2015年09月26日

London, Day3, Baker street

英国3日目のテーマは“Benedict Cumberbatch”です。
彼に関係するところ、つまり、Sherlock関係とThe Imitation Game関係の場所を巡ろうと思ったわけです。


まずはTubeでBaker street stationへ。
Baker St.(North)の出口を出て、テクテク歩いてると、左手にSherlock Holmes Museumが現れます。

073C51A4-EB59-4119-AF99-F60449325B19.jpg

世界中のシャーロッキアンが訪れるというBaker St. 221Bですが…
隣りのお土産屋で博物館入場券を買い(£15)、いざ、建物の中へ!
中はビクトリア朝の装飾品で溢れていて、シャーロック・ホームズの時代(ビクトリア女王の時代)の雰囲気を感じることができます。
さらに上のフロアに上がると、各エピソードになぞらえた蝋人形的なものの展示があって、照明もくらくて不気味だったので写真は撮らず。
さて、この展示に£15の価値があるのかと聞かれると、けっこう疑問だったりするわけです(笑)。
私の中では「実際に行ってみるとがっかりする観光地」に認定されたかもしれない。


博物館をあとにして、買い物をしたかったのでMarylebone High St.へ。
マダムタッソーの蝋人形館のエントランスはものすごい人だかりでしたが、興味ないので通り過ぎる。
その隣りにRoyal Academy of Musicがあり、楽器の博物館もあるというので、受付のおじちゃんに博物館どこですか?と尋ねてみる。「博物館は11時半に開くよ。時間になったら隣りのドアから入ったらいい」と教えてもらい、先に買い物を済ませることに。
Marylebone High St. のRococo chocolateで姪たち用のチョコを購入。
オシャレなお店でした。
アカデミーに戻って博物館を見学。

C2EEBF38-2FCA-4F25-B41F-C8639DE2D9BF.jpg

またBaker St. Stationに戻り、Euston Square stationへ。
駅から歩いてすぐのところのSpeedy's cafeに行きたくて。

21904C94-F87A-4FA5-A719-D5E98CD6CFDF.jpg

ここ。
BBC ドラマSherlockに出てくるカフェです。
お昼時なので、パスタ(ボロネーゼ)と紅茶を注文。
紅茶はティーバッグで淹れたもの+ミルクの状態で出てきました。
昨日のカフェもそうだったけど、英国ってふつーにティーバッグで紅茶淹れるのね。けど、日本のティーバッグと違って、英国のはとてもおいしい。渋みがない。
パスタはクタクタに茹で上がっていて(アルデンテにうるさいのは日本人だけかな?)、それはそれで面白かったのできちんといただきました。
£7.5くらいだったかな。
普通の値段なんじゃないかなぁ。

Euston stationに行き、次はBletchleyを目指します。
posted by Deanna at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426741394
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック