2005年12月10日

Memoirs of a Geisha/SAYURI(2005,U.S.)

SAYURI
貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(大後寿々花)。そこには、千代と同じ境遇のおカボ(工藤夕貴)という少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃(Gong Li)がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”(Ken Watanabe)と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛ける。この一瞬の出会いが千代に確かな希望をもたらした。以来、芸者になって会長さんにもう一度逢いたいと夢見る千代。15歳の時、そんな千代に転機が訪れる。一流の芸者、豆葉(Michelle Yeoh)が千代を芸者として育てたいと申し出たのだった。そして、豆葉の厳しい指導の末に千代は芸者“さゆり”(Zhang Ziyi)となり、やがて花街一の芸者へと花開いていくのだった…。

 なんて感想を書いていいのかさっぱりわかりません…。一言で言うと『おもしろくなかった』に尽きます。噛み砕いて言うと、何を言いたいのかわからなかったってことです。製作がスピさんって時点で何も期待してはいけないとはわかってたんですけど、宇宙戦争以来。
 中国人が日本人−しかも芸者−を演じたってことを差し引いても、面白くなかった。日本人にとっても『芸者』の世界は独特なものだと思うのですが、Zhang ZiyiやGong Liが芸者の世界をきちんと表現できていたのか?と問われると、疑問が残るわけです。
1.絶対に着物の着方がおかしい。お端折とか、帯とか…。気になってしかたなかったです。
2.全編英語のセリフなら英語で徹底すりゃいいのに、妙なところで日本語が出て来るので違和感がある(お姐さん とか おかあさん とか…)。どうせなら、『ラスト・サムライ』のように日本語でしゃべって英語字幕をつけるくらいの勢いで製作してほしかった。みんなお国訛りの英語で喋るから、聞いててイライラするのよ!いっそのこと、吹替え版を観た方がよかったのか?かと言って、もう一度この作品を見ようとは思わない。
3.汽車の駅で『都 みやこ』って何なのさ!?
4.昔は、相撲は京都でもやってたんですか?京都場所ってあったの?ねぇ?舞の海さんよぉ!
5.芸者さんって、あんなに着物の袖をブンブン振り回して踊るものなんですか?品がないったらありゃしねぇ爆弾
6.京都の道はあんなに曲がりくねってていいんですか?京都って、碁盤の目のようになってるんじゃないのかい?
7.Yo-Yo Maの演奏は好きだが、John Williamsの音楽は嫌いだ。どういうイメージで曲を書いたのかわかりませんが、いちいち耳障りな感じがして…(これは私の主観ですから)。
8.おカボっていう名前、どうにかならなかったのでしょうか?他の芸者さん達は芸者さんっぽい名前なのに、おカボって…たらーっ(汗) しかも、元の意味は『カボチャ』だよ。
 
 もう、気になることを挙げていったらキリがないよ。でも、海外から見た『日本』『芸者』って、こんなイメージなんだね…っていうのがなんとなくわかりました。「芸者として一人前になるまでの話」っていうよりは、むしろ『女の争い 〜京都編〜』みたいな。
出演者がZhang Ziyiのことを「着物を着ての踊り等、よく頑張っていた」と評価していたけれど、女優なら努力の跡を見せないくらいに演じてしまうのが当たり前だろうが!!「頑張っていた」程度で誉められるような女優でおわってほしくないなぁ。大後寿々花ちゃんに期待!

きっと今後も賛否両論巻き起こるであろうこの映画、私は二度目はないなと思います雪
こちらもよろしくねかわいい人気blogランキング
posted by Deanna at 23:09| Comment(6) | TrackBack(50) | Movies I've Ever Seen(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
TBありがとうございました。
そうなんですよね、疑問の数々私と同様です(笑)
でも、目をつぶりました(爆)
ハリウッドの「見たい」ニッポンなんですから・・。
俳優さんたちの迫力に拍手をあげたいです!
Posted by ミチ at 2005年12月11日 17:35
Deannaちゃんコンバンハ☆
この作品、だいぶ気に入らなかったみたいですね。よ〜〜くわかります。^^
まぁでもパラレルワールドってことで一つ!SFだと思って観ちゃった母は、これはこれで不思議にも不気味にも楽しかったですよ♪
原作にストーリーは沿っていたけれど、雰囲気は、まさに別物の部分が多かったですねぇ。
>大後寿々花ちゃんに期待!
よく頑張ってましたね〜可愛かった!
彼女が鳥居を走り抜けるシーンは忘れられません。
今回はお先にTBさせて頂きました。^^


Posted by ラクサナ at 2005年12月13日 00:16
>ミチさん
ハリウッドが観たい日本ですよね。違和感がありすぎてどうしても馴染めなかった(泣)。

>ラクサナおかーさま
異星人とファーストコンタクトした時のような衝撃をうけた作品ですわ。
パラレルワールドだと思えばいいのね。わかったわ、お母さま!!ゲイシャファンタジーな映画ですものね。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年12月14日 20:16
>『女の争い 〜京都編〜』
その通り。
私も共感できませんでした。
Posted by マダム・クニコ at 2005年12月27日 12:39
>マダム・クニコさま
TB&コメントありがとうございます。
この映画,賛否両論みたいですね〜。共感できない仲間がいてよかったですー。
Posted by Deanna(管理人) at 2005年12月27日 22:46
>きっと今後も賛否両論巻き起こるであろうこの映画、

映画サークルでも、カンカンガクガク。
すごい議論が続出して、とても楽しめました。
Posted by マダム・クニコ at 2005年12月29日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

SAYURI
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2005-12-11 03:52

SAYURI(12月10日公開)
Excerpt: 貧しい漁村に生まれ,幼い頃に祇園に売られた娘・さゆり(チャン・ツィイー)が,心優しい「会長」(渡辺謙)に会いたいという強い思いから一流の芸者を目指し,会長との再会を果たすが……. ヒロインの..
Weblog: オレメデア
Tracked: 2005-12-11 11:51

またまたスピルバーグにかちーん ??SAYURI??
Excerpt: 昨日「シンデレラマン」を観た時に予告編があったわけですよ。 「SAYURI」公式サイト スピルバーグ監督の「SAYURI」。 なんでも日本が舞台の芸者の話だとか。ほうほう..
Weblog: アンチハリウッド!な映画部ブログ
Tracked: 2005-12-11 12:35

全員が英語をしゃべる日本人の映画 SAYURI
Excerpt: ハリウッドの映画『SAYURI 』が話題です。 日本人から、渡辺謙、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴が出演していることでも注目ですが、個人的には、チャン・ツィイーやコン・リーも大好きです..
Weblog: Gallery&E-Shop アリアSTAFFのつぶやき
Tracked: 2005-12-11 13:03

SAYURIの世界観
Excerpt: 12月10日(土)に日米同時公開された「SAYURI」を封切りで観てきました。 あのスティーブン・スピルバーグが原作である「Memoirs of a Geisha」の映画化権を 獲得したと聞いたのは「..
Weblog: ♪Purenaheartの青空散歩♪
Tracked: 2005-12-11 13:54

SAYURI
Excerpt: アメリカ 146分 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー     渡辺謙     ミシェル・ヨー     役所広司 貧しい漁村に生まれ9歳で花街の置屋に売られた少女・千代..
Weblog: Saturday In The Park
Tracked: 2005-12-11 15:23

『SAYURI』の世界・祇園あれこれ
Excerpt: 『SAYURI』の中で、一番リアリティを感じたのは工藤夕貴さん演じる舞妓の「パンプキン」。 しかしこの名前何とかして欲しい。ちょっとヒドイんではないかい? 彼女の舞妓姿はスタンダード舞妓さん!..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2005-12-11 15:59

映画「SAYURI」
Excerpt: 映画館にて「SAYURI」★★★★ ストーリー:幼いころ祗園の置屋に売られた千代は、不思議な瞳をした美しい少女に成長し、その魅力を武器に一人前の芸者さゆり(チャン・ツィイー)としてデビューする。 ..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2005-12-11 17:31

SAYURI
Excerpt: う??ん、「細かい所は気になるけどなかなかやるねぇ」と観た後言いたい と思ってたんですが、どうなんでしょう。かなり微妙な映画だと思いました。 日常的な話題の中でツッコまれまくる映画かも。 ..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2005-12-11 18:07

「SAYURI」
Excerpt: 両国国技館にて「SAYURI」“MEMOIRS OF A GEISHA”ワールドプレミア in JAPAN 鑑賞。 国技館で映画を観る。しかも「SAYURI」のワールドプレミアという事で、映画その物よ..
Weblog: 試写会帰りに
Tracked: 2005-12-11 18:28

SAYURI
Excerpt: ずいぶん前からの予告編に魅かれて待ちに待ったSAYURI。 アメリカが描いた日本の伝統的な文化と美しい映像。 実際に期待以上の艶やかな日本の文化が描かれていた。 ストーリーはある芸者..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2005-12-11 20:09

SAYURI
Excerpt: 《SAYURI》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - MEMOIRS OF
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2005-12-11 20:27

スピルバーグ映画 SAYURI
Excerpt: スティーブン・スピルバーグ総指揮の映画「SAYURI」は、日本の文化をちりばめた異色の作品とあってアメリカで話題になっている。SAYURI はアーサー・ゴールデンのベストセラー小説「さゆり」に基づき、..
Weblog: Gotz Blog
Tracked: 2005-12-11 20:40

SAYURI / Memorirs of a Geisha
Excerpt: 5年くらい前から、ハリウッドで「さゆり」を映画化すると聞いてた。それも、スティーブン・スピルバーグで。 その当時、主演は工藤夕貴と予定されてて、いつになったらやるのかな〜と思ってたら 忘れた頃にやって..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2005-12-11 22:05

SAYURI
Excerpt: 予告編を観て「面白そうだな」と思っていても、観る優先順位は下の方で、もしかしたら観ないかもしれない、と思っていた。それがどうしたことだろう。前売り鑑賞券まで購入し、公開初日に観てしまった。それだけ惹き..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2005-12-11 23:44

『SAYURI』
Excerpt: ----これもまたお正月映画の話題作だね。 最初スピルバーグが監督すると言う噂もあったようだけど。 「うん。結局は『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督。 日本を舞台にした映画と言うことで、 主役のさゆり..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-12-12 01:15

SAYURI
Excerpt: 今までの日本を舞台とした映画だと、外国の人が思い描いてる日本って感じの映画が多いのですが、 『SAYURI』は、そんなこともなく日本人がみてもそれほど違和感なく観れるのではないかと思います。 ただ、日..
Weblog: ブログ:映画ネット☆ログシアター
Tracked: 2005-12-12 09:30

『SAYURI』を観て来ました!
Excerpt:  2005年12月12日 『SAYURI』観賞レビュー! 原題 Memoirs of a Geisha 絢爛 無垢 毅然 『SAYURI』ポスター画像 ちと、大きい画像..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2005-12-12 09:42

「SAYURI」をみた。
Excerpt: 「休憩は1分だけです  ラスト2分が勝負」by安西監督(湘北バスケ部) どうも、週末は映画を見る日なってる今日この頃です。 ずーっと公開されるの待ちに待っていた映画・・・ 気合??
Weblog: 今日も明日もカエラと映画とマンガ
Tracked: 2005-12-12 13:49

噛ませ犬の嵐 「SAYURI」
Excerpt: 評価:55点 SAYURI 最初のシーンは日本語だったのですが、列車に乗って、置屋に来たころには全編英語になっておりました。 トンネルを抜けたらそこは雪国的な感じで、列車に乗ったらそこはJAPA..
Weblog: 平気の平左
Tracked: 2005-12-12 14:04

『SAYURI』、観ました。
Excerpt:  『SAYURI』、映画館で観ました。 貧しさゆえに置屋に売られたひとりの少女。辛く
Weblog: 肯定的映画評論室ココログ支店
Tracked: 2005-12-12 14:06

SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA
Excerpt: チャン・ツィイー、渡辺謙主演 チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった 千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当た..
Weblog: travelyuu とらべるゆうめも MEMO
Tracked: 2005-12-12 14:16

SAYURI/チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、大後寿々花
Excerpt: アメリカ人ってのはよっぽど芸者が好きなんでしょうね。しかも、やっぱり日本人とはどうも観点がズレてるし(笑)。しかし、この作品、感想書くのが難しいなぁ。だって物語としては平凡で何の感動もないんだもん。そ..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2005-12-12 18:11

SAYURI??memories of Geisha
Excerpt: まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日..
Weblog: 毎週水曜日にMOVIE!
Tracked: 2005-12-12 18:17

映画館「SAYURI」
Excerpt: 予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-12-12 19:48

映画「SAYURI」 洋画作品だが、邦画作品でも十分通用する
Excerpt: 「SAYURI」は製作スティーブン・スピルバーグとそのスタッフが結集して日本の芸者の世界を描いた作品である。邦画中心の私がこの映画を見る事事態が珍しいのだが、外国人が作る日本を題材にした映画がどう描か..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2005-12-12 21:39

SAYURI
Excerpt: スティーブン・スピルバーグ製作。「シカゴ」のロブ・マーシャル、監督。 世界中が注目するハリウッド作・日本の世界「Memoirs of a Geisha」 (邦題 SAYURI)がやっと、ベールを脱いだ..
Weblog: 映画−CAN
Tracked: 2005-12-12 21:42

SAYURI
Excerpt: 同じシネコン内でのはしごは何回もしたことあるけど、今回はシネコンのはしご[:GO!:]しちゃいました。なかなか忙しい1日でした〜[:たらーっ:] 監督と主演女優が日本人じゃない!ってことにちょっ..
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2005-12-12 21:45

SAYURI
Excerpt: アーサー・ゴールデン著の、祇園の花柳界に生きたさゆりという女性の半生を描いた原作の映画化。 原作は、元芸妓であった新田さゆりという女性が、晩年にアメリカで知り合った歴史家に自らの半生を語るという内..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2005-12-13 00:14

SAYURI(MEMORS OF A GEISHA)
Excerpt: その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-12-13 02:14

『 SAYURI 』
Excerpt: 週末は『SAYURI』鑑賞へ ・・・ビミョー{/face_ase1/} 「日本」というより「ニッポン」「JAPAN」といった感じ。 欧米人が好きそうな Oh〜、Geisya!ってな具合。 なぜだか..
Weblog: My Style
Tracked: 2005-12-13 10:33

SAYURI これから見に行きます
Excerpt: 見に行こうかどうしようか迷っています。 ご意見お聞かせください。 現代でも外国人から見た日本はまだまだゲイシャ、サムライなのでしょうか。 外国から日本に来にくいのは言葉の壁ですかね。..
Weblog: Shinri-Xの毎日楽しく頑張っていこう!
Tracked: 2005-12-13 13:23

SAYURI
Excerpt: 目には見えない凄い力を持っている作品。この映画で魅せる表現には嫌というほど引き込まれました。この作品で魅せる瞳、瞳、瞳。これには誰もが虜になることでしょう。
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-12-13 21:26

SAYURI:Memoirs of a Geisha
Excerpt: 一葉の 想いを糧に 身を託す   当初、スピルバーグ自身が監督する予定だったらしいけど、多忙故、製作に回ってロブ・マーシャルに監督まかせたらしいけど、本当かなあ、多忙って理由。  構想の段..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2005-12-14 12:17

SAYURI
Excerpt: 一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。主演は「HERO..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2005-12-15 12:46

『SAYURI』★★★★・85点
Excerpt: 『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/..
Weblog: ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
Tracked: 2005-12-15 12:58

★「SAYURI」
Excerpt: 公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2005-12-15 22:48

SAYURI
Excerpt: 満足度★★★★ シカゴのロブ・マーシャル監督作品であり、 米作家アーサー・ゴールデン作のMemories of Geisha(邦題さゆり)を完全映画化し 日本人役者も大量に出演し話題のこの作品。..
Weblog: 和日和
Tracked: 2005-12-17 14:02

現実の「SAYURI」たちは…
Excerpt:  京都でも雪が舞った。寒い日曜日。明日朝、積もっていると出勤が難儀やなあ。夜、「下鴨茶寮」からのお招きで、「ギターの調べと『聖夜懐石』の一会」という催しに行く。下鴨茶寮は伝統的な懐石の店だが、いろいろ..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-12-19 11:43

FUN×4
Excerpt: 「水面(みなも)に映る影は静かに漂う」
Weblog: FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して??
Tracked: 2005-12-21 00:53

SAYURI
Excerpt: 事前にいろいろと賛否を見聞きしていたので、なるべくフラットな気持ちで鑑賞しようと心に決めて、劇場に向かった。これはアメリカ、ハリウッドが描いたファンタジーな..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2005-12-21 13:25

SAYURI/ロマンティック・ラブ・イデオロギー
Excerpt: 本作のテーマは、家父長制文化の中で女性の従属的位置を認める”ロマンティック・ラブ・イデオロギー”である。 SAYURI  ロブ・マーシャル監督の前作「シカゴ」は、男性優位の文化に意義申し立てをすると..
Weblog: マダム・クニコの映画解体新書
Tracked: 2005-12-27 12:41

SAYURI
Excerpt: この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-12-29 00:57

SAYURI
Excerpt: “SAYURI”を観に行きました。 昭和初期、貧しい漁村に生まれた姉妹は借金返済のため花街に売られる。姉は女郎屋へ、妹は置屋へ。9歳の妹千代は、唯一人やさしい言葉をjかけてくれた“会長さん”との..
Weblog: たにぐちまさひろWEBLOG
Tracked: 2006-01-03 12:36

SAYURI
Excerpt: 貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 ..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-01-03 17:13

SAYURI(さゆり) 「シカゴ」の監督が描くエキゾチックジャパンの美、おめでとうチャン・ツィイー
Excerpt: タイトル:SAYURI   ジャンル:女のドロドロと純愛/2005年/146分 映画館:京都・TOHOシネマズ二条プレミアスクリーン(68席) 鑑賞日時:2006年1月4日(水),15:45〜 68席..
Weblog: もっきぃの映画館でみよう
Tracked: 2006-01-10 01:11

SAYURI
Excerpt:  映画を観る前から前評判などあまり気にしませんが、いやでも耳や目から入ってくることがあります。  すなわち、今年のお正月映画は両極端な作品が
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-01-10 06:40

●眼差しだけで男性を魅了しちゃう☆●
Excerpt: 現在ロードショー中の映画「SAYURI」(原題「MemoirsofaGeisha」)ハリウッドがおくる、純愛ファンタジー映画です。主演のチャン・ツイィーはそのインタビューの中で、「“美しさ”はその人に..
Weblog: 珍しいモノ☆ヘンなモノ大図鑑
Tracked: 2006-01-25 17:21

Geisha映画
Excerpt: 水曜日から上映されていた「Memoirs of a Geisha」、今日見てきた。 タイトルの通り、ある一人の芸者の回顧録。 分かり易い内容で、そして出演者の英語が聞き取りやすい。 ..
Weblog: JOCV セブねっと
Tracked: 2006-02-27 21:52

「SAYURI」見て日比谷公園を散歩
Excerpt: ハリウッド映画「SAYURI」が日本で公開されたので、早速見に行って来ました。
Weblog: diary
Tracked: 2006-03-19 01:44