2005年08月25日

Lost In Translation(2003,U.S.& JP)

 なんつーか,これ,若い私にはまだ早い?って感じだけどとりあえず頑張ってレビュー書いてみる。
 Lost In Translation
あらすじ;サントリーウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ(ビル・マーレイ)。彼は異国にいる不安や戸惑いも感じ始めている。一方、同じホテル(PARK HYATT TOKYO)にはフォトグラファーの夫ジョン(ジョヴァンニ・リビシ)の仕事に同行してきた若妻シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)が滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせるうちに,2人はやがて言葉を交わすようになり…。

 これね,舞台が日本じゃなかったらもうちょっと冷静にレビュー書けるはずなんですよ。ってことで,ちょっと想像してみた。もし私が新婚で,言葉が全くわからない国(少なくとも英語圏の国ではないことは確かだ)に行って旦那さんに放置プレイされてたら…。そりゃ孤独ですね。「あたしはあなたの何なのよぉ!」と思うでしょう(わりと冒頭からシャーロットは孤独感をにじませてたね)。まぁ,一人で東京に行ったらそれだけで日本人の私でも孤独だけどね。なんかみんなセカセカ歩いてるしさ。何かあっても誰も助けてくれなさそうな雰囲気だし(田舎者から見た東京のイメージ)。言葉が通じない国で,誰も助けてくれないという孤独感に関して言えば,トム・ハンクスの‘Terminal’の冒頭の方が上手く孤独感を表現していると思います。
 話が逸れましたが。そんな中で同じような境遇の人に出会ったら…。人間,似た物同士 惹かれるようにできてるんですよ(多分)。だからね,ボブとシャーロットがなんとな〜く心を通わせあうのは共感できます。んー。ちょっと違うかもしれないけど,精神的浮気?いや,やっぱりかなり違うなぁ。浮気じゃないもん,本気だもん(益々 意味不明)。ですから,始めに申し上げたとおり,私がレビューを書くには精神年齢が足りないのであります。

 それにしても,難解で単調すぎるストーリーでした。だからちょっと突っ込み入れとく。
1.ハリウッド・スターなのに,あんな扱いでいいのか? いくら映画のプレミアではなくCM撮影のために来日したとはいえ,有名人なのだから,もう少しちゃんとした通訳さんを付けてあげてください。そして本人も夜の東京に繰り出して遊んでるし。ハリウッド・スターが東京をウロウロしているのに誰一人として声をかけない。あなた,ぺ(…この人ハリウッド・スターじゃないけどちょっと最近騒がしいので同じカテゴリーに入れてしまいました)とかジョニデとかトムとかが来日中に夜遊びしてたら,見た人みんなパニック起こすと思いません?本当にボブはハリウッド・スターなのかという疑問がわいてくる。
2.CM撮影の監督&通訳さん,「もっとテンションあげて!」の‘テンション’は和製英語なのでそのまま訳すのはやめましょう。…多分,英語ではLet's raise your spirits!だと思います。
3.なんでそこでいきなり京都に行くよ!? 新幹線新幹線を映画の中に入れたかっただけなのか?東京⇔京都って,異邦人にとっては何でもない距離なのか?
4.マシュー南がそのままマシュー南として出演していた。何のひねりもなくて申し訳ないが,フツーに「あ。マシューだ」と思った。やはりあれも「変な日本人」「変な日本の番組」と思われているに違いない…たらーっ(汗)
5.スシ屋に行くって言ってなかった?なんでしゃぶしゃぶ食べてるの?おまけに「自分で料理しなきゃいけないなんて,最悪のランチだったね」って…バッド(下向き矢印)。あぁ,メニュー見て「(肉の)違いがわからない」ってのはなんとなく共感できましたけど。
6.ケリーが宣伝してる映画って,この映画の中ではタイトル違うけどどう考えても‘Matrix’のことよね?キアヌがどうとか,輪廻転生がどうとか言ってたけど…。キアヌと言えば‘Sweet November’を観ました。まぁ,これも気が向いたらレビューUpします。‘Matrix’についてもいろいろと言いたいことはあるけれど…。

 この映画,日本語の台詞のところは英語字幕なしで上映されたそうで,日本語がわからない人は「何 言ってんの?」とはてなマークいっぱいで見たんだろうね。だから,言葉が通じない国での孤独感をよけい身近に感じることができたんだろうけど,日本人は自然と日本語がわかってしまうので,残念ながらその点では映画の魅力が半減してしまうと言わざるを得ません。
 レビュー,こんなもんでいいですか?(誰に許可を求めているのでしょうか?)

