2005年11月06日

How to make delicous Milk Tea

ラクサナお母さまへの亜空間通信も兼ねて、DeannaがオススメするおいしいMilk Teaのいれ方講座

〜Milk Tea 1人分〜
<準備>
ティーカップを温めておく。

<手順>
1.手鍋に新鮮な水を約100cc入れ、強火で沸騰させる。
2.沸騰したら火は止めずに茶葉を約4g入れる。
3.そのまま約1〜2分間 煮立たせる。紅茶の濃さが均一になるように手鍋を軽く揺する。
4.ミルクを約100cc入れる。手鍋を揺すって 混ぜる。
5.再び沸騰しはじめたら火を止める。
6.茶こしを使ってティーカップにそそぐ。


<茶葉について>
私はセイロン ディンブラのBOPF(Broken Orange Pekoe Fannings)をよく使用します。
とにかく、茶葉が細かくて黒っぽいのがいいみたいです。間違ってもダージリンでミルクティーをいれないようにしましょう。

<私のこだわり>
私は、上記のいれ方に少し手を加えて、途中でハチミツを入れるようにしています。砂糖の甘さとは違う甘さが癒してくれます。夏場は、濃いめにいれて 氷を入れたグラスに注ぎ入れ、アイスミルクティー(キャンブリックティーと言うこともあるみたいです)として楽しみます。
時間があればスコーンを焼いて、クロテッドクリームと洋梨のジャム(高畑ファームランドのもの)をつけて、紅茶と共に楽しみます。洋梨のジャムでなくてもいいんですけどね。

<その他のこだわり>
英国にいる友人から茶葉を送ってもらってます。茶葉といっても安物のTea Bagですが、とても良い味が出ます。日本で売ってあるTea Bagなんか二度と買えませんって感じです。
会議の時は、そのTea Bagでジャバジャバと紅茶をいれて、ガブガブ飲んでます。
あとは、やっぱり‘Tea, earl grey, hot.’でしょうか。ストレートティーのいれ方は別の機会に。

<これからの季節は>
寒くなってきたら、ロシアンティーを飲みたくなってきます。ロシアではサモワールと呼ばれる金属の湯沸かし器で紅茶をいれるようですが、そんなもん日本の家庭にあるかっていうとそうではありません。
いつぞや地元の紅茶専門店でロシアンティーを家庭でいれる手軽な方法を聞きました。ロシアンティーを飲みながらね。そしたら、ストレートで紅茶をいれて、それにブランデーとジャムを入れるだけでいいって。「ブランデー、どのくらいですか?カップに半分?」ってバカなことを聞いたら「ほんの数滴でいいですよ〜」って優しく教えて下さいました。
ジャムに関してですが、薔薇のジャムをいれることを 私は薦めます。
ロシアンティーは身体が温まっていいですよ〜かわいい

それでは、皆さんも紅茶と映画を楽しんで下さいませるんるん
よろしければこちらをクリックしてくださいねいい気分(温泉)人気blogランキング
posted by Deanna at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | My Favourite Sweets & Foods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Deannaちゃん有難うございます!
亜空間通信、ビンビン届きました。☆彡
やはりフードレプリケーターのティーは味気ないもの・・・・
早速教えて頂いた手順どおり美味しいミルクティーを淹れて、頂くことにします♪これからの季節、温まりそう。^^
母は甘いのが少し苦手だけどハチミツ入りってのは良さそうですね〜。
ついでにその中に、ラム酒かブランディーをドボドボ入れちゃってはダメかしら?(爆)
あ、ロシアンティーにすれば良いのよね。^^b
Posted by ラクサナ at 2005年11月07日 22:24
>ラクサナお母様
亜空間通信,無事に届いたみたいでよかったわ〜。
お母様はもしかしてお酒好き? 紅茶に入れるブランデーはほんの数滴でいいのよ!! 気をつけてね!!!
Posted by Deanna(管理人) at 2005年11月07日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。