2015年09月06日

Refugees

国際社会のことはよくわからない。
日本という島国に住んでいるので、陸続きでよその国と接していることでどんな影響があるのかもわからない。
シリアの難民がヨーロッパ各国に押し寄せている、というニュースを聞いてもピンと来ない。
例えて言うなら、北朝鮮の難民が海を越えて日本にやってきた、というような話なんだろうか?

人間の歴史が始まって、何千年という時間が経過している。
その間、一時でも「迫害された人がいない」「難民がいない」という時期があっただろうか。
時代の経過と共に難民になる原因は変化しているかもしれない。原因は飢饉だったり、争いだったり、その時々で違うかもしれない。
だけど安心して生活できる時間と空間が保障されていない人たちがたくさんいる、という事実は何千年経っても変わらない。
人の業なんだろうか。

シリアの難民の話は、国際情勢もヨーロッパの国々の事情もわからないことがあるのでピンとこない部分もあるのだけど、目の前に難民がいて、助けてほしいと言われたら私はどうするだろうか。
国際的な機関に、支援が必要な人がいると伝えるかもしれない。
国際的な機関はもう手いっぱいですと言われたら…?
自力でなんとかする…?
1人で何ができる…?
難民が自力で生活できなきゃ、何の意味もない。だから、仕事してお金を稼げるように支援しなきゃいけない。
そう思う反面、まずは寝る場所と食べ物の確保が先だろうよ、とも思う。

難民を受け入れたヨーロッパ各国で、どんな支援をすべきか今ごろ考え続けているに違いない。
どうぞ、難民の方々が、少しでも早く安心して眠りにつけますよう。
そして地球上で二度と住む場所を奪われるような事態が起こりませんように。


posted by Deanna at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。