2015年09月02日

100のモノが語る世界の歴史

すっかり行きそびれていた大英博物館展@九州国立博物館。
大英博物館ですよ︎
何万点という所蔵品を誇る、あの大英博物館のグッズがやってくるんですよ。
見に行かなきゃ!
と思いながら行く時間が取れず、最終週になって仕事を休んで(笑)博物館へ。

いつもの場所に車を止め、いつもの場所で梅ヶ枝餅を買って、梅ヶ枝餅を食べながら博物館へテクテクと。
今日の太宰府天満宮は中国人・韓国人の観光客が多めでした。

そして特別展の大英博物館展に足を踏み入れたとたん!しょっぱなから古代エジプトの棺がお出迎えしてくれまして。
すごいぞ、これ!ってテンション上がりまくり。
その後も、どう考えてもイギリスの世界征服の歴史じゃないんか?という部分がありつつも、その時代その時代を生きていた人々に思いを馳せることができるステキな解説とともに、展示を楽しませていただきました。
なんだろう、イギリスの博物館だからイギリスに関係するものだけかと思いきや、世界中のモノが展示されているのね。
私、世界史はとても苦手だったけど、こんなステキな展示をあの頃見ることができていたなら、もっと興味を持って世界史の勉強ができたんじゃないかと思うのよね。
数週間後に英国に行くし、大英博物館にももちろん行く予定なんだけど、もっとじっくり見てこれるといいな。

100個の展示品を見ながら歴史に触れ(終盤は、近代・現代のものも展示されてました)、展示室を出ると、「101個目の展示は、あなたと作る折り鶴です」というコーナーがあって、もちろん日本人の私は折り鶴を折ってきたのだけど、あぁそうか、私も歴史の一部なんだな、と当たり前のことに気付かされる、そんなユニークな企画でした。
紀元前から始まって2015年までの世界の歴史を1時間ちょっとで体感。
江戸時代の浮世絵も展示してあったけど、なんせ、紀元前からずーっと見てきたものだから、「江戸時代なんか、たいして古くないぜ!」という妙な感覚に襲われました(笑)

今日は良い物に触れて大満足な1日になりました!


posted by Deanna at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。