2006年09月13日

STAY(2005,U.S.)

この映画、熊本で公開されてたっけ??…記憶にないなぁ。でも、ユアンが出演してるから観てみよう。

STAY
精神科医のサム(Ewan McGregor)は若い男性患者ヘンリーから21歳の誕生日に自殺すると予告される。彼を気にかけるサムは思いとどまらせようと奔走するが、やがてヘンリーは失踪。一方、サムの元患者で恋人のライラ(Naomi Watts)は、サムから聞かされたヘンリーの話に興味を示す。

 正直に申し上げて、「んー。わからん…」と頭の中にハテナマークが飛び交う映画。ただ、ハテナマークを一つずつ整理していくと、なんとなく映画の輪郭が浮かんできます。
 この映画、サムが主人公扱いされてますが、最後の最後でどんでん返し。実は患者と思われていたヘンリーの妄想(空想)の中でサムが主人公だっただけで、結局ヘンリーの一人舞台だったのか〜!!!という結論に。
 だいたい、映画の解説に「精神科医のサムは若い男性患者から自殺を予告され…」「サムの恋人のライラ…」とか書いてあるから そういう先入観を持って観てしまうわけで、先入観を捨てて映画を観るのって難しいわね〜と思いますわ。
 で、この映画は何が言いたいのか、と。
 観客にモヤモヤ感を残したいだけなのか?脳内妄想の世界なら、別に精神科医じゃなくてもいいやん…とか思ってしまうのは私だけ?
ヘンリーの最後の瞬間、『いてほしい』という強い気持ちが引き起こしたこの映画。
最後の瞬間、人生が走馬灯のように駆けてゆくという話はよく聞きますが、ヘンリーの最後の瞬間は後悔に満ちていたようです。夢分析(したことないけど)…というか、あの映画の内容からすると、彼はやり残したことが多かったのかなぁと感じられるわけです。
 
 すっごいどうでもいいけど、ユアンのズボンの丈がやたらめったら短い(くるぶしカット☆)なのが笑えた。
posted by Deanna at 22:56| Comment(0) | TrackBack(2) | Movies I've Ever Seen(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ステイ STAY
Excerpt: ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、ライアン・ゴズリング主演 ネバーランドのマーク・フォースター監督 燃え上がる車の横でヘンリーが放心状態でたたずむ・・・・ ・・・・精神科医師サムが目覚め病院..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-09-16 23:07

映画ステイ もうすぐ発売
Excerpt: 今年の一押し映画が、9月2日に発売。劇場公開をしたのが6月はじめだったから、もう
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-06-07 20:16