2005年08月15日

CODE46(2003,U.K.)

なんとなく手に取った作品CODE46

 マイケル・ウィンターボトム監督(…って誰?)が、高度に管理の進んだ近未来の社会を舞台に、禁じられた愛を貫く男女の切ない運命を描くSFラブ・ストーリーらしい。…とりあえず観てみよう。

 環境破壊が進み地球全体が砂漠化した近未来。人々は徹底管理により安全が保たれている都市部に密集して暮らしていた(映画の中では‘中’と‘外’と表現されている)。都市間の移動は厳しく限定され、パペルという滞在許可証を発行された者のみに許されていた。シアトルに暮らす調査員ウィリアム(ティム・ロビンス)は、パペルの審査・発行を一手に引き受けるスフィンクス社からパペル偽造事件の捜査を依頼され、24時間の許可を得て上海に渡る。特殊能力を有する彼は、社員の一人 マリア(サマンサ・モートン)が犯人と見破る。しかし、2人の間にはもう特別な感情が芽生えていた。結局、会社へは虚偽の報告をして彼女をかばうウィリアム。そして2人はたちまち恋に落ちるのだった。しかしその愛が、同一の遺伝子を持つ者同士の生殖を禁じた“CODE46”に抵触しているとはこの時の2人は知る由もなかった…。

 この監督さん、これが初Sci-Fiだったみたいです。
 え?どこがSci-Fi?ってのが正直な感想なんですけど。
 わかったようでわからないウィリアム(ティム・ロビンス)の特殊能力(共鳴ウィルスとか言ってた)はSci-Fiチックなのかもしれない。しかーし、近未来と言いながら走っている車はTOYOTA。しかもデザインはちっとも近未来ではない(笑)。
 問題のCODE46っていうのは、「同じ遺伝子を持つ2人は性的な接触を持ってはいけません」という法規なんですが、なんで主役2人が同じ遺伝子を持っていたのか、私のpoorな脳みそではうまく理解&処理できない情報でした(←ここがストーリー一番のキーなんじゃないのかい?)。すみません。しかも、ウィリアムは妻子ある身で出張中にマリアと浮気。めちゃくちゃやん。
 浮気だろうがなんだろうが、CODE46に触れても2人は愛を貫きました、みたいな展開なんですけど、結局最後に辛い思いをするのは女性なんですよ。ん〜。観ててちょっと辛くなったバッド(下向き矢印) うん。辛い。 そして音楽がまた辛さを引き立たせる…。

 Sci-Fiとして観るよりは、浮気絡みのラブストーリーとして観ることをオススメしたい。

それでは、また次のDVDを観たいと思います。
あんた、1日で何本観る気?と突っ込みを入れたくなった方、どうぞこちらをクリック・クリック〜グッド(上向き矢印)人気blogランキング


posted by Deanna at 20:19| Comment(15) | TrackBack(14) | Movies I've Ever Seen(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
本当に切ない映画でしたね
Posted by wakana at 2005年08月15日 21:03
トラックバック有り難うございます。

なんの前情報もなく観た「CODE46」でしたが、ほんとうに最悪の映画でした。
「ショーシャンクの空に」でいい演技してたティム=ロビンスなのに、こんなしょぼい映画に出るなんてと、がっかり。
あ、火星に行く映画にも出ててがっかりした覚えが…
いい脚本に出会えることを祈りつつ、コメント終了します。
Posted by NODA at 2005年08月15日 23:14
>wakanaさん
Sci-Fiというよりラブストーリー。切なさしか残らない映画でした。
誰がこの映画をSci-Fiに分類したんでしょうか?

>NODAさん
コメントありがとうございます。
ティム・ロビンス、いい役者なだけにこの映画は残念な気がしてなりませんね。
Deanna的には彼が出ていた宇宙戦争もダメダメだったし…。ホント、彼が再度『ショーシャンクの空に』のような映画に出演してくれることを期待したいです。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月16日 00:08
TBありがとうございました。

確かにSFとして観ると、少し物足りない感じがするかもしれません。

最後の音楽が、ジーンときました。
Posted by 人非人 at 2005年08月16日 00:54
>人非人さん
ん〜。私のSci-Fiの基準はスタートレックですからねぇ(笑)。
CODE46は、Sci-Fiの範疇にあらず。
最後の音楽はマリアの気持ちにもマッチしていてとても素敵だったと思います。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月16日 01:05
TBありがとうございます!
SFって感じはしなかったですが
ラブストーリー性と音楽がよかったっす!
Posted by ケイティ at 2005年08月16日 09:18
>ケイティさん
やはりこの作品はストーリー性と音楽を楽しむものなんでしょうか。Sci-Fiってのを抜きにして、もう一度観てみようかと…。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月16日 10:10
TBありがとうございます。
切ないラブストーリーですね。
マリア役のサマンサ・モートン、ちょっと注目している女優さんなんですよね。
イン・アメリカにも出ていました。


Posted by Senorita at 2005年08月20日 11:08
>Senoritaさん
サマンサ・モートン、顔ちゃっちゃ〜い!ですよね〜
ジョディ・フォスターみたいな感じ。小柄で演技派 みたいな。
彼女の出演作と言えば、イン・アメリカも観ましたが、マイノリティ・リポートも観ました。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月20日 19:07
お礼が遅くなってゴメンナサイm( _ )m
TBありがとうございました^^

ナイスな突っ込みですね!
私もたくさん突っ込みたいところがありました。
で、やっぱりSFっていうよりはラブ・ストーリーって感じでしたよね。同感です。

また、TBさせて下さい^^


Posted by boss at 2005年08月25日 20:02
>bossさん
コメントありがとうございます。
ナイスな突っ込みですか…?ありがとうございます。突っ込みとは意識せずに書いてました(苦笑)。
こちらからも、また遊びに行かせて下さいね♪
Posted by Deanna(管理人) at 2005年08月25日 22:58
はじめまして。
監督というか脚本の説明不足でかなり行間埋めないと
理解できないので大変ですが、結構設定はSFだったの
ではないかと思います。
マリアはウィリアムと半分遺伝子が同じ=ウィリアム
の母親ってことですよね。
でウィリアムのホントの母親は何人かクローンを残し
ていて、その一人がマリアと言うことで・・・
二人が惹かれあうのもその辺のつながりがあるのかな
っとか思ったんですが・・・。

長くてすいません。
確かにSFかというと設定はSFだけど話はラブストーリーですが。。。
まぁジャンル分けは人それぞれですからね。
Posted by ike at 2005年09月06日 16:48
>ikeさん
コメントありがとうございます。
う〜ん、私の思うSci-Fiとはちょっと違うSci-Fiだったのですよ。空想は空想でしょうけど、「科学」の部分が少し弱かったかな、と思って。
確かにジャンル分けは人それぞれですよね。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年09月06日 18:37
こんにちは。
TB&コメント、ありがとうございました!

そうそう!!!
走ってた車、思いっきりTOYOTAでしたね。私も「ん??」って思いました。
映画そのものもアイタタタァでしたが、ティム・ロビンスもかなり・・・でしたね。
Posted by izumi at 2005年11月04日 22:17
>izumiさん
コメントありがとうございます♪
『近未来』なわりに細かい部分が抜けている作品だったなぁと今さらながら思います。はい。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年11月04日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『CODE46』
Excerpt: 「ウェルカム・トゥ・サラエボ」「イン・ディス・ワールド」のマイケル・ウィンターボトム監督初の近未来SFラブストーリー。『父、帰る』同様、去年劇場で観ようと思って見逃したこの『CODE46』。この監督の..
Weblog: 逃源郷
Tracked: 2005-08-16 00:52

CODE 46
Excerpt: CODE 46 ? ハピネット・ピクチャーズ CODE46 スペシャル・エディション ?  [監督]マイケル・ウィンターボトム [音楽]デヴィッド・ホー..
Weblog: ケイティの映画的生活
Tracked: 2005-08-16 09:07

「CODE46」
Excerpt: ミスティク・リバーとかに出ていたティム・ロビンス主演。 近未来系サスペンスなのかと思ってDVD借りたんだけど・・・ 2003年製作のSF・ドラマってとこでしょうか・・・93分もの。 あらすじ 近未来..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-08-24 05:28

CODE 46
Excerpt: 【2004年9月11日劇場公開】 【ジャンル:SF・ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★ そもそもこの作品がお店に並んだ時には、..
Weblog: 琴線〜心のメロディ
Tracked: 2005-08-25 19:58

『CODE46』
Excerpt: ■監督 マイケル・ウィンターボトム ■キャスト サマンサ・モートン、ティム・ロビンス ウィンターボトム監督の最新作。 彼にしては初めてのSF作品で、環境破壊の進んだ近未来を舞台にある禁断の恋を描いたラ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-08-26 12:31

CODE46(ネタバレ)
Excerpt: CODE46SpecialEdition◆20%OFF!なんの予備知識もなしに観たので予想していた内容と全く違ってました(笑)SFかと思ってました(汗)近未来の恋愛モノって感じでしたね。とても切ない話..
Weblog: ColobaMilkBar
Tracked: 2005-08-26 21:48

CODE 46
Excerpt: 監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:サマンサ・モートン     ティム・ロビンス     オム・プリ、他 あらすじ{/book/} 近未来の上海で“パペル”と呼ばれる滞在許可証を偽造していたマリ..
Weblog: 優みゃの辛口映画感想
Tracked: 2005-08-27 17:27

映画『CODE46』
Excerpt: 原題:Code 46  ??近親、禁断の恋?? マリア(サマンサ・モートン)はウィリアム(ティム・ロビンス)の母と同じDNAを持つクローン人間だった。が、近未来の上海を舞台に運命に導..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-09-06 01:32

サマンサ・モートン -CODE46-
Excerpt: ティム・ロビンスが主演のCODE46。 そして、ヒロインには、サマンサ・モートン イン・アメリカ 三つの小さな願いごとでは、 不安を抑えた強い母親像を演じていた。 近未来の管理された社..
Weblog: ぐぅちゅえんの見たり読んだり
Tracked: 2005-09-12 06:26

【CODE46】
Excerpt: 環境破壊の進んだ近未来。人間社会は高度に情報管理された都市部と砂漠化した無法地帯にニ分化され、内と外の通行には“パペル”と呼ばれる許可証が必要とされている。上海の印刷会社で発生したパペル偽造事件の捜..
Weblog: ただの映画好き日記
Tracked: 2005-11-04 22:11

難解のようだが、実はシンプルなラブストーリー◆『CODE46』
Excerpt: 『CODE46』とは「同じ核遺伝子を持つものは遺伝子学的に同一であり、すべて血縁とみなす。体外受精、人工受精、クローン技術に際して、同じ遺伝子間の生殖はいかなる場合も避けること」という、全世界共通の法..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-11-09 12:35

CODE46
Excerpt: ハピネット・ピクチャーズ CODE46 スペシャル・エディション (2003、イギリス) 出演 サマンサ・モートン (マリア)     ティム・ロビンス (ウィリアム)    ..
Weblog: ベルの映画レビューの部屋
Tracked: 2006-01-07 22:52

CODE46 (Code 46)
Excerpt: 監督 マイケル・ウィンターボトム 主演 ティム・ロビンス 2003年 イギリス映画 93分 SF 採点★★★★ 人間が授かった最も尊い才能は、“忘れる”ってことなんじゃないのかなぁと。忘れることで前..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2007-02-15 02:01

CODE46
Excerpt:     製作:2003 イギリス? 監督:マイケル・ウィンターボトム? 出演:サマンサ・モートン、ティム・ロビンス、ジャンヌ・バリバール、オム・プリ、エシー・デイヴィス?   ストー..
Weblog: あきすとぜねこ
Tracked: 2007-03-12 20:50

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。