Have a nice day!ぴかぴか(新しい)人気blogランキング
posted by Deanna at 06:13| Comment(12) | TrackBack(16) | Movies I've Ever Seen(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックを失礼致します。

賛否両論の『ロスト・イン・トランスレーション(LOST IN TRANSLATION)』ですが、僕は映画の世界の中に入り込めて、楽しく鑑賞する事ができました。
だいたいのストーリーは事前に分かっていたので、「この題材を2時間弱まで引き伸ばすのか?!」と思いながら観はじめましたが、ビル・マーレイさんが演じる落ち目のハリウッド・スター ボブさんとシャーロットスカーレット・ヨハンソン演じるシャーロットさんの淡い恋心の描き方がとても良い雰囲気で映画に撮り込まれていたと僕は思います。

また遊びに来させて頂きます。
今後共、よろしくお願い致します。
ではまた。
Posted by たろ at 2005年08月25日 10:42
はじめまして。トラックバックありがとうございました。
ハリウッドスターなのにあんな扱いでいいのか、というところに笑ってしまいました。でも、ビル・マーレーですからね。ホテルのバーで見かけてもサインくださいって、言わないと思いますです、自分は。
Posted by at 2005年08月25日 11:35
古い感想ですが、TBさせていただきました。
確かに、おちぶれてるといえども、ハリウッドスターらしからぬ扱いであることは、否めませんよね。
Posted by 京の都のヴェイダー卿 at 2005年08月25日 13:32
>たろさん
TB&コメントありがとうございます♪
『淡い恋心』には共感できる部分もありました。でも、そこまで引き込まれなかったです…。ん〜、あとは感性の問題だからねー。

>鷲さん
私はビル・マーレーがどういった人物なのかよく分からないのですが、映画を見る限りスターのオーラはあまり感じれなかったです。「落ち目のハリウッド・スター」役ですから、オーラ出し過ぎてもいけないんですけど。

>京の都のヴェイダー卿さん
お久しぶりです、ヴェイダー卿。
古い記事でもTB大歓迎です。TBありがとうございます!
私の想像では、ハリウッドスターは来日したらプレミアとか取材とかで休むヒマもありません、って感じなんですけど。実際はあんなに好き勝手やってていいもんなんでしょうか?
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月25日 17:32
ヨハンソンのピンクのウィッグに驚きました!
二人で盛り上がった後の孤独な表情など
可愛い!
音楽が気に入り、サントラ購入しました。
Posted by パフィン at 2005年08月25日 18:22
TBありがとうございます!

自分も役者の設定とかが最後まで引っかかって、一歩引いてみてしまいました。ちょっとツッコミどころが多いいから、変な感じですよね。

Posted by TEG at 2005年08月25日 19:12
TBありがとうございます。
え” ビル・マーレイを知らない。(鷲さんへのコメントをとっちゃいましたが)
私はこの映画にビル・マーレイが出てきたときに、まず、「ゴーストバスターズ」に出演したころと比べて、ずいぶん年取ったなって思いました。
とここまで書いて、Deannaさんの年齢を見たら、納得でした。
まあ、確かに21年前の映画ですから。

「ターミナル」はまだ観ていないので、今度観ます。
Posted by jamsession123go at 2005年08月25日 20:46
>パフィンさん
ピンクのウィッグ、‘CLOSER’のナタリー・ポートマンを思い出しました。
確かに、映像と音楽は悪くなかったですね。

>TEGさん
日本人から観たらよけいに突っ込みたくなるのかもですね、この映画は。

>jamsession123goさん
ゴーストバスターズって、TVでけっこうやってるあれですか?断片的に観たことはあるんですけど…。本当にビル・マーレーを知らないんです(汗)
ターミナルの映画評、楽しみにしてます。スピ作品なので…以下略…(笑)。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月25日 23:46
TBありがとうございました。

ソフィア・コッポラ監督作品ということで手にしたのですが、

スカーレットヨハンソンにこれから注目してみよう、と鞍替えしてしまいました。(笑)

これからもよい映画など、アップしていきたいですね♪是非お知らせ下さいね☆

では。
Posted by at 2005年08月26日 12:23
>鈴さん
コメントありがとうございます♪ スカーレット・ヨハンソンは小悪魔的な笑顔がいいですねぇ。『バーバー』『理由』など,彼女が出演している映画をいくつか見てしまった夏休みでした。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月26日 22:33
はじめまして^^
トラックバックありがとうございます。

確かに日本語が分かってしまい魅力半減ですねw

スカレット・ヨハンソンはいい女優だと思います^^
『ゴーストワールド』という映画に出ていました。
こちらもおもしろい映画でした(´∀`)b
Posted by Nchibi at 2005年08月28日 06:07
>Nchibiさん
コメントありがとうございます♪
スカーレット・ヨハンソンは本当にノーマークの女優さんだったので、これから彼女の出演作を観ていきたいと思っています。ただ、これからの季節ちょっといそがしくなるので、ヒマをみつけながらになると思います(泣)。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月28日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

異国での出来事〜映画「ロスト・イン・トランスレーション」
Excerpt: こんばんは。 晴れた月曜日です。 今日はビデオで観た映画について。 『ロスト・イン・トランスレーション(LOST IN TRANSLATION)』 (‘03年 アメリカ) ウィスキーのコマーシャ..
Weblog: ** Paradise Garage **
Tracked: 2005-08-25 10:44

よし、泣く。ソフィアに合い、不足無しよ
Excerpt: ソフィア・コッポラ監督の「ロスト・イン・トランスレーション」、劇場で予告編を見た時から絶対に見たいと思っていた作品。夜の歌舞伎町の猥雑な雰囲気の中に場違いなビル・マーレー・・で音楽がはっぴぃえんどの「..
Weblog: 回文日記・スキノシルシノキス
Tracked: 2005-08-25 11:38

ロスト・イン・トランスレーション  Lost in Translation
Excerpt: 「あら、日本ってヘンな国」 外国人が撮った日本に違和感を覚えることは良くあると思う。しかし、この映画は逆に日本人なのに自分が外国人であるかのように日本に違和感を抱かせるのだ。「あら、日本ってヘンな国..
Weblog: 映画館の暗闇に包まれて
Tracked: 2005-08-25 13:27

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: 写真のように淡々と流れていく映像が、異国の地での切なさを絶妙に引き立てている。ただ、変な日本人が出てきたり、元映画スターのはずのボブは、アメリカでサクッと出来るCMの仕事を家族から離れたい口実にわざわ..
Weblog: 雪崩式メモ
Tracked: 2005-08-25 19:04

映画のご紹介(17) ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 ロスト・イン・トランスレーション- 今さらながらロスト・イン・トランスレーションを観た。 今日、ロス..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2005-08-25 20:44

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: 主演スカーレット・ヨハンソン、ビル・マーレイ 監督・脚本ソフィア・コッポラ 製作2003年、アメリカ 日本の日々 東京を舞台に、初老のハリウッドスターと、写真家の夫に随伴して来日した若い人..
Weblog: a story
Tracked: 2005-08-26 01:31

ロスト・イン・トランスレーション その2
Excerpt: 別バージョンのチラシです。映画の冒頭場面をそのまま配置したもの。そして、真四角。この魅力的な お尻 は スカーレット・ヨハンソン の ものなのでしょうか?女流監督が撮った作品なので、女性がすごく美しく..
Weblog: M・Bのお気に入り映画あーと図鑑♪
Tracked: 2005-08-26 01:44

ロスト・イン・トランスレーション Lost in Translation
Excerpt: 2003年/アメリカ/102分/ビスタ/監督・脚本:ソフィア・コッポラ/出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン”幸せなはずなのに、ひとりぼっち トーキョーであなたに会えてよかった。”ウィスキー..
Weblog: M・Bのお気に入り映画あーと図鑑♪
Tracked: 2005-08-26 01:44

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: 監督・脚本:ソフィア・コッポラ 出演:ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン 他 ゴッドファーザーのフランシス・フォード・コッポラを父に持ち、ニコラスケイジの従姉妹にあ..
Weblog: 映画seeジャック犯 ☆鈴☆
Tracked: 2005-08-26 12:33

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: 「ロスト・イン・トランスレーション」★★★★ 2003年アメ
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2005-08-26 21:11

『ロスト・イン・トランスレーション』@パークハイアット東京
Excerpt: 『ロスト・イン・トランスレーション』@パークハイアット東京
Weblog: FRASオトナログ
Tracked: 2005-10-22 02:27

『ロスト・イン・トランスレーション』@パークハイアット東京
Excerpt: こんにちは、KANATAです。 観よう観ようと思いながら、なかなか機会がなかった ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』をDVDでやっと観ました。 ウイスキーのCM撮..
Weblog: FRASオトナログ
Tracked: 2005-10-22 21:11

『ロスト・イン・トランスレーション』ソフィア・コッポラ:「フシギの国ニッポン」映画 その??
Excerpt: 自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、..
Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
Tracked: 2005-11-23 19:04

『MON−ZEN(Erleuchtung Garantiert)』 ドーリス・デリエ:「フシギの国ニッポン」映画 その2
Excerpt: 『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分にドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議..
Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
Tracked: 2005-11-23 19:27

『ロストイントランスレーション』
Excerpt: ??◎作品目 『ロストインストレーション』☆☆☆☆ 内 容:A評価 娯楽性:A評価 視聴覚:S評価 ☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;*..
Weblog: 新かじゅきのページ
Tracked: 2005-12-22 16:01

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: 製作年度 2003年 製作国 アメリカ/日本 上映時間 102分 監督 ソフィア・コッポラ 製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ 、フレッド・ルース 脚本 ソフィア・コッ..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-05-23 04:35