2016年06月25日

Helsinki, Day3 〜Estonia

6月24日、フィンランドは夏至イブ?で官公庁もお店もほぼ休み。公共交通機関も休日ダイヤ。日本でいうお正月かと思うくらい、街中から人が消える。

今日はセウラサーリ島で行われるという夏至祭に行こうと思ってはいたのだけど、午後4時から午前1時までのイベント。ヘルシンキはどこに行ってもお休みモードだし、だったらお休みモードじゃない国に行こう!と思い、フェリーで2時間で行けるエストニア共和国に行くことに。
フェリーのターミナルでは、スーツケース片手に乗り込む人を多数発見。みんなエストニアに旅行に行くのね、私みたいに手ぶらで行く方がおかしいのね、と思いつつ乗船。
てゆーか、ターミナルから船まで500mってなんやねん!7分近く歩いたぞ!

船の中では、追いかけてくるカモメの撮影に夢中になるアホな日本人ツアー客をみかけたりもしたけど、ぼんやりしている間にエストニアの首都タリンに到着。
…が、ここでも雨。
しつこく降り続く雨。
昨日スオメンリンナで雨に降られた経験から折り畳み傘を持参してはいたけれど、折り畳み傘レベルでは太刀打ちできない雨量。
せっかく来たから…と思って、観光地化してるっぽい旧市街に向けて歩き出す。もう元には戻れない。
旧市街地の入り口には、古い時代のヨーロッパを彷彿とさせる造りの城門があり、古い町並みの色合いは落ち着いた雰囲気を演出していた。
だけど石畳がひたすら歩きにくい。
雨も強くなってきたし、寒いし、教会で雨宿りしようと思って目の前の教会に飛び込もうとしたら「ナショナルホリデーでお休みですでーす」って張り紙が。
神の家が雨宿りさせてくれんかった…(泣)
気落ちしてしまい、寒さにも耐えられなくなったし、ナンパしてくれた人力車(つか、自転車タクシー)のにいちゃんに7ユーロでフェリーターミナルまで送ってもろた。10ユーロ札を出したらにいちゃんが釣りがないつって4ユーロお釣りくれたから、ちょっとラッキーだった。
帰りのフェリーではバーラウンジに席を取り、温かい飲み物を飲まないとやってられなかったので紅茶をひたすら飲んだ。とても居心地のいい空間だったのに、近くの席にツアー客と思われる日本人おばさま方の集団が陣取ってしまった。彼女らの話す話題といえば「私はすでに何ヶ国行ったわ」「あの国はよかった。あなたまだ行ってないの?行きなさいよ」という、なんとも中身のない話題だ。しかもそれを有閑マダムぶって話すのだ。
基本的に群れて行動するのが嫌いで、訪問国数を競うことに何の価値も見出せない私が一番嫌いな話題を延々と話し始めたのである。
私は日本人ではないふりをして、やりすごすことにした。
そのうちバーラウンジのステージではクラブ歌手らしきお姉さまの歌が始まった。欧州の演歌っぽい曲、クラシカルな曲、ジャズっぽい曲…  1時間ほど歌ってくれ、その歌声にかき消されて日本人おばさま連中のどうでもいい話が聞こえなくなったのはよかった。

そうこうするうちに、船はヘルシンキの港に到着。
往路、何も荷物を乗せていないカート引きや大きなスーツケースを持った人々をたくさん見かけたが、いよいよ船を降りるときに周囲の荷物を持って納得した。彼らはエストニアに爆買いに行ったのだ、と。
周囲から聞こえてくる話をまとめると、フィンランドで酒類などを買うと消費税がかかる。税率も高い。
エストニアへは、EU加入国のシェンゲン協定により出入国審査なしで往復することができ、エストニアの方が物価が安い。
なので、エストニアに爆買いしに行く。
事実、彼らの荷物の大半は、酒であった。

エストニアのチョコなど買って満足気に帰ってきた私など、彼らから見ると愚の骨頂だったに違いない。
posted by Deanna at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。