2010年03月02日

PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF

ピーター・ジャクソン監督とオリンポスの神々?・・・違う。ピーター・ジャクソンならホビットと遊ぶはずだ。
「豆様(Sean Bean)がゼウス役」っていう理由だけで観てきた「パーシー・ジャクソンと稲妻泥棒」。
監督がクリス・コロンパスってだけで,あーもう子ども向けのご都合主義映画なんだろうなと勝手に予想しちゃうんだけど,そのまんまな映画でした。

未だ父親の存在を知らずに母親サリーと暮らしてきた17歳のパーシー・ジャクソンは、学校に溶け込めない落ちこぼれ。そんな彼も何故か水の中にいる時だけは心を落ち着かせることが出来た。だがある日、パーシーは、“ゼウスの稲妻”を返せ!と叫ぶ恐ろしいクリーチャーに襲われ、母がさらわれる信じがたい事態に遭遇する。また、学校のブルナー先生や親友グローバーらがそれぞれ“デミゴッド”というギリシャ神話の神々と人間のハーフであること、そして自分自身も海の支配者ポセイドンを父に持つデミゴッドだという衝撃の事実を知らされるパーシー。さらに彼は、全能の神ゼウスから何者にも勝るパワーを秘めた最強の武器である“稲妻”を盗んだ犯人と見なされてしまっていた。“稲妻”を2週間後の夏至までにゼウスのもとへ戻さなければオリンポスの神々が決裂し、地上は破滅の危機に追い込まれることから、パーシーは一刻も早く真犯人を突き止めて母を救い、“稲妻”をゼウスに返すため、仲間と共に重大な使命を背負う旅へ出るのだが…。


 ギリシャ神話を現代に持ち込むのは仕方ないとして,オリンポス山への入り口がエンパイア・ステートビルディングなのは何故なんだ?とか,そもそも盗んでもいない稲妻を盗んだって勝手に疑われて,あげくに「あんたのお父さん,ポセイドンだから」って言われて「はい,そうですか」って納得しちゃうのも はぁ?だし,だいたい 稲妻を盗まれて気付かないゼウス!! あなたが一番アホなんじゃないですかね? そして勝手に「お前の息子が盗んだ」って言いがかりをつけて,戦争をおっぱじめようとする…。
ゼウスとポセイドンとハデスは兄弟で,くじ引きでどの世界を治めるかを決めたんだって。くじ引きの結果,ゼウスは陸と空を,ポセイドンは海を,ハデスは冥界を統治。
まぁ,オリンポスの12神も好き勝手にやってて,自分のことしか考えてなくて,「えーい!戦争じゃ〜!!!」って・・・
あんた達,ホントに神さまなんですか?
まぁね〜,ゼウスの嫁さんってば嫉妬深いヘラーなのに,ゼウスはあっちゃこっちゃで女に手を出しては子どもを作ってヘラヘラしてたからね〜。
聖書に出てくる神さまより好き勝手…というか 人間くさい(爆)。

4代目だか5代目だか忘れたけど,ジェームス・ボンド役をやってたピアース・ブロスナンが出演してて,彼が「危険が迫ったらこのペンを使え!」ってパーシーに渡すのね。
たいして危険でもないシーンでペンを使うので,「もう使うのかよ!」と思ったら,ペンが剣に早変わり。
さすが,ジェームス・ボンドの飛び道具は一味違う(え?)。

そんで,稲妻泥棒の真犯人も最後にわかるんだけど(っていうか,2時間サスペンス劇場なみに登場した瞬間に怪しげな匂いがしたけどね),盗んだ理由も「はぁ?」だし,ゼウスも盗まれてあんだけ怒って戦争始めるぞ!って怒鳴ってたわりには何のお咎めもないし。
それでいいんですか!?

あたくし的にはメデューサ役のユマ・サーマンがいろんな意味でかわいそうでした。後半 首だけの出演(怖)。
彼女のお屋敷に停まっていた車はプリウスでしたね〜(関係ない)。


突っ込みどころ満載な映画でしたが,豆様がかっこよかったので許します。あぁ。豆様。あなたになら怒られてお星様にされて天に昇らされてもかまいません(泣)。
posted by Deanna at 13:53| Comment(4) | TrackBack(0) | My Favourite Movies(O〜Z) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ギリシャ神話の神様って
人間臭いトコロが魅力ではありますが
だからって、迷惑を被る人々にとってはいい迷惑ですよね。

あ〜〜映画は久しく観に行ってないです(><)

Posted by kow at 2010年03月02日 18:30
> kowさん
かなり「いい迷惑」なお話でしたよ(爆)。
映画ねー。シャーロック・ホームズは面白そうよ♪
Posted by Deanna at 2010年03月04日 16:28
物議をかもしたシャーロックホームズですね。

昔、N●Kで放送されてた
イギリスTV局が製作の
シャーロックホームズはずっと見てましたね。
最近、DVDも見ましたが
面白かったです。
Posted by kow at 2010年03月08日 21:29
> kowさん
あー。予告を見たけど…あれは確かに物議をかもすわね(苦笑)。
ジュード・ロウの胸毛に免じて許してやってください。
Posted by Deanna at 2010年03月09日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142563862
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック