2007年03月15日

The White Countess(2005,U.K./U.S./Germany/China)

Ralph Fiennes様ご出演中にもかかわらず,なんと超単館系上映の『上海の伯爵夫人』。Ralph様 英国人なのに,今回の役は米国人 元外交官。もうねー,久しぶりにシネコンじゃない映画館で映画を観たわよ。

上海の伯爵夫人
1936年、頽廃のムード漂う上海。ロシアから亡命してきた美しき伯爵夫人ソフィア(Natasha Richardson)は、一家の家計を支えるために夜総会(クラブ)でホステスとして働いていた。一方、不条理な暴力で愛する家族と視力を奪われた元外交官のジャクソン(Ralph Fiennes)は、絶望の淵で上海の街を彷徨っていた。やがて2人は出会い、これをきっかけにジャクソンは夢に抱いていたバー“白い伯爵夫人”をオープンさせることを決意、彼女を“店の華”として招き入れる。2人は相手への想いを深めていくが、節度を持った関係を続けていく。そんな中、ジャクソンは謎を秘めた日本人、マツダ(Hiroyuki Sanada)とも友情を深めていくが…。


 んで。Natasha Richardsonの旦那ってLiam Neesonだったのね…。全く知りませんで。申し訳ございません。彼女は『レッドグレーヴ家』という映画一家のご出身だそうです。彼女の叔母さんとかもこの映画に出てました。すげーな,レッドグレーヴ一家…。
 
 すごいと言えば。レイフ様ですよ。盲目の役をさらりと演じてるんですぅ。やたらめったら「目が見えません」的な演技をするわけでもなく,ホントに見えてないんじゃなかろうかと思ってしまうような目の動かし方や視点の定め方。さすがです,レイフ様。

 お話のほうは,やたら台詞が多いわりに主人公二人が迷路みたいな会話をしているので,真意を掴みかねたりものすごーく想像力を働かせないといけなかったり…で,ちょっと大変(これで字幕がトダナさんだったら,台詞の大半が勝手な解釈で訳され,映画が違う雰囲気になったであろう)。
 なんかねー,こういう雰囲気で勝負する系の映画って感想を書きにくいのよねー。まぁ,レイフ様ばんざいってことで。 
posted by Deanna at 23:31| Comment(2) | TrackBack(3) | My Favourite Movies(O〜Z) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
確かに「レイフ様バンザイ」っていう一言感想でもいいかもしれませんね〜(笑)
ソフィア役の方ってあまり好みではなかったのですが、リーアムの奥様だったのですか!
レッドグレーブ一家総出演でしたね。
真田さんがレイフと会話してるよ〜〜って妙に感激してしまったわ。
Posted by ミチ at 2007年03月23日 21:44
>ミチさん
TB&コメント ありがとうございます☆
あぁぁぁ…すみません,語彙力不足で「レイフ様バンザイ」で終わらせてしまいました(汗)。
真田さんも,謙さんや役所さんに負けない国際俳優になってしまいましたねぇ。日本人が,海外の映画で主人公と張り合うくらいの役を演じられるってすばらしいことだなぁと改めて感動しているところです。
Posted by Deanna(管理人) at 2007年03月24日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36063805
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

映画「上海の伯爵夫人」
Excerpt: 映画館にて「上海の伯爵夫人」 ジェームズ・アイヴォリー監督が『日の名残り』の原作者カズオ・イシグロのオリジナル脚本を映画化。 1930年代の上海。暗い過去を持つアメリカ人の元外交官ジャクソン(レイ..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2007-03-23 21:42

上海の伯爵夫人
Excerpt: 《上海の伯爵夫人》 2005年 イギリス/アメリカ/ドイツ/中国映画 − 原題
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2007-03-25 15:53

「上海の伯爵夫人」
Excerpt: こないだ観た「ラスト、コーション」繋がりで・・・ 同時代の上海が舞台のこの作品。 脚本が日系のカズオ・イシグロという人らしいし、 真田広之も出てる・・・という事で劇場公開時に観ようか迷った作品。..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2008-03-01 03:58