2015年09月26日

London, Day2, afternoon

St. James Park station 近くのカフェを後にし、バッキンガム宮殿へ。
どこからともなく音楽が聴こえてくる。
…え?まだ衛兵交代式やってたの?と、あわてて宮殿にかけよるが、どこから湧いてきたんだ︎というくらいの人だかりで、ほとんど何も見えない。仕事を終えた衛兵たちはマーチングしながら宮殿を去っていき、最後尾を馬に乗った衛兵さんがついていっていたが、馬が何の前触れもなく糞をしていたのがおかしかった(ロンドンっ子は気にならないらしい)。

さて、夏の間、エリザベス女王はバルモラル城で過ごされます(9月25日のロンドンの新聞には、首相がバルモラル城で女王に謁見という記事が載ってました)。
女王がバッキンガム宮殿にいない間、恐れ多くも宮殿のいくつかの部屋は下々の者に一般公開されます(日本の皇室では考えられない)。
今回私は、Queen's gallery、Royal Mews、そしてBuckingham Palaceを見学できるパスを事前予約してロンドンに行きました。
予約した時間は13時。
時計を見ると1時間弱ほどあったので、St. James Park でひと休み。

1B363B68-D03D-4BAB-9B85-D4C06C19BD56.jpg


カモやアヒルたちものんびりしてます。
この場所にたどり着く寸前、BBCドラマ SherlockでSherlockが衛兵をじっと眺めてたポイントってここだなってとこを発見し、1人で興奮(笑)


さて、予約券をチケットに交換し、まずは女王陛下の画廊へ。
ちょっと厳しめのセキュリティチェックを受けてから中へ。「絵画の中の庭」といったテーマのもと、ルネッサンス期の絵画、ダヴィンチが描いた植物(これは絵画というよりは観察記録的な意味合いが強い)、宮殿のお庭の役割…と様々な側面から庭に関する絵画の展示がされてました。
これ全部英国の持ち物なんだな…と思うとけっこう驚いてしまった(笑)

次はRoyal Mewsへ。厩舎のことみたいです。
英国の公式行事で使われた馬車やお馬さんの展示があってました。

2D089684-8649-46B6-B3BE-D792485C3D59.jpg


金ぴかの馬車。4頭立ての馬車についての説明もありました。御者は代々なんとか家が引き継いでるみたい。
ここからようやく宮殿への入り口へ。
入り口で呆然としたんだけど、世界中から観光客が押し寄せてるのね。セキュリティでかなりの行列。TDRの何かのアトラクションなみに人が並んでる(笑)
ようやくセキュリティを抜け、解説用のオーディオを借り(観光客向けに、10カ国語くらい準備してある)、中庭を抜け(中庭は、女王のポートレートが年代別に展示してある)、国家元首の公式訪問をお迎えするという玄関(車宿り的なとこ?)から宮殿の中へ。
ここで解説オーディオではチャールズ皇太子が出てきて、バッキンガム宮殿へようこそ!と歓迎してくれます。ちょっとテンションあがります。
この後は一切写真禁止なのですが、これまた肖像画やら絵画コレクションやら晩餐会用のお部屋やら女王の執務室の前のお部屋やら、華美すぎず、でも手入れされまくった調度品等を見て、英国王室の雰囲気を肌で感じてきました。
エリザベス女王のレセプション用ドレスも何点か展示してありますが、1971年に昭和天皇が訪英された時に女王がお召しになられたというドレスと当時の写真が展示されてました。

見学終了後はバックヤードのカフェへ。

9E91B45E-67B6-4272-9BC2-CC5EA55A6FC2.jpg

私もおとなしく並び、スコーンと紅茶、そしてチキンとシザーのバゲットを購入。バゲットは食べきれなかったら晩ご飯にしてもいいやと思って。

7D70B5DD-2688-4441-B2F7-1CBB33B666D0.jpg

時間は16時前くらいかな?
西日が眩しい時間帯でした。
この紙コップやトレイの色がかわいらしくて、持って帰りたいくらいだった。

相席していいかしら?とグイグイきた英国人のおばちゃんとしばしお喋り。
おばちゃんはカンタベリーから長距離バスでやってきて、宮殿見学には1人で来たのだそう。
私も1人で日本から来たよと話すと、「日本!私、来年は神戸に行きたいと思ってるの!」とのこと。
休暇でここ来てんの?ロンドンの後はどこ行くの?と矢継ぎ早に尋ねられ、仕事そんなに休めないから4日滞在したらもう帰るねんってお伝えしてみた。
すると欧米人には「ヨーロッパ中をウロチョロせずに帰る」という感覚がわからないみたいで、日本人ってどーしてそんな仕事すんの?一ヶ月とか休めないの?って不思議そうに言われた…。
あら?私、9連休にしただけでも職場に申し訳ない気持ちになってたんだけど…。
日本人が勤勉、仕事好き、というイメージで語られる所以ですねぇ。


この日は散々歩いてもう疲れたので、ここからバスでビクトリア駅に戻り、そこからピムリコ行きのバス停を探し、バスでB&B まで戻りました。
疲れ果てて寝てしまったけど、夜中に起きて例のバゲッドを食べ(めっちゃ美味やった!)、お風呂で足モミモミして、再びベッドへ…
2日目終了。
おやすみなさーい
posted by Deanna at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。