2007年09月28日

天パ

その子との別れが決定したのはほんの10日ほど前でした。

 今朝、朝ご飯を食べに食堂へ行っていると、彼が話しかけてきました。
「先生ね、ぼくがまだここに来たばっかりの時、ぼくの髪の毛を天然パーマだねって言ったでしょう。ぼくね、その時はじめて‘天然パーマ’って知ったんだよ」
 私が覚えていないそのセリフを彼は覚えていて、私の前からいなくなる今日の朝、ふと思い出したように語りかけてきたのでした。

 お昼過ぎ、彼が最後のお小遣いで買った「カルピス プレミアム」をちょっと飲ませてもらいながら、彼の天然パーマのあたまをなでなでしながら、彼とお別れしました。
 どこかで天然パーマの男の子をみたら、また彼を思い出すんだろうか。カルピス飲んでも思い出すんだろうな。

 この仕事に就いて7年目。今まで何十人(100人越えてるわね)という子ども達を見送ってきました。一緒に過ごしてよかったなと思いながらお別れした子もいれば、心残りなままお別れした子も。私たちが彼らとともに過ごしたのは長い人生の一部分にすぎないけれど、お別れした後も意味のある人生を送っていてほしいといつも願っています。


posted by Deanna at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか少しうるってなりました。

意味のある人生…

そうですね。
Posted by そーいち at 2007年09月28日 21:49
>そーいちさん
あなたのコメントはいつも「そうですね」って一人で自己完結してるから…(苦笑)。

「意味のある人生」を教えてくれたスイス人について語り出すと長くなるから次回会った時に。
Posted by Deanna at 2007年09月29日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。