2016年05月19日

課の歓送迎会にて

課の歓送迎会で何か出し物を…と言われて、伴奏CDをかけながら色んな曲を練習したけど伴奏CDはその場の空気に反応してくれるわけではないので弾きづらい。
そんな時に、うちのジェントルマン課長がギターを弾くという話を聞いたので、思いきって伴奏をお願いしてみたところ、「マジで?もう何年も人前で弾いてないよ」と言いつつも快諾してくださいました。

そんな課長とのセッションに選んだのは「花は咲く」。
オケで弾いた時は全然面白みがなかったのだけど、まともにメロディを弾いてみると想像以上に音域が広くて、そこそこ難易度が高い。でも弾いたらそれなりに聴こえる曲らしい、ということを発見。
本番1週間前に課長に手書きの楽譜にコードを入れたものを渡したところ「うわ!手書きしたん?」と驚かれておりましたが、そこはさすがジェントルマン課長。「僕ね、本番一発で合わせる自信がないから、申し訳ないんだけど事前の練習につきあってもらっていい?」ってものすごーいジェントルマンな雰囲気で言ってこられたので私も断れず。
本番2日前に練習。
その練習の直前に「ね、みんなに歌ってもらうっていうの、いいんじゃないかな?」「あー、それもおもしろいかもねー」と同僚と軽いノリで決定し、前奏→メロディをバイオリンで弾く→みんなで歌う→後奏 で終わり、という進行にしました。
いきなりの変更に、課長は「え⁉︎ 何回弾けばいいとかいな?」って戸惑ってたけど、そこはまたジェントルマンなのでジェントルマンな対応をしてくださいました。

そして本番。
ジェントルマン課長が「皆さんと美しいハーモニーを奏でたいと思います!」なんて挨拶をなさったから、わたし、「げっ!間違えたらどうしよう」って緊張し始めてしまいまして、出だしでトチリました(汗)。
けど、ジェントルマン課長のナイスアシストのおかけで、演奏自体は大きな間違いもなく終了。皆さんの大合唱もうまくいきました。けっこうちゃんと歌ってくださってた。ありがたや〜。

歓送迎会終了後に一番感動したのは、課長も私も「みんなで歌った後、なんか会の雰囲気が一気に良くなったよね?」っていう空気をお互いに感じてたこと。なんかね、みんなニコニコしてたんだよね。
立って歌ってもらったのが良かったのか、生演奏だったから「なんかよくわからんけどすげぇ」って思ってもらえただけなのか、それは私にもわからない。でも、「音の力って、すごいね」と課長と確認しました。

アンコールの声もいただいたのだけど、今回は1曲だけ、という約束だったので、課長ったら「また次回!」つって逃げたの。
いや、そんなこと言ったらまた弾かなきゃいけなくなるよ?って思ったけど、課長は本気で出演依頼を待っている様子。
それはそれでおもしろいからいいや。

私も本番を楽しめました。歌ったり弾いたりみんなを指揮したり大変だったけど、それもいい経験だと思います。
演奏の機会を与えてくださった皆さん、そして一緒に曲を楽しんでくださった皆さん、無理に演奏を依頼したにも関わらず、きちんと練習してそばでアシストしてくださったジェントルマン課長に感謝します。
posted by Deanna at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする