2013年03月28日

仕事に対するスタンス

昨日は、職場の勉強会でした。
私は職場のトップの代理をしているので、この1年間、スタッフが「このことについて勉強したい」と言ってきたことに関して、月に1度 講義を行ってきました。スタッフにも個性があって(個性で片付けられる話じゃないけど)、真剣に話を聞いて自分の中に取り込む人、その場では「勉強になった〜」とは言うけど日々の業務に活かせない人、いろいろいます。
なので、自分で向上心を持って仕事に取り組むための第一歩として、4月からはスタッフ輪番制で勉強会をするように、と告げました。私はアドバイザー的な役割と、福祉業の倫理観などをお伝えする係を受け持ちます。
以前から輪番制の勉強会は提案していましたが、昨日の勉強会の最後に4月からの勉強会年間スケジュールを提示したところ、あるスタッフが「これ以上家庭が圧迫されるのはどうかと思います」と言いました。

あなた、いつまで受身の姿勢で仕事をし続ける気?予定をきちんとお伝えしているのだから、ご自分で時間のやりくりをしなさい!とお伝えしました。

いい年して、仕事をなめているとしか思えない。だいたい、仕事中に自分の知識のなさを痛感したりしないのでしょうか?普通の人は、仕事しながら自分に足りないものを意識して勉強し、現場に活かしていくものだと私はずっと思っていました。
向上心のない職員なんぞ、うちの現場には必要ありませんよ。
でも、そのスタッフの強み・リソースをもっと活かしてほしいから、きついことだとわかっていながらこうやって勉強会を提案しているのです。そこのところ、きちんと理解していただきたいですねー。
posted by Deanna at 10:48| Comment(1) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近僕も仕事をすることが大事だって分かってきたんです。受け身では駄目。サボらない。一生懸命毎日仕事をする。今更ながらようやく分かったことです。寝る時間を除けば、仕事は人生の約半分なんです。仕事を楽しめば人生が楽しくなる。仕事をちゃんと向き合って頑張っていくことは、人生を幸せにすることですよね。
勿論仕事をちゃんとする人もいたり、仕事を怠る人もいる。そのデコボコがいいっていう人もいます。デアナさん、暖かく見守って上げましょう。

Posted by カズ at 2013年03月28日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353066130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック