2014年05月29日

再会

某施設で働いていた頃の教え子が遊びに来てくれました。退職する前に会ったっきりで、たぶん7年ぶりくらい。

Aくんは、寡黙な男の子だったけど、たくさん話す、たくましい成人男性になってました。7年くらい前は大工になりましたって報告に来てくれたんだけど、何年か前に船乗りになったそうで、大切な家族もできて、きちんと養っていると話してくれました。
Bくんは、中学時代は学校に行くのがきついって言って悩んでたけど、高校は皆勤、自動車関係の勉強を続けて、今は自動車整備士としてしっかり仕事をしてるそうです。

今日、2人とは焼鳥屋に行きました。2人が私のことを「先生」と呼ぶので、焼鳥屋のおじちゃんが不思議に思ったみたいで、「何ば教えよったとね?」と聞いてきました。
2人とも、迷うことなく、「人生の先生っていうか…」と答えました。
その答え、わたし、とってもうれしかった。
児童福祉の最終的な目的は、「人生の意味を取り戻すお手伝いをすること」だと私は感じているからです。
もちろん、彼らとこんなことを直接的に話したことはありません。
でも、彼らはそのメッセージをちゃんと受けとってくれていた。
あぁ、あの頃の私たちは、きっといい仕事ができてたんだな、と思う。

福祉の真髄を再確認できた再会でした。
また会えるといいな。
posted by Deanna at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Work and Psychology | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。