2016年08月11日

テレパスというかエムパスというか。

褒められて嬉しくない人はいないと思う。
私も褒められたり認められたりしたら嬉しくなる。だけどその嬉しいという感情を表出することができない。


約1ヶ月前、仕事上のアイデンティティを壊されるような出来事があった。私はとても腹立たしくなって、私をその仕事から解任しろと上司に迫った。
その時、判断を先延ばしにしようとした上司に、今すぐ結論を出せとまで言った。
私はあの時の自分の判断が間違っているとは思ってない。
だけど、私のアイデンティティを全否定したという事実を上司に認めさせないことには気がすまない。

この1ヶ月、自己否定と自己肯定の間でひたすら揺れ動いていた。
もう限界だった。
上司をつかまえて、言いたいことを言いたい放題言った。
「自分から解任を申し出たでしょう?」「あなたはきちんと理論立てて自分の考えを説明してたし、一時の感情で話してるようには見えなかったけど…」
上司からはそう言われた。

あなたは私のことを何も理解していない。
自分が一番大切にしているものを全否定された時にどうやって自分を守ろうとするか、あなたはわからないんですか?
あの時私はとても怒っていたし、それと同時に否定されて崩壊しかけている自分のアイデンティティを守るために理論武装をしたんです。
それを見抜けないなんて、あなたのアセスメント不足としか言いようがありません。

上司は「アセスメント不足ねぇ…」と言ってしばらく黙り込んでしまった。
そして「そこまでの思いをかかえて、よく黙って仕事を続けてたね」と。
別に黙って仕事を続けていたわけではない。なんとなく出勤したら、目の前に仕事が山積みになっているから仕方なく・なんとなく片付けていただけだ。
この1ヶ月、上司からは何ひとつ認めてもらってないと思っていたので、あぁ、なんだ、見てないようで見てたんだ…とは思った。


元上司は、私が言ってほしいタイミングで直接的な褒め言葉を言ってくれる人だった。褒められても私は素直には喜ばなかったが、認めてくれる上司がそばにいるだけで励みになった。
元上司は、私が決して素直に喜ばないことに気付いていて、「おまえはなぜそうやって周りにバリアをはって、虚勢をはって生きているのか」と言ってきたことがある。
私はそう簡単にはシールドを下ろさない。
シールドを下ろすと、外界と自分の境界が曖昧になり、曖昧になるとソーシャルワーカーとしてのアンテナの感度が鈍るような気がするからだ。
「ソーシャルワーカーの自分」ではない時はだいたい一人で過ごすことが多いので、虚勢をはる必要もなければシールドを上げ下げすることもない。
そんな自分にも疲れてきたら、誰からも追いかけられないところ(例えば海外)まで逃げる。
誰かに必要とされてるんだなと思えるようになれば帰国するし、そうでないなら読書をして誰かの人生の中に潜り込む。
私は今後も決して誰かに素の自分を見せないだろうし、素の自分に戻りたければ一人になることを選ぶだろう。

話が逸れてしまったが、元上司は言わなくても私の感情をなんとなく感じ取っていたようで、私が静かに怒っていたとしても怒りが頂点に達する前になだめすかしてくれていたし、泣きそうになっていればなんとなく気を遣って笑わせてくれていた。
彼は私の感情を読める人だった。
決して今の上司が悪いわけではない。同じ職場になって数ヶ月程度で理解しあえるはずもない。私自身も今の上司のやり方に慣れるべきなんだろうと思う。
だけど元上司のようには甘えきれない。シールドも下ろせない。私の中に侵入してきていいとは言えない。安心できない。
何がどう違うのかはわからない。
たぶん、アンテナの周波数が違うだけ。




そうそう、今日の昼過ぎ、なぜか小学生の頃の担任の先生のことを思い出していた。その先生はオケ仲間でもあるK子ちゃんの恩師でもあり、私とK子ちゃんはいつも「一緒に先生に会いに行きたいねー」と話していた。
そうしたら今日の夜、K子ちゃんから連絡が来て、「来週、一緒に会いに行かない?」と言うから、もうびっくり。
テレパスか⁉︎

偶然だか運命だかわからないけど、こういうことが時々ある。
なんとなく考えてたことが形になって目の前に現れたり、誰かのことを考えていたら相手から不意に連絡が来たり。
なんのパワーなんだろうか…
posted by Deanna at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

特に何か書きたいことがあるわけではない

最近のできごと
妹の家で飼っていた白いネコの「あいちゃん」。
メス猫だと思っていたら、オスだと判明。名前はあいちゃんから「愛之助」に変更。通称らぶりん。



暑いからなのかなんなのか、とにかくやる気が出ない。
毎朝頭が痛い。
痛み止めを飲んで出勤。
胃が荒れる。
やる気がないのに反比例して、私の仕事量は増えていく。
なんだろうなー、「やる気なくしてる場合じゃないよ!」って神様が言ってるんだろうな。



今上天皇が「象徴天皇の在り方」について、お気持ちを述べられた。リアルタイムでお言葉を聞くことができなかったので、帰宅して、動画で拝見。
こんな小さな島国にバカみたいな人口を抱える日本国において、ただ1人、「象徴天皇」というお立場であられる陛下。
その役割に関しては、おそろしく孤独を感じておられるのではないかと推察いたします。
「天皇って、なんか大変そう」ってぼんやり思ったりはするけど、言葉ではその大変さがうまく伝わらなかったりするんじゃないかな、とか。勝手な想像だけど。

私ごときが大変畏れ多いことを書いてしまうけど、私ね、職場で「資格を持つ職員の扱いを上司が理解してない」っていつも怒ってるの。そういう特殊な立場の職員は1人だけだし、特殊ゆえに言われなくていいことまで言われるし。そんな辛さ、誰もわかってくれんって、ほとんど毎日のように怒ってるの。
でも、陛下のお言葉を聴いて、反省しました。
陛下はいかなる時も国民と共に在ることに喜びを感じておられる。
自分の立場がどうだ、とか、つらいとか孤独だとか、後ろ向きなことはほとんど面に出されない。
高齢になられてもなお、自分に厳しくあられる。
見習わなければ。
私の怒りなんて、私の怒りの原因なんて、ちっぽけなものだ。


主にあって。
posted by Deanna at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

セミが鳴いてる

ヘルシンキから帰ってきて1ヵ月。
もう1ヵ月も経っていたのですね・・・。

この1ヶ月、まぁまぁいろいろありました。あんまりよく思い出せないけど。
中旬に仕事でとっても頭にくることがあって、「そんな仕打ちを受けるくらいなら、その仕事は絶対にしてやらん」と思ってしまうくらいに怒ってしまって、私は怒っています”ということを伝えたくてボスにそう言ったのだけどね。
どうもボスは「仕事してやらん」の方を気にしてしまったようで、「どうしたら解決できるかな?」って悩み始めて。
意味がわからん・・・
誰もそんなこと思ってないやん。
あんたの仕打ちについて謝れやん、ってだけなんだけど。
あー、上司から見たら私って面倒な部下なんだろうなぁ。
そんなこんなで元ボスに愚痴をこぼしたあげくに「仕事辞めたいとか思ってしまう」とまで言ったところ、さすが、元ボス。
「あなたは能力がすごく高い人のはず。こんなことで辞めたらもったいない。辞めたら周りが困る」
とあっさり、ええ、もう、ほんとにあっさり、私が一番聞きたかった言葉を言ってくれたのでした。
そうなのよ、どうして上司の対応に立腹したかって、さも「あなたなんかいらない」と言われたように感じたからなのよ。
原因と結果がわかったところでこの話はおしまい。

いつの間にか、梅雨が明けたようで。
梅雨が明けたとたん、我が家は毎朝セミの大合唱に包まれています。
庭にちょうどいい木々があるからなんだろうけど、その木の近くを通って出勤している私は毎朝ひどい目に遭います。
目の前をセミが飛んでいったりとか。
もう、突然飛ぶから怖いのよね・・・
心臓に悪いわ。
今朝、木の下で死んでいるセミさんをみつけました。
帰ったら埋めてあげよう。

semi.JPG
posted by Deanna at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

Independence Day Resurgence

誰も続編なんか待ち望んでいなかった「独立記念日」というB級映画。
前回は、「好きな役者(知らないだろうけど、スタートレックのデータ少佐役の人)が出てる」っていうだけで映画館に見に行きました。。
あらすじは、こう。
エイリアンが地球を侵略しに来た → 頑張って攻撃したけど太刀打ちできない → エリア51で捕まえたエイリアンを研究している博士(これがデータ少佐)登場 → 他にもいろいろ登場 → よくわかんないけど「7月4日だし。今日はアメリカだけじゃなくて、世界の独立記念日だ!By大統領」 → 総攻撃 → 勝った!
なんの脈略もない、「は?そんなすごいテクノロジーを持ったエイリアンに対して、そんな攻撃で勝てるの?」という展開。でも勝った。すげーな、人類。
そんなB級のにおいがぷんぷん漂っていたけれど、なぜか今回もデータ少佐が出てるらしく。
そりゃー、見るしかあるまい。
だってさ、データ少佐、スタートレックの映画版で死んじゃったからね。
彼を映画で見ようと思ったら、こんなB級しかないやん。

で、今回のあらすじ。
またもやエイリアンが地球侵略!前回よりも強くなってる!
20年経って、宇宙テクノロジーは進歩させた人類。でも敵はもっと強かった!!絶対絶命!!

これまた、B級。
なにって、中国市場を気にしてやたらチャイニーズに媚を売るようなキャスティングしてるのと、宇宙テクノロジーは進歩してるのに、自動車は前時代のままっていうアンバランスさ。
もうね、これね、CGでしかできない破壊の限りを尽くすための映画だと思ってみたほうがいいよ。
人類としてどうあるべきかとか、そんな信念なんかなーんもない。からっぽな映画。
よかったところは、データ少佐がちゃんと生きてたことと、偏屈博士っぷりがスン博士(データ少佐の産みの親)を彷彿とさせて懐かしかったこと。データ少佐がわからない人には「変なおっさん」くらいにしか見えないだろうけど。
それにしても、あの宇宙人は何しに地球に来よるんですかね?
地球の資源を奪いに来たっちゅー設定みたいだけど、あんなテクノロジー持ってるんだったら、自分で資源を再合成するくらいのテクノロジーくらいありそうやけどね。
科学技術だけ発展させて、道徳心が向上しない宇宙人っているのかな・・・
あの宇宙人の思考がいまいちわからないまま、今回も終了したのでした。
それにしても、あの宇宙人を見るたびに、タコやイカを食べるのが嫌になる・・。
posted by Deanna at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | My Favourite Movies(H〜N) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

Helsinki, Day4

ヘルシンキ最終日。
土曜日だし、昨日に引き続きお休みモードのフィンランド。こんな日に行ける場所は教会と公園くらいだろう。

近くのマーケットで買ったお土産をスーツケースに詰め込み、フロントに荷物を預けてトラムに乗り込む。
トラムを乗り換えながら、テンペリアウキオ教会を目指す。
この教会は岩盤をくり抜いて作ったとかいうすごい作りの教会で、元々は岩なので、教会の上にも登れてしまうという信じられない教会なのだ。
しかも、ルーテル教会だというから驚きである。

神の家の屋根に登り、ヘルシンキの晴れた空を見渡し、街の風景を激写し、建物の中に。
すでに観光客で溢れていたが、私は礼拝堂の後ろに座り、空間の広がりや音の響きの良さに浸ってみた。
いつかこの教会での礼拝に参加したい。


それからシベリウスのモニュメントがあるという公園へ。
地図を見る限り歩いて行けそうだったが、途中で道に迷ったらしい。地元の人(犬の散歩中)に聞いたら「あっちよ!」と全然違う方向を示された。
あっちか…と思いながらまたもやテクテク歩き、30分は歩いたかな、というところでようやくシベリウス公園に到着。
変なモニュメントになっちゃってたけど、シベリウスさんに会えました。
ここは公園というよりは、ほぼ観光地扱いなんだなという感じだったけど…。


クリスチャンになって4年目。私は一番好きな讃美歌にシベリウスが作曲した曲をあげています。讃美歌では“Be still, my soul”というタイトルがついています。
怒りっぽくて感情的で感情に振り回されている私には大切なメッセージが詰まった1曲です。
今回この旅に出る寸前まで、今思えばどうでもいい些細なことにもいちいち腹を立て、気持ちにゆとりのない生活を送っていました。
フィンランドに行くと決めたのは5月の初めで、まさかここまでゆとりがなくなるとは予想していなかったのですが、ちょうど堪忍袋の緒が切れまくっていた時期にいろんなことから逃げるようにしてフィンランドに行きました。
フィンランドでは、日本では体験できない白夜を過ごし、地球の大きさや自然の素晴らしさを感じました。
また、一番大切にしている讃美歌を作曲したシベリウスの国で、教会をめぐり、パイプオルガンの音色に触れ、日本で私が対面している小さな問題などほとんどどうでもいいことなのだと思えるようになったのでした。
うまくまとまらないけど
フィンランドに行ったのも、フィンランドで経験したことも、偶然のようで必然だったのだろうと思うのです。


大好きな英国がEUから離脱するとか、トルコで自爆テロが起こったとか、平和ボケな日本では考えられないことが毎日起こっています。どうか、また今日も一日 世界が平穏でありますように。
posted by Deanna at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

Helsinki, Day3 〜Seurasaari

エストニアからヘルシンキのホテルに戻ったのは19時頃。
セウラサーリ島の夏至祭に行く気ではいたが、携帯の充電は切れかけ、身体が冷えている。30分ほど休んでからセウラサーリ島に行くことにした。

さて、そのセウラサーリには、ヘルシンキの中心地にあるストックマン(デパート)近くの広場から出ているバスで行くことができる。トラムを降りるとちょうどバスが来たところで、そのバスでセウラサーリに行くことにした。
日本のお祭りのように何万人という人が集まるイベントで、バスは満員なんじゃないかと思っていたが、乗客は私だけだった。途中のバス停で何人か乗せたり降ろしたりしたけれど。

バスの終点からは、細い橋を渡って島に渡る。イベントなので20ユーロでチケットを購入。
ここは島全体が野外博物館。フィンランドの古き良き建築物、動物の鳴き声や小鳥のさえずりを楽しめる。
時々、鍛冶屋が登場したり、民族衣装のお姉さんとすれ違ったりする。
夏至祭のメインイベントはBonfireと呼ばれるもの。火を燃やして、太陽に力を与え、今から短くなっていく日照時間を少しでも長くしてほしいと願うためのものだとか。
フィンランドの夏は短い。
日本人ならもう秋なのではないかと思うくらい、雲が高いところにあるのだ。
夜の9時半。まだ明るい中燃やされる炎をあとにして、私はホテルに帰ることにした。フィンランド人は今から夜中まで踊り狂うらしい。


ホテルに戻ると、ジェントルマンなボスからメールが届いていた。
旅に出る前、私があまりにも「帰国したくない」と言い続けていたせいか、ボスから「何でもいいからヘルシンキから一度は連絡するように」と言われていたのだ。仕方がないので「大聖堂に行ったよ」とパイプオルガンの写真を送ったので、その返信をしてくれたらしい。
ジェントルマンなボスからのメールによると、職場は大雨の影響で避難所従事の仕事もあり、通常業務でも多忙を極めていた様子。「バーボンを少し飲んで寝るところ」とのこと。
また、「しぶしぶでもいいから戻ってきてね」と書いてあった。
なんとも、ジェントルマンらしい気遣いである。
が、そんなことよりも、ボス、バーボン飲むんですか‼︎ 


とにもかくにも、地元の人たちが楽しみにしている地元のお祭りに参加できたことが何よりも良かった。
森をのんびり歩いて、小鳥のさえずりを聴いて…すばらしい時間だった。

posted by Deanna at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

Helsinki, Day3 〜Estonia

6月24日、フィンランドは夏至イブ?で官公庁もお店もほぼ休み。公共交通機関も休日ダイヤ。日本でいうお正月かと思うくらい、街中から人が消える。

今日はセウラサーリ島で行われるという夏至祭に行こうと思ってはいたのだけど、午後4時から午前1時までのイベント。ヘルシンキはどこに行ってもお休みモードだし、だったらお休みモードじゃない国に行こう!と思い、フェリーで2時間で行けるエストニア共和国に行くことに。
フェリーのターミナルでは、スーツケース片手に乗り込む人を多数発見。みんなエストニアに旅行に行くのね、私みたいに手ぶらで行く方がおかしいのね、と思いつつ乗船。
てゆーか、ターミナルから船まで500mってなんやねん!7分近く歩いたぞ!

船の中では、追いかけてくるカモメの撮影に夢中になるアホな日本人ツアー客をみかけたりもしたけど、ぼんやりしている間にエストニアの首都タリンに到着。
…が、ここでも雨。
しつこく降り続く雨。
昨日スオメンリンナで雨に降られた経験から折り畳み傘を持参してはいたけれど、折り畳み傘レベルでは太刀打ちできない雨量。
せっかく来たから…と思って、観光地化してるっぽい旧市街に向けて歩き出す。もう元には戻れない。
旧市街地の入り口には、古い時代のヨーロッパを彷彿とさせる造りの城門があり、古い町並みの色合いは落ち着いた雰囲気を演出していた。
だけど石畳がひたすら歩きにくい。
雨も強くなってきたし、寒いし、教会で雨宿りしようと思って目の前の教会に飛び込もうとしたら「ナショナルホリデーでお休みですでーす」って張り紙が。
神の家が雨宿りさせてくれんかった…(泣)
気落ちしてしまい、寒さにも耐えられなくなったし、ナンパしてくれた人力車(つか、自転車タクシー)のにいちゃんに7ユーロでフェリーターミナルまで送ってもろた。10ユーロ札を出したらにいちゃんが釣りがないつって4ユーロお釣りくれたから、ちょっとラッキーだった。
帰りのフェリーではバーラウンジに席を取り、温かい飲み物を飲まないとやってられなかったので紅茶をひたすら飲んだ。とても居心地のいい空間だったのに、近くの席にツアー客と思われる日本人おばさま方の集団が陣取ってしまった。彼女らの話す話題といえば「私はすでに何ヶ国行ったわ」「あの国はよかった。あなたまだ行ってないの?行きなさいよ」という、なんとも中身のない話題だ。しかもそれを有閑マダムぶって話すのだ。
基本的に群れて行動するのが嫌いで、訪問国数を競うことに何の価値も見出せない私が一番嫌いな話題を延々と話し始めたのである。
私は日本人ではないふりをして、やりすごすことにした。
そのうちバーラウンジのステージではクラブ歌手らしきお姉さまの歌が始まった。欧州の演歌っぽい曲、クラシカルな曲、ジャズっぽい曲…  1時間ほど歌ってくれ、その歌声にかき消されて日本人おばさま連中のどうでもいい話が聞こえなくなったのはよかった。

そうこうするうちに、船はヘルシンキの港に到着。
往路、何も荷物を乗せていないカート引きや大きなスーツケースを持った人々をたくさん見かけたが、いよいよ船を降りるときに周囲の荷物を持って納得した。彼らはエストニアに爆買いに行ったのだ、と。
周囲から聞こえてくる話をまとめると、フィンランドで酒類などを買うと消費税がかかる。税率も高い。
エストニアへは、EU加入国のシェンゲン協定により出入国審査なしで往復することができ、エストニアの方が物価が安い。
なので、エストニアに爆買いしに行く。
事実、彼らの荷物の大半は、酒であった。

エストニアのチョコなど買って満足気に帰ってきた私など、彼らから見ると愚の骨頂だったに違いない。
posted by Deanna at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする