの2時間ほど前、責任者の方から「この資料読んでもらったら、だいたいのことはわかるはずよ!」という文面とともにパワポのデータが送られてきました。
すげーな、おい…
データ見てたんだけどね、日本ではネウボラ=切れ目のない子育て支援っていうイメージが先行してしまってるけど、彼らはネウボラのことを英語で“Maternity Clinic”と表現していました。ホントに、妊娠して出産して、そのちょっと後くらいまでを対応するのがネウボラのようです。
なーんだ、ネットの記事と全然違うじゃん!

…というわけで、ネウボラ情報をゲットしてしまったので、私の旅はまたもや無目的になってしまったのです。
どうしよう。
とりあえず、教会と公園には行こう。それ以外は考えてませんっ!

そうそう、ジェントルマンなボスから「水曜日から旅に出るなら、火曜日は早く帰らなくていいの?旅行の準備があるんじゃないの?」と心配されてしまいました。
大丈夫ですよー、パスポートとお金があればどこでも行けますから〜‼︎ って答えたらドン引きされたけど…なんで?
海外旅行だよ?持っていくものとか、考えなくていいの?大丈夫?としつこく聞かれ。
えー、だって、地球上ですよ。宇宙に行くなら考えますけどーw
とさらに余裕ぶっこいてみたり。えへっ。
旅慣れてるんだね、って言われたけど、そんなに旅行いってないよ、わたし。
海外なんか、ほんと、20年ぶりに行ったんだよ。去年1回、今年に入って2回目。今年3回目の旅は英国行き決定してます。楽しみ!

ネウボラの話から逸れまくったけど、高福祉国家フィンランドの日常を垣間見てこようと思います。

posted by Deanna at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Work and Psychology | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

Welcome, my old friends

先週は調子があまり良くなかったので、ほぼ仕事を休みました。体調が悪いということではなく、前回の記事に書いた愚痴に付随して、これ以上ここにおったら怒りのあまりキレまくってどげんかなってしまうんじゃなかろうかって思ってね。
月曜日の夜、残業しまくって、引き継ぎ事項をまとめ、ジェントル課長に「しばらく休みたい」と置き手紙をし、職場から離れたのでした。
なんかね、本当に1人になりたいのですよ。いろんなことから距離と時間をおきたい。


そうそう、先々週はわたくしモテモテ週間でした。
まず、関東地方の友達がいきなり福岡入り。本人はいきなりじゃなかったんだけどね。計画的に福岡入りしてたんだけど、私へのお知らせが突然だったの。
突然だったけど、野球好きの彼らしく、2軍の試合を見に行こうと思ってるけどチケット余ってるから一緒に行かないかとのお誘いがあり、まー、適当に仕事抜けれないこともないなと思って、あっさりOKしちゃった(笑)。
2軍の試合とはいえ、プロ野球の観戦は初めてで、けっこうたのしく拝見いたしました。
その友達に会うのは4年ぶりだか5年ぶりだか…。本当に用事がある時しか連絡取らない人だけど、なんでこんな仲良しなんだろね、って思う。大切な友達です。

そして週末は、元職場の友人夫妻(熊本在住)が「ランチしたいからそっち行く!」と連絡してきて、「あー、来るならどうぞー」って話半分に返事してたらホントに現れてね。
ランチして、妊娠中の友人のために水天宮で安産祈願をして、じもてぃーなカフェでまったりして、アウトレットまで遠征するというタフなスケジュールをこなしました。
友達、妊娠中なんだけど…
あんな一日中連れまわして良かったんやろか。
でも、全国の水天宮の総本山である久留米の水天宮で安産祈願ができたといってよろこんでくれていて、それは良かったなぁと思うの。


そういうわけで、私、今週はマリメッコとサーモンとミートボールの国、フィンランドに行ってきます。個人的な先進地視察です。高福祉国家に一度でいいから行ってみたい。
でね、でね、ネウボラって知ってる?
わたし、なーんも知らんかったのだけど、妊娠期間中からの子育て支援みたいなシステムみたい。
まぁ、ネット見たらある程度の情報は出てくるけど、現地で現地の人から話を聞きたいなって思って、所管課にいきなりメール送ってみたりしてるとこ。
ちょっとでもネウボラに関するナマの情報を持って帰れたらいいなー。


なんかね、わたし、前回の記事に書いた愚痴の件でけっこう気持ちをかき乱されていて、落ち着いて思考するってことが難しくなってるの。だからってわけじゃないけど、ジェントル課長に「わたし、もう(フィンランドから)帰ってこなくていいですよね?帰ってこなくても、なにかいい資料をもらえたら郵送しますから」とか言ってしまっていて。
ジェントル課長は、「帰ってこないと、お土産話が聞けないでしょう?」「あなたがいないと困るから、帰ってきなさい」と静かにおっしゃいました。
私がいなくても課の業務はまわると思うし、具体的に何に困るのかはわからないけど、少なくとも課長にフィンランドの話をするために帰国しないといけないんだなということは理解できました。

日本から離れて、白樺と湖を眺めながら何を考えるのか全く想像もつかないけど、いい旅になるといいな。
posted by Deanna at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする