2017年07月16日

えほん

いつも行く本屋さんでは、なんとなく小説や文庫本を手に取ってしまって、絵本コーナーにたどり着かない。
今日は、なんとなくいつもとは違う本屋さんに行ってみた。
いつもとは違う本屋さんの、絵本コーナー。
黒い表紙の絵本が目に入る。
黒地に、昭和な雰囲気の女の子の絵。
「すきになったら」というタイトル。
なんとなく気になって読んでみた。

いい本だった。


私はいつも「なんとなく」本を選んで勢いで買ってしまって、休みの日にまとめ読みする。
なんとなく、のカンはなんとなくあたっていて、だいたい私が好きな雰囲気の本を選んでしまっているみたい。
パソコンが普及したら、紙が必要なくなる、という話があった。ずっと昔だけど。
でも、パソコン画面で文字を読み続けるなんて、目が痛くなるからできない。
そんなこんなで私は今も本をちゃんと買って、読むようにしてる。
世の中の作家さん。
これからも好奇心をかきたてる作品を生みだしてください。
posted by Deanna at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451863527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック