2007年01月04日

The Hound of the Baskevilles(2002,U.K.)

 昨夜 何にもすることがなかったので(ウソだ!読まなきゃいけない文献があったくせに!!),深夜番組を観ました。だってシャーロック・ホームズの『バスカヴィル家の犬』だったから。
 さすがBBC製作。展開がゆるい。ゆるすぎる(笑)。でも英国だから許す(意味不明)。
 でね。ホームズ役がRichard Roxburghつって,オーストラリアの人なの。ホームズって生粋の英国人なのに・・・なんで(豪州人)やねん!ってちょっと思った。しかもRichardさんってば『ムーラン・ルージュ』『M:I-2』『ヴァン・ヘルシング』とことごとく悪役を演じておられる
richard.jpg
悪役顔Richard Roxburgh

 ね?どう考えても,名探偵ホームズには見えないでしょ?バスカヴィル家の犬じゃなくて,あんたが事件起こしそうなんだよ!と本気で思った。
 そして ホームズの相方ワトスン医師役は,『ハリー・ポッターと賢者の石』でクィレル先生(ヴォルデモート卿に身体をのっとられる,頭にターバン巻いてた人)を演じていたIan Hart氏。
もうここまできたら,犯人は犬じゃなくてヴォルデモート卿じゃねーのか?とか妄想が入ってしまい,しまいには事件が解決してもなんだかすっきりしなかった私。
・・・やっぱ,BBCはゆるい。

 『バスカヴィル家の犬』から得た教訓。犬を見たら犬笛を疑え
posted by Deanna at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Movies I've Ever Seen(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事件おこしそう(笑)わかるかも
Posted by こじ at 2007年01月05日 01:28
>こじさん
昨夜は遅くまでメールに付き合ってくれてありがとう。
ちゅーか,やっぱりこいつはどこまでいっても悪役顔やね。ショーン・ビーンとかは悪役が多かったけど最近いい人に転身しつつありますけど。
Posted by Deanna(管理人) at 2007年01月05日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30813374
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック