2005年11月02日

24 ―1st season―

24 TWENTY FOUR

 遅ればせながら,やっと1st seasonを観終わりました。3日間で観てしまうという気合の入れようで…たらーっ(汗) え?あんまり気合入ってない…?ふらふら
 今までどこのレンタルショップに行っても1st seasonのVol.1がなくて「だったら観れないし〜」とスネスネモードだったのですが,ようやく発見した(ある意味執念で探し当てたようなもんだな)ので土曜日の夜〜日・月の休みを利用して観まくりました。こういうのは,先が気になって仕方ないので一気に観てしまうに限るね(そのわりには途中で映画を観に行ったりしちゃいましたが)。
 それぞれのエピソードに盛り上がりが必ずあって,無理のないどんでん返しもあって,楽しめました(NHKの朝の連ドラは展開に多少無理があるように感じるのは私だけか?)。同時進行のコマ割り画面もかっちょいいね。
 1st seasonの核は『家族の絆』かな?絆を築きなおそうと努力するジャックと、絆があるように見えてじつはもろい絆だったと気付いたパーマー上院議員と。その対比もなかなか面白いですねー。
まぁStar TrekBabylon5のような深い哲学的要素があるわけでもないので、1回観ればそれでいいか〜という気分になってしまうところがちょいと残念。
 でねー,でねー, どうしても気に入らないところがあるのよexclamation×2 ジャック(Kiefer Sutherland)はかっこいいと思うのよ。でも気に入らないのよむかっ(怒り) だってさ,いくら自分の嫁さんと娘が拉致されたからってさ,保護された後の嫁さんの世話を自分の元愛人に頼むか?愛人側もイヤだろうし,嫁さんもイヤーな気分だと思うよ〜。
以上,1st seasonの感想でした。
余談ですが、私Kiefer Sutherlandはずっと米国産の俳優だと思ってました。でもBritishだったのね…。

 ってことで,今週末あたりは2nd seasonに突入しますぴかぴか(新しい) それまでは仕事頑張るねー。
こちらもよろしく〜次項有 人気blogランキング


posted by Deanna at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キーファー=サザーランド
ポール=マッカートニーに似てるでしょ?
だから英国生まれ。

完璧な3段論法…違うか。
Posted by NODA at 2005年11月05日 00:58
>NODAさん
Kieferは、どっちかというとEwan McGregorに似ているような気がします。
だから、英国生まれ。

三段論法返し!!

ポールの顔がちゃんと思い出せないDeannaの苦肉の策です。すみません。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年11月05日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。