2013年02月22日

ボストン美術館

20日(水)。姪っ子の幼稚園のお別れ遠足@だざいふえんに便乗して、遠足後に私も一緒に九州国立博物館に行ってきました。姪がどうしても名画を見たいと希望したらしく。

今回は、ボストン美術館に所蔵されている日本画が展示されているという特別展を見てきました。
入ってすぐのところは仏や神をどうとらえていたかがわかる絵画が展示されてあり、吉備真備の冒険譚、平時物語絵巻、扇などに続いて長谷川等伯の「龍虎図屏風」がどーん、と。
迫力のある1枚…2枚?でした。
曽我蕭白の描く仙人がどこかしら憎めない俗世間っぽい仙人さんだったり。

ところで、吉備真備が唐に渡ったのは知っていたのですが、本当にあんな冒険をしたんでしょうか?
「唐に渡って楼閣に宿泊するように言われ、そこで赤鬼にあった」「赤鬼だと思ったら唐で亡くなった阿倍仲麻呂の霊が宿った鬼だった」「霊鬼の超能力で宮中までひとっ飛び!」とか。
けっこうおもしろいこと考えるやん、古代人も。

異文化の絵画ってまだそんなに真剣には見ることができないんですが、日本のものはなんとなく理解できるという不思議体験をしてきました。
また機会があったら美術鑑賞したいですねー。
というか、次は石橋美術館に行く予定。


posted by Deanna at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。