2006年05月29日

Feel it with your heart!

 今日、中学生の女の子に‘What color do you like?’と尋ねられたので、私は‘Hmmm, I like blue and green. How about you?’と返してみた。彼女は一瞬迷った後 ‘I am blue!’と元気に答えてくれた。
 間違ってはないような気がする。「私は、青よ」
 ただ、いきなり‘I am blue.’と言われたら戸惑うと思う。

と、いうことで。今日の1冊(ホントは2冊)はコレ。

6189275.jpg


NHK教育で放送されていた『ハートで感じる英文法』が本になりました〜☆ この番組、めっちゃハマッて観てました。講師の大西泰斗先生が、マジであやしい。彼のあやしさがたまらない。
 お受験英語で頭につめこんだ知識をアッと覆してくれる『ハートで感じる英文法』。しこたまススメたい。


それではみなさん、以下の文を書き換えてみてください。
<冷蔵庫をあけたら牛乳がないことに旦那さんが気付き、奥さんにそれを告げました。奥さんの返事は以下の二通り>
1. I will buy a milk.
2. I ( ) ( ) ( ) buy a milk.
間違いなく99.9%の人が am going to と書き換えたはず。でも、willとbe going to 〜 には、もんのすごいニュアンスの違いがあるんですね。簡単に言えば確定してるかしてないかの違いなんだけど、そういうニュアンスをわかりやすく説明しているこの本。目からウロコです。
 *ちなみに、I will buy a milk.だと「え?牛乳なかったの?だったら買ってくるわ」というニュアンス。I am going to buy a milk.だと「牛乳がないことくらい、知ってたわ。買いに行くわよ!」というニュアンス。後者の答え方だと「知ってたんだったら、さっさと買っておけ!」と夫婦喧嘩のタネになるかも。

 他にもHe gave me the present.とHe gave the present to me.の違いとか、It's difficult to study English.とTo study English is difficult.の違いとか、「おぉぉぉ!」と感じる説明の数々。
ええ、丸暗記なんかやめて、この本を読みなさい。言葉はハートだってよくわかるはず。そして、お受験英語がいかに役立たないものなのかがわかるはず(それは言い過ぎ?)。
 『ハートで感じる英文法 −会話編−』もオススメです。
posted by Deanna at 21:20| Comment(0) | TrackBack(1) | My Favourite Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力
Excerpt: 英文法の解説書の本です。 著者は、NHKテレビ「3か月トピック英会話ハートで感じる英文法」 の講師を務めていた大西泰斗(ひろと)氏です。 β(□-□ ) フムフム この番組を見ていた人なら、この本に..
Weblog: こでぶのブーコの気まぐれブーログ
Tracked: 2006-06-14 13:05

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。