2005年09月07日

The Phantom of the Opera (2004,U.S.& U.K.)

 劇場でも観たけれど、DVDを購入して何度も観てしまったのでレビューを書く気になりました。
 The Phantom of the Opera
 世界でもこれほど有名なミュージカルはないだろうというくらい有名なミュージカルなわけですが、私は舞台版オペラ座の怪人を観たことがありません。一度でいいから観てみたい。そんなミュージカルを映画で観ることができる日が来るなんて思ってなかったので、ドキドキワクワクしながら劇場で観ました。
 初見の感想 → これって、根暗なストーカー男の物語?
 おそらく、劇場に行く前に観た『タイムライン』の私の中での評価がとことん悪く、その映画に出ていたジェラルド・バトラー氏(ファントム役)に感情移入できなかったのが原因だと思うんだけど…。
 DVDでの初見の感想 → クリスティーヌ、君はどっちが好きなんだ?二股かけてんのかい?あっち行ったり こっち行ったり…。はっきりせんかいっ(怒)!
 高校生の女の子は「ファントムの味方です!」って豪語してたけど、中学生は「ん〜。ラウルの方が良くない?」って言ってたし。とりあえず、クリスティーヌの評判はすこぶる悪い(男を弄ぶ女・優柔不断女に見えたらしい)。人それぞれ感想があって面白い。
 で、何度も観ているうちに、ファントムの過去から推察するに彼は「根暗」でも「ストーカー」でもなく、人間不信で孤独で、唯一愛する女性のためによかれと思ってやったことが思わぬ方向に進んでいっちゃって…。哀しい人だな、って思うようになりました。人を知るにはその生育歴を洗うべきです。これ基本。歌の中でファントムさんが言ってますよね、「この醜い顔のせいで親からも愛されなかった」と。愛を知らず、サーカスで見せ物にされ、地下で暮らし…。そりゃ、キャラクターも歪みますわ。彼の思うところの「愛」はキリスト教で言うアガペー(人類愛とでも訳せばいいのかしら?)とはかけ離れてます。見返りを求めてるしね。歪んだものしか知らないとそうなっちゃうのね。結局 クリスティーヌも去っていくし。でも彼女はわかってたよね、「あなたの顔が醜いのではなく魂が歪んでいるのだ」って。その言葉があったからファントムさんは何かに気付いて幕を引く決意が付いたんじゃないかなって思うの。
 有名なミュージカルなので、有名なナンバーも多いわけですが、始まって30分程のところで流れてくる‘The Phantom of the Opera’にはゾクゾクしますわ。クリスティーヌがファントムの手を取った、その瞬間に始まるあのパイプオルガンの荘厳な響きと言ったら!!映画版ではちょっとロック調の味付けが施されてますよね。私はあまり好きではないですけどね。ただ、ファントムさんが少しロック調に歌っていらっしゃるので味付けとしては間違いではないんです、多分。ファントムさん、頑張って吹替えなしに歌ってらっしゃるのはわかるけれど、なんかこうちょっと耳障りな部分があるのよね。そこはちょっと残念です。
 最後の方のファントム、クリスティーヌ、ラウルの三重奏は日本語字幕も追いつけない勢いで(つーか、追いついてないし)、「うぉぉぉぉ!盛り上がってるぞぉ」とさらにワクワク。私はあのエンディングはとても好きです。モノクロの中で薔薇の花だけが深紅に色付いているあのシーン。あれを観て「誕生日には薔薇の花が欲しい。一輪だけでいいから」と当時付き合ってた人に言いましたが、誕生日プレゼントをもらうこともなく別れました。そんなどーでもいいことをいきなり思い出しました。なんでかな…。
 余談。ミュージカルの中の『ドン・ファン』で‘Passion play’という単語が出てきますが、「受難劇」と訳すべきところを「情熱の劇」とトダナさんが誤訳していたのは有名な話。
posted by Deanna at 23:19| Comment(14) | TrackBack(17) | My Favourite Movies(O〜Z) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪ TB&コメントありがとうございます(^^)
たしかに ネクラなストーカーやと思いました(笑) フィギュアとか作ってるし。
トダナさんの誤訳はDVDでも直ってなかったような・・・。
Posted by みはいる・B at 2005年09月08日 00:29
Deannaさん初めまして(^-^)
オペラ座の怪人はいつも貸出し中でなかなか
レンタルできないんですが、近いうちに何としてでも見たいと思ってます!!DVD買っちゃうかもしれません。
無事に見た後はコメント、トラックバックさせていただきますね♪

Deannaさんのブログ、リンクさせて頂きたいんですが、構いませんか??よろしくお願いします。


Posted by kana at 2005年09月08日 11:32
>みはいる・Bさん
TB&コメントありがとうございます。
もう,トダナさんの字幕は邪魔なので英語字幕で頑張ることにしました(笑)。
それにしてもファントムさんは手先が器用ですよね,ちっちゃなフィギュアを何体も…。

>kanaさん
レンタル中ですか…。そういう時はですね,レンタル屋に張り込むんですよ。1時間張り込んで,運がよければ1本くらい戻ってきますよ。

リンク大歓迎ですよ。こちらからもリンク張らせてくださいね☆
Posted by Deanna(管理人) at 2005年09月08日 22:40
そうなんですよね(笑)昔レンタル屋で4年間
バイトしてたので分かります。
大作が入荷した日から1週間ぐらいは返却を
待ちかまえてるお客さんが結構いて
ビデオが返ってくるたびにサーッと来て
『それ○○ですか!?』みたいな。
私も早く借りられるように張り込み頑張ります!

早速リンクさせていただきます〜♪
相互リンクスゴいうれしいです。ありがとうございます!
Posted by kana at 2005年09月08日 23:56
>kanaさん
いえいえ。こちらこそ、リンク張らせていただけて光栄です。今後もよろしくです☆
Posted by Deanna(管理人) at 2005年09月09日 19:34
はじめまして!
TBありがとうございます!!
私は、ミュージカルの方を先に何回か観ていたので平面的な映画に違和感があったのですが、この映画を観て「オペラ座の怪人」ファンになった方にミュージカルを進めたら「映画のほうが良かった」と言われてしまいましたぁ。。。
ミュージカル版だと、ファントムがこんな男前じゃないしねぇ。。。
なにはともあれ、これからもよろしくお願いいたします!
Posted by 163 at 2005年09月09日 23:53
>163さん
TB&コメントありがとうございます。
私の同僚のオペラ座フリーク野郎は,「舞台よりも映画の方が原作に忠実だったけど,よけいなシーンが多い!」と言っていました。
機会があればミュージカルも観たいんですけどね〜。

こちらこそ,今後もよろしくです☆
Posted by Deanna(管理人) at 2005年09月10日 00:11
TB有難うございました♪
クリスティーヌ、君はどっちが好きなんだ?←これ私も思いました。^^:
態度が中途半端に感じて好きじゃなかったです(笑)
Posted by ルーピーQ at 2005年09月11日 01:15
>ルーピーQさん
クリスティーヌ,どっちにも惹かれてしまうのもわからないわけでもないんですけどね(だって原作では16歳っていう設定だし)。あっち行ったりこっち行ったり,私も節操のない人だなぁと思ってしまいました。
Posted by Deanna at 2005年09月12日 00:14
こんにちは。TBありがとうございました。こちらからも頂きました。
私もあのエンディング大好きです。浪漫っていうか
女子には(特に私はロマンティスト)夢というか、あぁいうの憧れますよね。
私も舞台版を見たことがない一人です。これを期に興味が湧きました。またお邪魔しますね!
Posted by masu at 2005年09月12日 15:26
>masuさん
TB&コメントありがとうございます。
エンディング,いいですよね。そっと置いてある薔薇が物哀しくて…。
私も舞台版を観てみたいです。できれば本場NYで。

私の方からも,またお邪魔させていただきます♪今後もよろしくです。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年09月12日 23:05
TBありがとうございます。
いや、本当にダンスシーンやミュージカルシーンは凄い迫力がありましたよね。

最近の流行のCGや特撮を使わずに(笑)、本物のシャンデリアを落下させた、とか言う話を聞きましたが、それもある意味凄いような…(日本だったら間違いなくCGや特撮で済ませるはず)。

そういえばAmazon見てたら1925年のサイレント映画のDVDも出ているようですね。
機会があったらどれだけ違ってるか(笑)見てみたいですね。
Posted by ともゆき at 2005年09月20日 21:38
>ともゆきさん
映画化ならではの豪華絢爛さだったように思います(って舞台版 観たことないんですけど)。

そんな昔のDVDも発売されてるんですね〜。機会があれば観てみたいです。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年09月21日 11:29
Deannaさんこんばんは♪
コメント&TBありがとうございました。

ラストのバラのシーンは本当に素敵でした〜
ちゃんと指輪もついてましたね。
私は絶対ファントム派です!
Posted by kana at 2005年10月11日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

台風が来てるので・・・オペラ座の怪人 鑑賞♪
Excerpt: あれがおわったら観るつもりで買ってた 『オペラ座の怪人』DVDを鑑賞♪
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2005-09-08 00:25

オペラ座の怪人
Excerpt: 「オペラ座の怪人」★★★★(中劇2) 2004年アメリカ 監
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-09-09 21:59

『オペラ座の怪人』
Excerpt: ■監督 ジョエル・シュマッカー ■製作・作曲 アンドリュー・ロイド・ウェバー ■キャスト ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン  それは、哀しくも美しい愛の物語 19世紀..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-09-09 23:44

映画館「オペラ座の怪人」
Excerpt: 「オペラ座の怪人」のミュージカルを2回見ていたのでストーリーは全部わかっていました。ミュージカルを忠実に再現されていたので次に何が起こるのか全部分かった状態で観ていました。最初の方は「やっぱり映画じゃ..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-09-09 23:50

★「オペラ座の怪人」
Excerpt: 「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割く..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-09-10 01:58

オペラ座の怪人
Excerpt: 公開:2005年1月29日 監督:ジョエル・シュマッカー 製作/作曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン ミュージカルを映..
Weblog: 外部デバイスへの記録
Tracked: 2005-09-10 03:26

オペラ座の怪人
Excerpt: 音の洪水と,ゴージャスな美術にうっとり!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-09-10 10:44

■オペラ座の怪人
Excerpt:    1870年代パリ。オペラ座ではファントムによる奇怪な事件が多発していた。公演間近のリハーサル最中に事件が起き、プリマドンナが役を降りてしまう。公演が危ぶまれる中、バレエダンサーのクリスティーヌ..
Weblog: ルーピーQの活動日記
Tracked: 2005-09-11 01:09

映画「オペラ座の怪人」
Excerpt: ■邦題:オペラ座の怪人■原題:THE PHANTOM OF THE OPERA■上映時間:140分■ジャンル:ミュージカル・ロマンス・サスペンス■製作国:アメリカ・イギリス■配給:ギャガ=ヒューマック..
Weblog: しょうちゃんの映画観賞日記
Tracked: 2005-09-11 02:18

オペラ座の怪人
Excerpt: じつは「オペラ座の怪人」は、僕が一番回数を観ているミュージカルなのです。前半を観て、あの華麗な舞台をよくもこんな薄っぺらな映画にしてくれましたね、と恨みの一言も書こうと思っていたのですけれど、正直に言..
Weblog: (ほとんど)シネマ日記
Tracked: 2005-09-11 14:55

オペラ座の怪人 THE PHANTOM OF THE OPERA
Excerpt: ジェラルド バトラー、エミー ロッサム共演(2004年) The Phantom Of The Opera is here?? やっと借りました。見て後悔しました。何故映画館に足を運ばなか..
Weblog: 自然に生きる 映画に生きる
Tracked: 2005-09-12 15:09

『オペラ座の怪人』、観ました。
Excerpt: さて映画は、「見せる」というよりは「魅せる」映画、、「聞かせる」というよりは「聴かせる」映画、、、超一級のエンターテイメントとして観た方が良さそうだ。絢爛たる衣装の数々と、目にも眩(まばゆ)いミュージ..
Weblog: 肯定的映画評論室Blog支店
Tracked: 2005-09-13 01:25

「オペラ座の怪人」DVD
Excerpt: 今日は職場が休みなことと、「これから観たいDVDも一杯あるから片付けていかないと…」と思いましたので以前Amazonで購入した「オペラ座の怪人」を見ました。
Weblog: 管理人のHITORIGOTO
Tracked: 2005-09-20 20:57

オペラ座の怪人
Excerpt: オフィシャルサイト → オペラ座の怪人19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」から..
Weblog: 日々映画三昧
Tracked: 2005-10-20 21:29

【外国映画】オペラ座の怪人 ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン主演
Excerpt: パリ、1870年代、オペラ座では“ファントム”(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の事
Weblog: あるある人気アイテム紹介隊
Tracked: 2005-12-14 21:30

『オペラ座の怪人』’04・米・英
Excerpt: あらすじ1919年、パリ・オペラ座の舞台上。その所有物がオークションにかけられている。車椅子の老人はその中の一つ、オルゴールを落札する。そして、シャンデリアを覆っていたベールが取り払われた時パイプオル..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-03-23 23:56

「オペラ座の怪人」
Excerpt: 世界中で公開されたミュージカルを映画化した「オペラ座の怪人」(2004年、米・英、ジョエル・シューマカー監督、ワーナー映画配給)。この映画は映像として、まるでルキノ・ヴィスコンティ監督の「ルートヴィヒ..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2006-04-10 23:24