2006年02月28日

Michael Rosen's SAD BOOK

0763625973.01


 先日テレビで紹介されていた絵本です。ちょっと気になったので原書を購入。イラストはCharlie and the Chocolate Factoryの挿し絵も描いたQuentin Blakeです。谷川俊太郎さんの訳で日本語版の本もあります。
 SADだからって、社会不安障害ではありませんよ。日本語では『悲しい本』となっています。
 一見、手に取りたくないような本だとおもいません?絵本って、もっと楽しいこと・夢のあることがつまっている1冊だというイメージがあると思うのです。なぜに絵本で『悲しさ』を扱わなければならないのか。不思議でたまらない。
 不思議に思ったそこのあなた、是非 この本を手に取って読んでみて下さい。読んだ後、あなたの心に何が残るでしょうか?悲しみ?それとも別のもの?
posted by Deanna at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | My Favourite Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13898298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック