2005年11月18日

Harry Potter and the Chamber of Secrets(2002,U.S.)

Harry Potter and the Goblet of Fire公開記念特集第2弾!!
〜映画でハリー・ポッターの歴史(人生)を振り返ろう〜
ハリー(Daniel Radcliffe)は学校での最初の1年を終え、夏休みをダーズリー一家のもとで過ごしていた。ハリーが相変わらず意地悪な一家に嫌気がさしていたそんなある日、突然ドビーという“屋敷しもべ妖精”が現れる。ドビーはホグワーツへ戻らないよう警告するが、ハリーはそれを聞かずに、助けに来てくれたロン(Rupert Grint)と共にダーズリー家を抜け出した。そして新学期。晴れて2年生となったハリーとロンは、もうひとりの親友ハーマイオニー(Emma Watson)とも再会し、いつもの充実した学校生活を送っていたが、やがて校内で不気味な出来事が次々と起こり始める…。

 The Lord of the Ringsのゴラムが「ドビーは友達!!」と言っていましたが、ドビーはCG、ゴラムはアンディ・サーキスが演じたのをコンピューターに取り入れて動きを作ってますから。厳密に言うとかなり違いますね。ホビットの支族であるストゥア族と屋敷しもべ妖精ですよ。見た目は似てるけど…。 ゴラムは魔法を使えません。
…なーんていうどうでもいい話から始めてしまいましたが。
 2作目ね。原作を読んだ時は「…つまらん」って思いました。つなぎに徹してるような。一応 事件もあるし、ハリーだけでなくハーマイオニーも危険な目にあうし、ドキドキハラハラなんでしょうけどね。で、映画もあんまり期待せずに観たわけです。
 まず、ハリーが声変わりしていたのでドキドキしました(吹替え版は声変わりしてなかったので不満だった)。ロンは相変わらずほんわかしてるし、ハーマイオニーはガリ勉ちゃんだし。そこらへんのテイストは損なわれてなかったので安心。
 今作では、ハグリッドの過去が少し明らかになります。そして若かりしころのヴォロデモート卿、トム・マルヴォロ・リドルが登場。あたしゃ原作を読んだ時にTom Marvolo Riddle → I am Lord Voldemortってのを見て、かなりビビりましたよ。適当な名前をつけてたと思ってたらこんな深い意味があったのね!!と。映画を見て何が不満だったかって、トム君がややフケ顔だったこと。あんた、「嘆きのマートル」役の女優さんなんか、40才近いんだからね!!
 毎年 変わる『闇の魔法に対する防衛術』の先生ですが、今年はスマイルがチャームポイントのロックハート先生。女の子はロックハート先生にメロメロですが(あのハーマイオニーでさえ)、男の子からは嫌われ気味な先生です。ロックハート先生、まともな防衛術を生徒達に教えることができたんでしょうか?最後の最後に忘却術を自分に逆噴射してしまったロックハート先生、‘Who am I?’と言いながら今も聖マンゴ魔法病院に入院中(5作目を読んでね!)
 なんだかんだ言いながら好きなシーンがあってですね。このシーンを観てAlan Rickman氏にクラっときたわけですけど。決闘クラブのシーンです。魔法が使えないロックハート先生相手に‘エクスペリアームス!(武器よ、去れ!)’と呪文を飛ばし、髪をちょいとかきわけつつマントをひるがえしてドラコ・マルフォイを呼ぶ。あのマントのひるがえり具合が好きなの〜ハートたち(複数ハート)
 …観るとこがちょいとマニアックでしたかね?

と、言うわけでこちらもよろしくねいい気分(温泉)人気blogランキング
posted by Deanna at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

Harry Potter and the Philosopher's Stone(2001,U.S.)

Harry Potter and the Goblet of Fire公開記念特集第1弾!!
〜映画でハリー・ポッターの歴史(人生)を振り返ろう〜

 ってことで、今回は『賢者の石』を取り上げてみました。UK版ではPhilosopher's Stone、US版ではSorcerer's Stoneとなっております。微妙なニュアンスの違いがあるらしい。私はあくまでもUK版表記に従いますので。

両親の死後、親戚の家に預けられたハリー・ポッター少年(Daniel Radcliffe)。そこでは階段下の物置部屋をあてがわれ、何かとこき使われる毎日。そんなある日、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。中身はなんと、魔法魔術学校の入学許可証だった。実は、ハリーの両親は優秀な魔法使いだったのだ。手紙に導かれるままホグワーツ魔法魔術学校にたどり着いたハリーは、さっそく魔法使いになるための勉強を始める。ロン(Rupert Grint)とハーマイオニー(Emma Watson)という友達もでき、楽しい毎日を送るハリーだったが、やがて学校に隠された驚くべき秘密に気づくのだった……。


 公開当時 劇場で観た時には、自分の想像の世界の中で物語をふくらませるしかできなかったものが映像となって目の前に存在することに感動を覚えました。「いやん、ハリーってばかわいいわ〜」とか、「ほう。クィディッチは映像化するとこんな感じか」とか。クィディッチのシーンが一番興奮しました。原作ではもっとゲームをやってるんですが、とりあえず憎きスリザリン戦のみを映像化するあたり、読者のツボを心得てるね〜と1人で納得しておりましたよ、私は。
 一瞬ハリーを観て妹と「ジョン・レノン??」と囁きあったことは秘密ですよ。英国人で丸めがねかけてりゃ 誰でもジョン・レノンに見えるんじゃないんかい!などと思ったり。
 それはおいといて。
 ハリポタ初の映画版だし、子どもを扱わせたら天下一品とか何とか言われているクリス・コロンバスが監督だし。期待大で観ましたよ。子どもが喜びそうなファンタジ−要素はちゃんとつめこまれておりますね。原作派の私としては、「あれれ?このシーンの前にこのエピソードがあったはずなのに」等 不満に思うこともありましたが、原作のエッセンスを無理なく無駄なく映画化していたようにも思いました。だってさ、今 ハリウッドでは英国児童文学映画化が流行ってるみたいだけど、The Load of the Rings TrilogyにしてもNarnia(7年かけて全編映画化するつもりなわけ??)にしても完結してるわけでしょ。ハリポタは展開が読めないのよ。いつどこでどのキャラがどうなるのかさっぱりわからないのに、てきとーな配役なんかできないじゃん。今のところなんとかどうにかなってるみたいだけど…。
 ちなみに、私 英語版でこの『賢者の石』を読んだ時、しょっぱなのPrivet DriveのDriveで辞書を引いてしまいました。「Driveって書いてあるけど、どう考えても動詞じゃなさそうだし、大文字で始まってるから何かの名前よね」って感じで辞典を引っぱりだし、「プリベット通り」という訳ができた日には感動もの(アホ)。以来、ハリポタは英語で読んでおります。日本語版も買ってますけどね。

生まれた時から運命が決まっている子どもって大変だなぁ。頑張れ、生き残った男の子!!

 それにしても、何度観ても英国英語は聞き取れませんなぁ。特にスネイプ先生、ブツブツ喋るのはやめてくだされ!!
posted by Deanna at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

Corpse Bride(2005,U.K.)

Tim Burton's Corpse Bride
恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。

 観てきましたよ。この映画のためにTim Burtonのコマ撮りアニメ特集でも組もうかと思ったくらいですよ。Nightmare Before Christmasを観て、Tim Burtonのキテレツな世界は予習しておきました。もともとTim Burton氏はアニメーターだし、奇妙キテレツなものを作らせたら右に出る者はいないと思うね、私は。
 ってことで今回も妙な世界にトリップしてきました。Charlie and the Chocolate Factoryの時も「やられた〜!!」って思ったんだけど、今回もガイコツが踊ったりとか理科室にありそうな人体模型がぱっくり割れたりとか、よくよく考えたらグロテスクなのに「なんだかかわいい!」って思えてしまうキャラ作りには脱帽。ダニー・エルフマンの音楽もいい。エミリーとビクターが一緒にピアノを弾くシーンなんか、好きだったなぁ。
 ちなみに私が一番好きだったキャラは牧師(思いっきり脇役)で、牧師の声はSir Christpher Leeです。そう、サルマンね、LotRの。牧師が「指輪が〜」「指輪が…!」「ゆびわがぁぁぁ!!」って妙に‘Ring’を連発する度に「あんた、牧師のふりしたサルマンやろう?」って脳内突っ込みしてました。え?観るとこ間違えた?

芸術の秋。観たい映画もてんこもり。
応援クリックよろしくです〜 → 人気blogランキング
posted by Deanna at 23:26| Comment(32) | TrackBack(52) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

Charlie and the Chocolate Factory(2005,U.S. & U.K.)

 観てきたよ、観てきたよ、観てきたよ〜exclamation×2
 Charlie and the Chocolate Factory

johnny.JPG


 Johnnyの白塗りメイクと真っ白な歯(げーのーじんは歯が命ってCMを思い出した)もいいけれど、Tim Burtonの世界にハマリまくった約2時間。
 原作ではWilly Wonka氏の過去についてはまったく触れられてないし、ましてやジョーじいちゃんもウォンカの工場で働いていたなんていう設定でもない。映画化に際してジョーじいちゃんがウォンカの工場で働いていたという設定が必要だったのかどうか イマイチ疑問が残るけれど、ウィーリー・ウォンカ氏の過去を掘り下げることで、ただの「妙ちくりんなチョコレート工場の話」で終わらせず、家族にも焦点を当てたお話にしちゃっているところがそれまたBurton的味付けで泣かせるではないか。
 また、ウォンカ氏が子ども達を工場に招待する理由も、原作では「私は君たちが思っているよりもすごく年をとっているんだ。僕がいなくなったら誰が工場を経営していくんだ?」程度で終わってたけど、映画の中では「半年前に髪を切ったら白髪(hair)があって、後継者(heir)を探さなきゃ、って思ったんだ」っていう言葉遊びもあって。『後継者』の上にヘアーってルビがふってあったけど、発音的にはエアーなんじゃ?ってちょっと突っ込み入れたくなった。
 そうそう、サー・クリストファー・リー(サルマンね、LotRの。)が出演するっていうから何の役だ?と思ってたのです。そしたら原作にはないウォンカ氏のパパ役で、厳格な歯医者さんだっていうからさ〜。ウォンカ氏は幼い頃のパパのしつけがトラウマになってるのね。最後はトラウマを克服したし。よかったではないか。
 このお話で忘れてはいけないのがウンパ・ルンパの歌とダンス。どこからともなくあらわれて、歌って踊って去っていく。リズム感も歌の韻の踏み方もセンスが良いので脱帽してしまう。ウンパ・ルンパをうちにご招待したい。そして是非ともショーをしていただきたいくらいだ。
 ところでWilly Wonkaの登場シーン、私は大好きですよ〜!工場のゲートをくぐって、工場のドアが開いて、ジャジャーンと登場するかと思いきや 「からくり人形が3時をお知らせします」みたいなのがブーブカ ブーブカ始まるし。あんた、どっから現れてんのよ!?とあの瞬間に脳内突っ込みを入れた観客は私だけではなかったはず。

 あ〜楽しかったるんるん ジョニデってかっこいいのに、型破りな役ばっかりするよね。それでもセクシーさを損なわないなんて…。鼻血ブーだわ。
 ってことで、やっぱりチョコを買い込んで帰宅したDeannaなのでした。だって、チョコレートの川、溺れてみたくないですか?

【気になったこと】
吹替え版のナレーション,誰がやってるのかな?森本レオだったら笑うなぁ。
  「彼は世界一の幸運を手に入れることになるのだが,そのことをまだ彼は知らない」 
 ほら,想像してみて。レオっぽいでしょ?????
 
Dear Mr.Wonka & Charlie
 Deannaはミルク・チョコも好きですがビターチョコがもっと好きです。是非Willy Wonkaブランドでビターチョコを発売して下さい。
Best Wishes,

Deanna
posted by Deanna at 23:42| Comment(52) | TrackBack(170) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

Madagascar(2005,U.S.)

微妙に迷いながら,まぁいっか〜程度の感覚で劇場に行って観てきました。
 Madagascar
 期待しなかったのがよかったんですかね,楽しかったですよ。
 主役クラスのライオン・シマウマ・キリン・カバの連携プレイもいいのですが,いい味出してるのが ペンギンちゃん実はこの映画はペンギンのしたたかさを描いているのではないかと思うくらい,ペンギン強し!ペンギンが“航海日誌”をつけているシーンは,一人でStar TrekのCaptain's logを思い出してうけていた(バカだ)。
 私はずっとシマウマの声がベン・スティラーだと思っていたが,ライオンがベン・スティラーだった。ごめん,ベン。あなたの顔から想像すると,シマウマがピッタリなんだもんダッシュ(走り出すさま) ライオンの鬣が,野生化するにつれて(というか手入れができないがために)クシャクシャになっていく様は,さすがDream Worksだなぁ,細かいなぁと感心してしまった。
ちゅーか、キツネザルのロボットダンスは『ロボッツ』を意識してるんかいっ!?

 ストーリーはなんてことない(サラサラしたカレーって感じで後に何も残らない)んだけど,キャラが超魅力的揺れるハートな1本でした。

動物好きな方,動物園に行ってみようかなと思われる方はどうぞこちらへ →人気blogランキング
posted by Deanna at 23:36| Comment(19) | TrackBack(58) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

Bridget Jones: The Edge of Reason(2005,U.S.)

 3月の終わり頃に映画館で観たけど、DVD発売されたのでまた観てみました。
Bridget Jones: The Edge of Reason(邦題;ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヵ月)

 映画館で観た時は私の精神状態もあまりよろしくなかったので、「ふ〜ん」と冷たくあしらってみたりもしたが、こうやって精神状態がある程度回復した今観ると、なかなか面白いではないか。
 Hugh Grantは相変わらずのプレイボーイっぷりを発揮している。なんでかなぁ、私、Hugh Grantの英国英語だけがいつも聞き取れないのよもうやだ〜(悲しい顔) くやしいわ。
 まぁ、それはおいといて。HughとColinはまーた殴り合いをしちゃってるし。殴り合う程 仲がいいと言いますか…(笑)。
 ブリジットはどこにいても逞しく生きていけるのね〜と改めて思いましたわ。お仕事中に上司に「夕食一緒にどう?」と誘われて、「彼と約束があるの。人権問題の弁護士よ」って断り、仕事に遅刻しといて「彼と一緒にいたから。人権問題の弁護士よ」と言う。誰もあなたの彼氏の話は聞いてません!と思うが、上司の誘いを断る理由や遅刻の理由をここまではっきり言えるブリジット、どう考えても頭のネジがゆるんでしまったとしか思えない。それがまたかわいいんだけどね。この映画、ラブコメだしね。深く考えずにさら〜っと観ればいいのよ。

あー。明日から8月だ〜。キャンプが迫ってくるぅぅぅぅがく〜(落胆した顔) 根っからのアウトドアのインドア派(家からは出るけど、映画館=インドアにこもる性質を持っている)のDeannaは2泊3日ものアウトドアライフには耐えられませんたらーっ(汗)

 アウトドアのインドア派の方、どうぞクリックしてください →人気blogランキング
posted by Deanna at 13:05| Comment(0) | TrackBack(3) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

Robots(2005,U.S.)

 Ewan McGregorの‘声’に逢いたくて(正確には ‘声を聴きたくて’ですね)、レイトショーで観てきました。
 Robots

 映画の感想を述べる前に、一言 言わせていただきたい。
 私の隣の隣の席に座っていた米国人!!! 映画上映中に喋るな! いちいち笑うな! うるさいっむかっ(怒り) 一緒に来ていた日本人女性!! あなたのお友達は明らかに周囲から大ひんしゅくを買っていらっしゃいましたよ。そういう時は「映画が終わってから お話 しましょうね」って言っていただけないかしら?そんな英語も喋れないのなら、映画館でデートなんかするな!お二人とも‘Voice travels far.’って御存じじゃないみたいでした。
あ〜すっきりした〜いい気分(温泉) いや、映画本編前に『アイス・エイジ2』の予告編があってね、『アイス・エイジ』を観たことがある人なら「あれ?これってアイス・エイジよね?」って気付くのよ。その米国人、いちいち「これってアイス・エイジだよね」って言ってるし(しかも大声で)、何がおかしいか知らないけど予告編を観て一人で笑い続けてるのよ。明らかに浮いている。そして‘I like American animation!’ときたもんだ〜!!!うるさいつ とにかくうるさい!!! あなたの趣味をいちいち周囲に知らせなくていいですからっ雷
 
 私 あまりにイライラして最初の5分は映画に集中できなかったわ。
 突然 映画の感想に入りますが、5分後からは映画に集中できました。時々 例の米国人が妙な笑い声をあげたり喋ったりするので コラッ いい加減にしてくれ!むかっ(怒り)と思いましたが、すべてEwan McGregor様の声が私のイライラを取り除いてくださいましたわ揺れるハート さすがだわ、Ewan。
 ストーリー自体はたいしたひねりもなくて、わりと単調なイメージでした。American animationにありがちな『他の映画のパクリ』が多用されていました。さすがにSWネタをやられた時には オビ=ワン・ケノービを演じているEwanが脳裏に蘇ってきて妙な笑いのツボにはめられてしまいましたが…あせあせ(飛び散る汗)あとは‘Singing in the Rain(雨に歌えば)’をパクッて‘Singing in the Oil’って歌ってたり。そうね〜ロボットは油を注さないといけないもんね〜と妙に納得しながら聴いてしまったわ。
 元ネタがわかってれば面白いのよね。こういうのって。
シャーク・テイルを観た時も思ったけど、American animationは『他の映画のパクリ』が面白かった…くらいの印象しか残らなくて、だから観終わった時っていつも‘So what?’って思ってしまう。
 やっぱり お喋り米国人に邪魔されたせいかな、気分が悪かったから評価も良くない感じになってるね、記事を読む限り。子ども向けの映画としては、素直に かわいらしくてシンプルなストーリーでメッセージ性もあって いい映画だと思います。
 Ewan McGregorの声の吹替が草なぎ剛っての、イマイチ納得できません。まぁ、夏休み 子ども向け映画ですからね。そういう『豪華吹替陣!』でお客さんを呼ぶしかないのでしょうけど〜。

 そんなこんなでこの夏のEwan祭りるんるんを制覇してしまったDeanna。次は何を制覇するか熟考したいと思います。しばらくは映画をお休みして読書に専念しようかと…。そしてキャンプに備えなければ。宿直明けで1日中 会議をした後に 夏祭りで演奏するジェンベ(アフリカの打楽器)の練習をして、帰宅早々 妹に誘われてサウナに行って…。今日も充実した1日でした(笑)。

 本日は予定を変更してRobotsをお送りしました。明日こそBridget Jones; The Edge of Reasonをお送りしますね。
 ‘I like Japanese animation!!’と強く思われる方、どうぞクリックして下さいませ →人気blogランキング
posted by Deanna at 23:45| Comment(25) | TrackBack(50) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

Bridget Jones's Diary(2001,U.S.&U.K.)

 久しぶりに観てみました。
Bridget Jones's Diary(邦題;ブリジット・ジョーンズの日記)
 あらすじ;ブリジット・ジョーンズ(Renee Zellweger)、出版社勤務のOL、32歳。独身。彼女は新年にあたってひとつの決意をする。「日記をつけ、タバコとお酒を控えめ にし、体重を減らして、恋人を見つける!」そして、「ハンサムな上司ダニエル(Hugh Grant)には気をつける」――はたして彼女の誓いは無事達成されるのか?


 私はこの作品が大好きだ〜exclamation×2ラブコメだと思って観れば、すべてがかわいらしく見えるから不思議よね。Bridget役のRenee Zellwegerもかわいいけど、プレイボーイっぽい役をやらせたら天下逸品Hugh Grantの 2枚目なんだけど実はどーしよーもない上司っぷりが私は好きだ。Hugh Grantってば、Oxford University卒業してるんですよ。ひょえ〜 頭もいいんだね〜。なんであんなにプレイボーイっぽい役が似合うかなぁ。ラブコメの女王がメグ・ライアンなら、彼はラブコメ・キングといったところか!?
 一番好きなシーン映画は、ダニエルとブリジット2人で旅行に行くシーン。ダニエルがブリジットを迎えに来るんだけど、その時にダニエルが車のアクセルふかしながら「ブォ〜ン ブォ〜ン」って音に合わせて変な顔するの〜目あの変な顔にハマってしまって、同じシーンを何度観たことやら…あせあせ(飛び散る汗)
 結局 最後は幼馴染みの弁護士マーク・ダーシー(Colin Firth)とくっつくんだけどね。Colin Firthもいい役者さんだねぇ。Hugh Grantとの殴り合いのシーンなんか、笑っちゃう。真面目で堅物っぽいけど熱くなったら止まりません!そんなマークに萌え揺れるハート

 余談ですが、Bridgetの友人Jude役(黒髪の、ちょっと声が高めの彼女)の役者さん、どこかで観たことあると思いません?彼女はスコットランド出身のShirley Hendersonという方ですが、なんとまぁ、Harry Potter and the Chamber of Secretsにも出演なさってます。何の役かって、『秘密の部屋』ではけっこう重要な役(だと思う)のMoaning Myrtle(嘆きのマートル)役なんです。どうでもいいけど、Bridgetの友人役をするってことはそれなりの年齢ってことじゃん?…と思って調べてみたらShirley Hendersonさん、1965年12月24日生まれでした〜ー(長音記号1) そんな彼女に嘆きのマートル役って…ホグワーツの制服着せるなんて… 犯罪のニオイがプンプンしますどんっ(衝撃) いや、冗談ですけど。

 明日はBridget Jones : The Edge of Reasonをお届けします。
 楽しみだな〜と思われる方はポチっと押してやって下さい。 →人気blogランキング
posted by Deanna at 03:24| Comment(0) | TrackBack(2) | My Favourite Movies(A〜G) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする