2014年07月09日

ベクトル

今日も郊外へ。用事をひとつ片付けてから、懐かしい恩師に再会。小一時間しゃべって、あぁ、福祉のことわかってくれる人もやっぱりいるんだって思って、ちょっと嬉しくなった。
それから1人で郊外の、それも山の中のレストランで贅沢ランチ。
昨夜からの私は気持ちが荒んでいて、贅沢ランチでもしなきゃやってらんない感じでもあったので。
昨夜遅く、気持ちを落ち着けなきゃ、気持ちを整理しなきゃ、と思って行った先は教会。古い、古い教会で、でも、静かで威厳に満ちたその雰囲気は私を落ち着かせてくれる。牧師先生に許可をいただいて、パイプオルガンをずーっと弾いてた。好きな讃美歌、バッハのフーガ、その他のオルガン曲。
教会で弾く曲は、どれも和音の進行が滑らかで自然で、心地よく響く。その響きの中で、自分の気持ちを掻き乱す原因なんて、ちっぽけなものだなと思えてしまった。
でもやっぱり、変えることのできないものと、変えることができるものを区別できる知恵とか、冷静さとか、そういうのって必要なんだろうなぁと感じた。なんだかんだで、私も自分の物差しでしか物事が見えてないのかもしれない。
ひとつのことを作り上げるのがここまで困難とはね。
時間がかかることはわかっていたけど、周囲に期待できないもどかしさをどう処理したらいいんだろうね。
またパイプオルガンを弾いて落ち着いたらいいのかな…
表面上は落ち着いてるけど、心の奥底では何も納得できてないって感覚もあって。
きっと、そういうものなんだろうね。


posted by Deanna at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。