2010年09月13日

悪人

深津絵里ちゃんがモントリオール映画祭とやらで最優秀主演女優賞を穫ったとか、妻夫木くんがどーしてもこの作品を映画化したかったとか、その程度の前情報しかなかったけど、ぼけーっと佐賀の映画館に行ってみました。
そしたら!どこから湧いてきたとやろうかと思うくらいの人出で。
そりゃあ、長崎、佐賀、福岡で撮影しとるけん、佐賀人は見にくるとやろうね。でも、あの灯台は館山やろ?

映画は全編 九州弁。
深津ちゃんは大分出身やし、妻夫木くんは柳川やし、あんまり違和感はなかったなぁ。
樹木希林、あのばあさんすごいわ。


人が罪を犯す時って、やんごとなき理由があると思うのね。人を殺して死刑になりたかったとか、誰でもいいから殺したかったとか、そーゆーのは別として。
この映画も、誰が悪人ってことでもなく、それぞれのボタンの掛け違いなんやと思います。はい。

なんかもう切なくて、涙腺崩壊通り越して決壊しとりました。
そんでまた、譲の音楽がいいんだ。邪魔しすぎず、ちょうどよく流れてくる。
スパイ・ゾルゲの音楽とか、音楽がストーリーを壊しよったけんね。あれはないわ〜。
邦画で泣いたのは「手紙」以来です。


それにしても、妻夫木くんって、あんなボソボソしゃべれる人なんやねー。←私の中ではウォーターボーイズで時が止まってる…
posted by Deanna at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | My Favourite Movies(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。