2013年03月25日

スポンサープログラム

熊本で児童福祉に携わっていた頃、教会の関係の方から教えていただいて、発展途上国のチャイルドをサポートするプログラムに参加していたことがありました。
退職時に一旦そのプログラムを中断したのですが、4月から再開することにしました。
その時に参加していたプログラムと、また別の団体の支援にも1口加入してみることにしています。

まぁ、発展途上国よりも自分の国の子どもをサポートしろよと思う方もいらっしゃるでしょうね。その通りです。
ただ、自国の子に関しては、仕事を通して、環境を整えることが一番大切だと私は思っています。身近にいるからこそ、きちんと触れ合える環境で継続した支援ができなければ意味がないんです。
触れ合うことができない子ども達にも、少しでもより良い環境で成長することができるよう、また、日本の未来が明るいものであるよう、自分自身の仕事を通して社会環境の整備をしていく必要があります。
そもそも、日本は(他のアジア諸国に比べると)とても恵まれているわけで、私達日本人が当たり前に享受している恩恵にあずかれない子ども達が諸外国にはたくさんいるということも忘れてはいけません。
私が支援を再開するプログラムは、毎月決まった額を支援団体に納め、特定のチャイルドと年に数回手紙のやり取りをするという方法を取っています。ほんの一握りの子ども達しか救えないかもしれないけれど、「遠い日本から支援してくれる人がいる」という希望を持つこと、「将来日本に行きたい」「人を助ける仕事をしたい」など いろんな可能性を見出してくれること、そんな小さな希望や可能性こそが世界平和に繋がるのではないかなと考えています。
posted by Deanna at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とっても良いことですよね。自分のことだけでなく他人の気持ちを考えることも。世界が平和であることを祈ってます。
Posted by カズ at 2013年03月26日 00:52
カズさん

いつかサポートしているチャイルドに会える日が来ることを願いつつ、できる支援を長く継続していくつもりです。
コメントありがとうございました。
Posted by Deanna at 2013年03月27日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/351590158
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック