2016年06月13日

今日はただの愚痴を書く

うちの職場(てか、組織)は4月に管理職の異動があって、5月に一般職の異動がある。
で、4月の異動で課長と補佐が代わった。
新しい課長はジェントルマンで、話せばわりと何でもうまく伝わる人。
補佐は…前の補佐はひどかったけど、今度の補佐もまぁまぁひどい。

エピソード1
私の担当事業(だと思っていた)は、まだ始動したばかりで今後は他の課や部との調整が必要になる。そしてその事業の担い手は私以外には嘱託職員3名だけ。
4月当初、この事業の担当から外れたいと課長に話したことがあった。先が見えないし(だって何をどうすればいいのか何も決まってないから。そしてその形を決める最終決定権者が誰なのかもわかってないから)、形がないからみんな好き勝手なことを言う。そんなもん、誰がいちいち関わりたいと思いますか…
でもジェントルマンな課長から諭されて、他にこの事業を形にできる人がいると思うの?あなた1人で抱え込まなくていい、自分がついてるんだから。とまで言われ、なんとかやれそうな気がしてた。
それなのに。
補佐が作った事務分担表を見ると、補佐め、この事業から私の名前を外しておる。
…は?
「この事業は、今後様々な調整が必要になりますが、あなたはその調整の場に嘱託職員を連れて行くおつもりですか?」と補佐にお尋ねしたら、「なにか問題でも?」くらいの調子。
あぁ、そうですか。その程度の事業だとお考えなら、私のスキル(あの職場ではちょっと珍しい国家資格を持っていて、その国家資格の知識を駆使しないと事業は成り立たない)は全く必要ないという判断でしょうから、私が関わる必要はないと思います。
とお伝えしたら、補佐は課長に「この仕事はしたくないそうです」と報告しておった。
どこをどうしたらそんな日本語になるんだー‼︎ バカタレがー‼︎

この件は、課長に報告して、私のポストは守られるという結果になりました。


エピソード2
私が担当する別の事業のことで、よその団体との会議日程の調整についての電話連絡が入った。そして補佐がその電話を取ったらしい。
電話を終えた後(私はその電話がかかってきてた時間帯は不在だった)、AとB、どっちがいいですか?って聞かれてるんですけど…って補佐が言うから、「Aだと他の会議とかぶって課に残る人が減ってしまうから、Bの方がいいのでは?」と答えたら。「あ、他に参加する団体が、Aの方がいいって言ってたみたいなので、Aって答えておきました」って…
…は?
なんであんたが勝手に決めてんの?
つか、勝手に決めといて、なんで「どっちがいい?」って聞くの?
日本語おかしくないですかね?

この件に関しては「担当から折り返し連絡入れさせますっていう返答ではいけなかったんですか?」って課長がいる前で補佐にお伝えしました。
あとで課長に呼び出されたけどね、私が。あんまりピリピリするな、ってさ。
ピリピリもイライラもしたくないですよ。
だからもう会話をしないことにした。補佐が言ってることは全部ナゾナゾ!そう思うことにしたもんねー(笑)。


エピソード3
エピソード1の事業の担当者、課長、補佐で月に2回の会議をしていくことになった。会議を重ねて、担当者レベルで事業の形を考える→課内調整→部内調整と話をあげていく予定。
で、まずは嘱託職員の1人が研修に参加したので、その研修報告をしてもらった。
報告の中で、他課が担当する事業(たいして重要な話ではない)に少し触れたところ、補佐がその事業の詳細について根掘り葉掘り聞き続ける。
なぜ今それを聴き続けないといけないの?
私らが担当している事業の今後についての会議の場で、なぜ他課の事業の詳細について延々と時間を割かないといけないの?
あなた、ものごとの優先順位わかってらっしゃる?
…そう思うとイライラしてしまい、私の口からは「それ、今聞かないといけない話ですか?」としか出てこなかった。
またもや課長に呼び出されたけどね、私が。
言葉は足りなかったけど、あの場での指摘としては間違ってなかったから、僕は口を挟まなかったんだよ。だそうです。
言葉が足りてないのは自分でも気づいてたし、その点だけは反省しました。


エピソード4
その、エピソード3で嘱託職員が参加した研修について、課内会議で報告する時間を与えては?と某監督職から補佐に進言があったらしい。
ふつう、そういう話って、担当者に打診したりとか、課全体で共有すべき内容か等を考慮した上で決定するものだと思うのだけど、補佐ときたらそのまんま課長に「課内会議で時間もあるし、研修報告してもらっていいですよね?」と聞いておる。
話は丸聞こえですよ、私のところに。
けど、私も研修に行った張本人も、なーんも打診されてないわけですよ。
しかもあなた、「時間があるから研修報告」ってなんですか。課内会議って、全体で把握しておくべき話をする場ではないんですかね。
もうこりゃダメだーと思って、「課長、お話中すみません。話が聞こえたので少し言わせていただきます。さっきから何の話をされてるんでしょうか?私は何も把握しておりませんが」と口を挟んでしまいました。
課長はジェントルマンなので、私には目で「わかってるから、自分に任せなさい」と合図され、私が言いたいことを代わりに補佐に伝えてくれてました。
…が、補佐はまだまだトンチンカンで、私の許可さえあれば研修報告の時間を取ってていいとでも思ったらしく、時間があるから研修報告…って言って来られたので、とうとう私も口調が強くなり、「だからですね、文書を回覧して、研修の内容については全体で共有してるはずですよね?わざわざ報告の時間を取らないといけない理由はなんですか?時間があるからっていう理由だけで報告しないといけないんですか?」と言うてしまいました…。


エピソード5
4月中は、職員少ないから仕方ないなと思って黙って仕事してた。事務仕事と相談業務と一気にやっつけてた。すんげー残業時間になってたけどさ。
5月になって、一般職が補充されて、私の担当業務の一部を引き継げるはずだった。
でも補充された職員は毎日のようになんちゃら会議の打ち合わせだの何だので、引き継ぎたくても何も業務を引き継げない。
なんちゃら会議の打ち合わせ等を仕切っているのは補佐で、なぜこんな毎日打ち合わせばっかりしてるのか、私にはさっぱり理解できない。
なんちゃら会議が終わるまで、それ以外の仕事は全く進まなかった。いい迷惑である。


どのエピソードにも共通してるのは、
ものごとの本質と、それに付随する事項の区別がついていない。
内部調整ができない。
同時進行での仕事ができない。
という3点だと思う。

わたし、こーゆー人間とは一緒に仕事できませんっ‼︎
前の課長には異動前に「(新しい補佐とは)気が合わないような気がする。絶対私が1人でイライラすると思う」って言ったことがあったけど、案の定…
毎日毎日課長(ジェントルマン)に話を聞いてもらって、それでなんとか1日持ち堪えてっていう日々を送ってる。
課長だって、顔には出さないけど腹立たしく思ってることがあると思う。だけど部下の話に丁寧に耳を傾けてくれる。素敵な上司に恵まれてることに感謝したいけどさ。どげんかならんとやろか、もう1人の上司…(泣)
posted by Deanna at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック