2009年08月09日

Eternal Chain

押尾コータローさんのNew Album “Eternal Chain”が届きました黒ハート クラシックのお勉強はちょっとお休みして,コータローさんのギターの音色を聴いてます。
彼のアルバムは毎回テーマがあって,今回は『絆』。
この時期だからなのか,夏っぽい感じもします。「楽園」とか「日曜日のビール」とか(笑)。真っ昼間からバーベキューやってそうな。う〜ん。景色が浮かんでくる音楽だなぁ。
どっちかと言うと,いわゆるジャカジャカ系の曲が多いけど,聴けば聴くほど その景色に吸い込まれていく感じがします。アルバムの構成も,ものすごくこだわりがあるんだろうなぁと。
私は,どーしてもギターのフレットとやらに馴染めなかったわけですが,ここまで自在にギターを弾いてしまうコータローさんって,やっぱりすごーい!
今年のコンサートは行かないけど(国際会議場とか交通の便の悪いとこまでどうやって行けと?),コンサートに参加される方々,楽しんできてくださいねー。


さてさて。
聴き終わったので,クラシックのお勉強に戻ります。
まだアメリカに渡る前のドヴォルザークさんとお話して,その後,チャイコフスキーさんとロシアの古い伝承歌についてお話してみます。

9月の終わりくらいにアンサンブルフェスティバルに出るんだけど,私の希望でチャイコフスキーの弦楽四重奏〜2楽章(通称Andante cantabile)をすることになってね。初めは,好きな曲を弾けるだけで幸せ黒ハートとか思ってたけど,欲が出てきて「チェロ!もっと下から攻めてきて!」「1st!そこはもっとねちっこく弾いてよ!」とか言いたくなって仕方がない。ロシアだよ。こってこてに弾かずしてどうやって表現するのさ?
…と,チャイコフスキーに関しては貪欲なくせに,他の曲はあまり自己主張したがらない内気な私なのでした。
posted by Deanna at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | My Favourite Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
逮捕されてない押尾さん、聴いてみました。
いいですね。リズムのいいのが多いですが、いろんな楽器と共演じゃないのでシンプルで聴きやすいです。けっこうお気に入りです。知らなかったなー。

昨日のVoyagerにもトロイとバークレー再出演でした。
Posted by さがたく at 2009年08月09日 22:25
さがたくさん
コータローさん,いいでしょう?
ギター1本でここまでやるか?的なテク。ライブで聴いたら,手のでかさとあまりに多彩な表現力にびっくりしますよ。


トロイとバークレー?意外な組み合わせ。Voyagerはちゃんと見てないんですよ〜。いつかDVDそろえたいな。
Posted by Deanna at 2009年08月09日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック