2016年12月19日

クリスマスコンサート第一弾

12月18日(日)
仕事で関わりのある団体のクリスマス会での演奏を依頼され、1人で弾くのもなんだかなーと思って、課長(ギター)と友人A(1st Vn)+私(2nd Vn)でコンサートを開くことにしました。

数あるクリスマスソングから、元々のクリスマスの意味をきちんと伝えられる曲やこの時期になると街中でよく聞く曲、そして団体の方たちも一緒に楽しんでもらえそうな曲をセレクト。
そしてそれをバイオリン2パート+ギターで演奏できるように編曲。
プログラムの順番を決めて、プログラム作って、団体側と打ち合わせして…
めんどい(T . T)

3人の日程を調整して練習日を決めて、練習場も確保して…
めんどい(T . T)

団体側から「食べながら聴きたいので、調理室の横の和室で弾いてください」って言われた日には「食事の横で弾いてるBGMじゃないとぞ、こら!」って思ったりもした(演奏会場はちゃんとした場所を確保してもらいました)。

そんなこんな、めんどいことだらけで迎えた本番。
曲の間に話そうと思ってたことが頭からぶっ飛んでしまって、適当に話して曲につないだりしちゃった。だけど、団体の方たちにも参加してもらおうと思って準備してた楽器(スズ)は好評だったし、曲の中でスズを鳴らしてくれて、私たちも楽しく弾けました。
曲順を考えた時も思ったけど、プログラムの緩急のつけ方って難しいね…
飽きさせないプログラムを組むって至難の技だわ。

私自身は練習不足だったり、メロディではなくてオブリガードばっかりで自分がどこにいるのか見失ったりしてて、いろいろボロボロでした。
でも、1stを引き受けてくれた友人や課長の控えめなギターに支えられて、なんとか演奏を終えることができました。
演奏開始直前に、課長が「素晴らしいバイオリンとつたないギターで、演奏をしたいと思います」などと言ったので、本気で緊張しました。いや、マジでハードル上げんでくれ…
演奏会の途中もあれこれあったけど、ま、いっか。
そんでもって、終演後に課長のギターで遊んでいた私に、課長がひとこと。「何でも弾くとやね…」って。
今さら何を言うかな、この人は(笑)
何でもって言うけど、弾けない楽器の方が多いと思うよ。

何が言いたいのかわからんようになってきた。
演奏会の後で、お客さんの1人が「楽しかった」と言ってきてくれました。
あたしら素人の演奏で楽しかったと言ってくれる人がおって良かった。弾いた甲斐がありました。

数日後には演奏会第二弾があるんだった。
頑張ります。はい。
posted by Deanna at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

秋を感じる時間があったのか、なかったのか。
気付いたら夕方にはもう日が落ちて暗くなり、寒いと感じる日が増えてました。
だからかなぁ。
陽を浴びてないせいか、なんだかセロトニンが足りない気がする。

昨日はわざわざ元上司を呼び出してお茶しようとしたのに、お茶淹れた瞬間に今の上司が登場。
今の上司に「お茶、淹れましょうか?」と聞かないわけにもいかず、聞いたら聞いたで「淹れてほしい」って言われてしまい…
結局、私は2人の上司にお茶を淹れただけで退散。
あーあ、元上司とおしゃべりしたかったのにな。

ちょっとしたことでイライラする。
いやだなー。
早く冬終わってくれんかなー
posted by Deanna at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

寝すぎた!

先週は5日間、フルでお仕事&研修でした。
疲れてたんだろねー、週末、がっつり寝てました。
昼前にちょっと目が覚めて、「ご飯食べなきゃ〜」ってゴロゴロしてたらまた眠くなって、気付いたら夜。

いいのかな、こんな生活してて。

昼間 眠りすぎたせいで、夜眠れなくなりました(泣)
posted by Deanna at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

Godzilla

今年の日本映画界はシン・ゴジラで持ちきりだったけど
私も映画を一応見たけれど
おもしろいのかおもしろくないのか、よくわからなかったけど

ゴジラって、初めからあの岩ゴツゴツなゴジラじゃないんだね。
ツチノコだかモグラだか毛虫だか、よくわからない動きな上に目がなんかおかしくてビックリしたよ。

…というあのゴジラさんを、町興しのイベントで作っちゃった若者がいて、クルマで1時間くらいかなー。見に行ってみた。

775B5EC3-E071-48BF-B8D3-968F24584315.jpg
B9E89D87-A6E4-4E04-B125-A46668850215.jpg

ほんと、今にも襲ってきそうだったよ…
小さな町なんだけど、若い人たちが駐車場警備とかも頑張っていて、すごいなーと思いました。
posted by Deanna at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

里帰り4日目

里帰り4日目は、日曜日。
どこに行くかも決めてなくて。
おばあちゃん宅の前から出ているバスに乗れば、Trafalgar Square まで行けることは知ってたし、そこまで行けばNational Gallery も目の前。よし、美術鑑賞しよう!
というわけで、バスでおでかけ。
去年お散歩しまくって1時間歩いてビッグベンまで行ったけどさ、このバスに乗ったらビッグベンまでもすぐに行ってしまうのね!知らないって罪ね!

Trafalgar Square に着くと、ちょうどJapan MATSURI というイベントが開催されていて、焼きそば、イカ焼き、おでん、お好み焼き、なんと博多のうどんまで出店していました。
日本のお祭りでよく見るサイコロ投げができるコーナー、折り紙コーナーなんかもあって、「海外から見ると、こーゆーのがクール・ジャパンなんだなぁ」という感じ。

ひと通り見てまわった後は、ナショナルズ・ギャラリーへ。
私は絵画はよくわからないけれど、馴染みのある宗教画をたくさん見て回ることができました。
このギャラリーは年代別に展示してあるので、各時代の特徴がなんとなくわかるような気がしました。
ダヴィンチの「岩窟の聖母」はナショナル・ギャラリーにもあるけどルーブルにもあるんだよね?謎だわ。


ギャラリーを出て今度はレスター・スクエアへ。
おばあちゃん宅で会った方から、レスター・スクエアでミュージカルのチケットを買ったらいいよ!と教えてもらってたので、ミュージカルを観るのもいいかもと思ったの。
でも見たいミュージカルがなくて(日曜日はだいたい上映してない)、まわりの映画館をぶらぶらして、Star Trek とBridget Jones's Babyを鑑賞。

ロンドンに来てまでそんな過ごし方しなくても…と思うだろうけど、いいのだ。だって里帰りだから。
posted by Deanna at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

里帰り3日目

里帰り3日目はチェルトナムからロンドンに移動。
ロンドンでは、昨年もお世話になったテムズ川沿いのおばあちゃん宅にお世話になりました。
今年は予約するのが遅かったせいで、おばあちゃん宅は満室だったのです。でもおばあちゃんのご厚意で、シッティングルームにエキストラベッドを入れてくださり、そこを使わせていただきました。

チェルトナムからロンドンまではコーチ(長距離バス)で移動。コーチ・ステーションはヴィクトリア・ステーションのそばにあるのだけど、滞在先のおばあちゃん宅はそこからバスに乗り換えてすぐのところ。
もう、ほんと、懐かしい風景が目の前に広がってねー。

おばあちゃん宅に荷物を置いて、バスでちょっとだけ駅の方に戻って、レストランでFish & chipsをいただきました。あ、晩ご飯ね。
やたら魚が大きかったのだけど…ロンドンでは普通サイズかしらね?
お店の近くにあるスーパーマーケットでお土産用の紅茶やショートブレッドを物色したりして、おばあちゃん宅に帰宅。

…明日はどこに行こうかなー
posted by Deanna at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Star Trek Beyond

映画ガラパゴスな日本ではなく、旅先(英国)の映画館でスタートレックを鑑賞。
米英では6月にすでに公開されていた映画なのに、日本では10月公開なのだそうです。

今回のストーリーは、
ある日物資補給で立ち寄った宇宙基地ヨークタウンで、救助を求めている難破船(宇宙船)に遭遇して助けてみたところ、「故郷が大変なの」みたいなことをかわいい子が言うから、星図にもまだ乗ってないその惑星ネビュラまでほいほい行っちゃうカーク以下エンタープライズ号の乗組員たち。
ネビュラに着く前に敵(イメージ、スズメバチみたいに襲ってくる)にエンタープライズ号を切り刻まれてネビュラに不時着。
まー、たいへん!
という内容。

字幕なしで見てるから(当たり前なんだけどさ)、細かいところは聞き逃してるけど、ヨークタウンでの出会いと別れにホロリ。
まず、ヒカル・スールーがパートナーの男性と再会するシーンがさらりと描かれていたところ。彼を同性愛者として描くことについては、オリジナルキャストのジョージ・タケイが当初は反対していたそうな。まぁ、でも、ほんと、セリフのないシーンで男性同士で肩組んで歩くだけだし、それと気付かない人もいるかもね。スタートレックらしい「多様性」の描き方だと思う。
それからスポックさんがバルカン人から何やら受け取り、それが老スポックさんの遺品だったシーン。
始まって数分なのに、ここで涙腺が緩む。
オリジナルキャストのレナード・ニモイが亡くなったからねぇ。てか、オリジナルキャストの大半が亡くなってるもんね、もう。
この死を受けて、スポックさんは論理的に考えたらしく、「老スポックの意志を継いで、バルカン再建に尽力したい。だから退職する」とか言うわけね。
“Fear of death is illogical.”というスポックにむかって、ドクター・マッコイが“Fear of death is what keeps us alive.”とひとこと。オリジナルシリーズの時から論理的なスポックにくってかかるドクター、という構図はあったけど、でも彼らの間に信頼関係はあった。今回も、信頼関係を匂わせるシーンが挟み込まれてて、またもや涙腺崩壊気味(笑)。
スポックさんが老スポックの遺品の中からオリジナルキャスト全員集合の写真を見つけて眺めるシーンがあるんだけど、あぁ、もう涙がぁぁぁぁぁ…

細かいことは省くけど、「こんなのスタートレックじゃない」と思う人もいるかもしれない。だけど、ジーン・ロッデンベリーが創造したスタートレックの世界観を壊していないから、この映画は間違いなくスタートレックであると言えるはず。
とにかく良い映画でした。
To boldly go where no one has gone before!!
We will find hope in impossible.
posted by Deanna at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | My Favourite Movies(O〜Z) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする