2006年08月24日

今度は、減らす気らしい。

20060823-04662417-jijp-int-.jpg
↑太陽系惑星之図


 つい先日、『太陽系惑星が12個に増えるかも〜』というニュースが飛び込んできたばかりだったのに、今度は『冥王星、惑星から降格か!?』って…。
まぁね、冥王星の軌道は他の太陽系惑星が軌道を描いている平面(黄道面といいます)から17度もずれてるし。楕円型軌道だし。ちっちゃいし。惑星増やし過ぎるのも面倒だし(← 天文学者が集まって、その理屈はないんじゃないのか?とちょっと思ったけどね)。そもそも冥王星って惑星としてどうなん?みたいな話らしいですが。
 天王星にしても冥王星にしても、「どうも、惑星(海王星や天王星)の予想の軌道からそらせるには、この惑星の質量は十分でないぞ」というところから天文学者による探索が始められて、で、無事に天体を発見しましたーという流れらしい。すごいよね、理論や計算で惑星見つけちゃうなんて。まるでヴァルカン人。あたしにはできませんなぁ。私にできるのはですね、広大な宇宙を前に 自分はなんてちっぽけなんだ〜とぼけーっと感じてみたり、ビッグバンに始まる宇宙の輪廻転生を想像しては「やっぱ、宇宙って神秘であふれてるー」と思うことくらいです。
 赤色巨星(死にかけた惑星)の近くに行くと、体内の水分だかなんだかが蒸発して酩酊状態になるらしいですよ by Star Trek。よく覚えてないけど、そーゆーエピソードがありました。TOSの時もあったらしいけど(生前なので未見)、TNGでも第1シーズンでも同様のエピソードがありました。シリーズ始まってすぐくらいのエピで、こんなに乱れていいのか?と多少あわてました(笑)。ピカード艦長ももデータも若いって。若すぎるよ。ライカーはおひげがないしー。おひげがないライカーはダメー!

えらい話がそれましたが、
"The universe is perfect.
You cannot improve it.
If you try to change it,
you will ruin it.
If you try to hold it,
you will lose it."
ということですわ。あ、これ『アンドロメダ』第3シーズンの最後の方のエピソードの冒頭に出てくる格言(?)です。
 『アンドロメダ』は、スタートレックに次いで好きなTVシリーズなんです(のわりに、DVD揃えてません・焦)。なんでって、「宇宙の神秘」「自分のちっぽけさ」に気付かせてくれる いいエピソードが揃ってるから。ついでに宇宙への好奇心も育ててくれます☆

ついでに、もひとつ格言を。どっちかと言うと、昨日の記事にくっつけた方がピンとくるような感じです。ついでに、好戦的などこかの国の大統領や首相にもお伝えしたい言葉ですね。
 "Here's everything I know about war: somebody wins, somebody loses, and nothing is ever the same again."


 冥王星について ちっぽけな地球人が「お前は惑星だー」「いや、そうじゃない!」と言ったところで、あの天体は涼しい顔をしていつもと変わらず太陽の周りをまわり続けるのでしょうね。248年もかけて。
posted by Deanna at 03:00| Comment(4) | TrackBack(1) | Welcome To My World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
報道内容も二転三転して、何だか最後の最後まで、どう決着するのか判らないですね。客観的事実からすれば、冥王星を外して八つというのが自然なのですが、感情論に政治がらみになってますから、どう転んでもまた揉めるでしょう。特にアメリカ国内では、たとえIAUの議決が冥王星を外す事に決まっても、絶対に認めないと言い出すのでは。
Posted by X^2 at 2006年08月24日 17:50
>X^2さん
アメリカがごねるの、なんかわかるような気がします(苦笑)。冥王星はアメリカ人が見つけたからですねぇ。「残せー!」っていつまでも言い続けそう。
Posted by Deanna(管理人) at 2006年08月24日 19:32
冥王星の除外で決着したようです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060825k0000m040111000c.html
しかしアメリカでは「冥王星は惑星であると学校で教える」とかいう法案が提出させるのではないかな。
Posted by X^2 at 2006年08月24日 22:55
>X^2さん
ニュース速報で流れてましたね〜。
それにしても「ある程度の質量があって」って、けっこうアバウトな定義じゃないですかね?「月よりも小さいから、惑星じゃない」って…
宇宙は謎が多いから面白いのよね☆
Posted by Deanna(管理人) at 2006年08月24日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

惑星は八つだ、九つではない!
Excerpt:  前の記事で取り上げた惑星の定義問題は、議論が二転三転した結果、冥王星を惑星から除外して、惑星は八つとするという事で決着しました。客観的に見れば極めて妥当な結論ですが、歴史的経緯に感情論さらには政治が..
Weblog: Babylon5以外のメモ by X^2
Tracked: 2006-08-24 23:14

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。