2016年05月05日

大型連休2016

今年の大型連休は微妙な飛び石具合。私は暦どおりの勤務なので、4月29日(金)〜5月1日(日)と5月3日(火)〜5月5日(木)はお休みでしたけど、2日と6日は仕事ってなんか微妙だなぁ…という感じでした。

お休み中、ほとんど何もせず、4月中の疲れを癒すべくひたすら寝ていました。それこそ家族から「生きてる?」と心配されるくらいに。


九州に住んでいながら全く言及してませんでしたが、4月14日午後9時半頃と4月16日午前1時半頃、平成28年熊本地震がありました。
14日はまだ仕事中で、私の職場は高いビルの16階なのでそれなりに揺れを感じました。同僚も何人か残っていて仕事をしていたので心細くはなかったけれど、震源地が熊本と聞いて古い友人たちのことが心配になりました。
16日の大きな揺れの時にはさすがに自宅にいましたが、なかなか揺れが収まらず、夜中だし暗いし、携帯電話はビービー鳴るし、怖いっつーの!と思いながらベッドにしがみついてました。いま思うと、ベッドにしがみついてても何もならんねん…

数日後、熊本の友人から連絡が来た時には本当に安堵しました。
また、元職場はまさに震源地である益城町にあるのですが、なんとかなっているようだという話を耳にし、今さら私がしゃしゃり出ていく必要もないだろうと思って、特に連絡はしていません。
さらに心配していたのが私が所属している教会なのですが、建物自体は無傷ではあるけれど、断水等の被害もあり、また、近所の方々の避難所としても利用されているようでした。
お手伝いできることがあれば…と思い、牧師さんに連絡をしたところ、大型連休中はボランティアが溢れるだろう、とのこと。被災地の方々に逆に迷惑になってはいけないので、連休明けにでもお休みを取って熊本に行こうかと思っています。

私は、日本人が考えている「ボランティア」の定義がいまいち理解できない人間です。なんでもいいから無償で仕事したらボランティアっていう感覚。そして「ボランティアしませんか?」ってみんなで集まらないと活動できないっていう感覚。
一番意味がわからないのが、企業とかがイベントをやろうとして、スタッフが足りないからボランティア募集します!っていう広告を出すというパターン。
何なのかしらね、自分のとこのスタッフでは賄いきれないような人数でやらなきゃいけないイベントって。
最初からやらなきゃいいじゃん。
あと、学校に「ボランティア部」があったりとか。
なんなの、それ。
部活動でやらなきゃいけないようなボランティアってなんなの?

元々の意味って「自発的に」行う無償行為のことのはず。
日本語では「自発的に」の部分がごっそり抜け落ちているらしい。

言っても仕方ないから言わないけど。

さ、明日も仕事だからもう少し寝よう。
5月はもう少し平穏な日々になるはずだったのに、全然平穏じゃない。
仕方のないことだけど、なんか心の平穏を保てないからイヤだなぁって思う。
posted by Deanna at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする