2015年09月26日

London, Day2, about noon

ロンドン2日目、バカみたいに歩いてビックベンまで行っちゃったところまでは書いたので、続き。

国会議事堂&ビックベンとくれば、真向かいにはWestminster Abbeyがあります。
ウィリアム王子が結婚式を挙げたところとして有名ですが、個人的には『アイザック・ニュートンのお墓があるところ』『エリザベス1世とメアリー1世の墓があるところ』と認識しています。
ニュートン先生については、映画Da Vinci Codeを見たこと、エリザベスとメアリーについては様々な映画がありますが、まぁ、いろいろな映画で集めた情報から、興味を持つようになりました。

寺院内は写真撮影禁止のため、これといって写真はないのですが…
とにかく天井が高く、吸い込まれそうになるようなステンドグラスに囲まれ、落ち着いたひと時を過ごしました。
戴冠式が行われる場所もこの目で見てきたし。
そしておきまりのお土産屋に入り、ポストカードを購入し、コインの使い方がわからず店のお兄ちゃんに「今持ってるコインで足りる?」と尋ねる私。ちょっと足りないかな、と言われ、おとなしく紙幣でお支払い。£1って紙幣じゃないんだね(泣)

外に出て、トイレに行って、トイレのそばにいたおじちゃん(たぶんガードマン)に「St. James Park station はどっちに行ったらいい?」と尋ねたところ、すんげー訛った英語で「道渡って、まーっすぐ行きな!」って教えてくれた。ありがと、おじちゃん!

ここで写真を1枚。

82DBA270-AE28-40EC-B2ED-C415096CB8AF.jpg

これ、たぶんWestminster Abbeyの正面。
映画Da Vinci Code では、この風景を背景に、Tom Hanks が欠けた球体はリンゴだとかなんとか言うてた。
ニュートンの墓の前で、どこかの団体ツアーのガイドさんが「リンゴが欠けてるんだ」と説明しよりましたけど。それ、映画の話でしょ?と思いながら聞き入ってしまったよ!
右後ろ、英国旗がはためいてるのは国会議事堂なり。

さて。私は地下鉄の駅を目指すつもりだったのですが。
「あっちに400m行ったらバッキンガム宮殿だよ」という案内があったので、さらに歩いてみることに。
ちなみにSt. James Park Stationは、駅舎の上に“underground”と書かれた旗(地下鉄のマーク)を翻しておいでで、どこから見てもわかりやすい駅となっておりました。

朝から約3時間近く歩き倒して疲れたので、目にとまったカフェでお茶タイム。時間的にお昼ご飯も食べたかったけど、朝食しかやってないの!とお店の人(たぶんイタリア人)に言われたので、紅茶のみいただきました。
イギリスってさ、すごいんだよ。
紅茶のティーバックにお湯注いで、はい!って持ってくんの。
けど、それがまた不思議と美味しい。

続きはまた今度。
次回はバッキンガム宮殿編。

posted by Deanna at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック