2013年10月18日

福祉と臨床

臨床心理士の資格を取るくらいなら、精神保健福祉士の資格取ればいいやん、と言われる。

心理とか精神とか付いてると、同類項だと思われるらしい。
全くの別物なんだけど。

福祉場面で臨床心理学的な知識を応用して対応してきた私にとっては、経験的に、子どもにとって何が刺激になっているのか、またその場面にどう対応すべきかがわかるけれど、それは周りにはうまく理解できない感覚のようです。
実績積んで理解してもらうしかないよねー。

旧友の力を借りようかなぁ。
posted by Deanna at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Work and Psychology | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。