2006年09月21日

LOST

昨夜、地元にいる同級生と電話で話していたら軽いノリで「こっち来る?」「おお、行く」とゆー展開になり、ホントに単車とばして友人が来ました。アホ?マジでアホ?
 友人ときたら、一番わかりやすい道を教えていたのに迷子になりまくり。だーかーらー、電車通りで曲がれって言ったのに、なんで藤崎宮で曲がる?そりゃ迷うよ。
 そして、今日は朝から「やっぱ単車はいかん。車を取ってくる」と地元まで帰って、車に乗り換えてこっちまできて(やっぱり迷子になりながら)、夕食を食べた後、さっさと帰っていきました。あんた、何しに来たと?ごはんだけ?週末に阿蘇に行くっちゃなかったと?だけん車取りに行ったとやろ?


 今日は、職場で本当に頭にくることがあって、怒りのあまり同僚をひっつかまえて怒鳴り散らしました(汗)。その同僚に責任があるわけじゃないんだけどね。「意図(会議の目的など)がつかめない(曖昧である、漠然としている)ので、1週間で会議の資料を作れとだけ言われて、書式だけ渡されても作れない。資料なんか、作る気にならない。あなたが書式を作ったんだから、今度の会議の意図をきちんと説明できるでしょう?できないの?だったら書式なんか渡すな!!」と。そうとうひどい言葉で彼を罵ったように思う。挙げ句に私ときたら、自分に課せられた仕事をリジェクトしちゃってるし(おいおい…)。でもね、ホントに納得できない仕事なのよ。
 夜になって、罵った相手から謝罪メールが。ふつうさ、こういう場合 謝るのは罵詈雑言を浴びせた私じゃん?あちゃー…と思って。ちょっと怒りが解けた。
 怒りの吸い取り紙の役割をしてくれる人がいるから、納得できない仕事でも折り合いつけれるところを探せるんだよね。私は、誰かの吸い取り紙になれてるんだろうか?



 以降、ホンットにどうでもいい話。
 先日、黒バラ(ブラックバラエティ)を観ていたところ、『幻の歌手 嶺鶯(みね うぐいす)』の紹介があっていた。全く売れないCDを発売し続ける彼女。彼女は久留米の六角堂広場で開催される何かのイベントで歌ったことがあるらしい。「あー。六角堂広場ね〜」と地元人の私は含み笑い。西鉄久留米駅近くのCDショップまで映ってたので、けっこう笑ってしまった。
 でね。あたし、嶺鶯っていう名前を知らないはずなのに、彼女の顔をどこかで見たことがあるなぁってずーっと思ってたの。大学の同級生からの情報で謎が解けた。彼女、過去に とある大学の講師かなにかをしてて、私はまったく関係のない勉強をしていたので面識はないけれど、そりゃ会ったこともあるわ…って感じでした。
 いかんよ、彼女を全国区にしたら。(と、本音をつぶやいてみる)。


posted by Deanna at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。