2017年03月12日

施設見学

私の元職場は、当時、全国でも17施設?18施設?くらいしかない、とてもユニークな種別の施設だった。今でも43施設くらいしかないのだけど…。
そんな、最先端で最前線にいた私の専門性をなんだと思ってるのか?と、日々の業務の中で不満が溜まってきていた12月末。同僚たちの福祉に関する発言の端々に、「福祉の基礎がわかっとらんね…」というのが見え隠れしてる。そんな状況を打破すべく、「たぶん、百聞は一見に如かずだと思う。福祉の現場を見た方がいいかもしれない。施設見学に行っちゃう?」と提案してみた。
ジェントルマンな課長は賛成してくれた。
で、私の元職場に交渉して、見学させてもらうことになった。
で、行ってきた。同僚たち5人と私で。

行く前に資料を渡して、読んでおいてもらった(少なくとも、課長が読み込んできてたのはわかった)。

はっきり言うと、元職員として、あの職場のレベルの下がりようにはショックを通り越して呆れた。何をやっとんのだ、この人達は…と思った。
課長はそのものズバリ、あの種別の施設の本質的な部分について質問したのに、施設長からの回答は「議会でそんな答弁したらクビになるよ?」というレベルの、まったく噛み合っていない内容だった。

もうダメだ。
福祉のなんたるかを伝えたくて連れて行ったのに何も伝わらないではないか。

「この人に尋ねても回答は得られないって思ったから、次の質問引っ込めた」と課長が言った時の衝撃といったら…(汗)
公僕の事務屋ですら、資料を読んで、なんとなくあの種別の施設の本質を掴んで質問できるというのに、専門家集団の長が答えられないって何なんだよ‼︎

仕方ないので、帰りの車の中で課長の疑問に1つずつ答えながら帰った。
ほんと、議会前の忙しい土曜日に、高速使って見学に行って、無駄な時間使わせてゴメンって思った。


この1年、「この人、私の専門性を理解してない」って課長に対して思ってたけど、そういうわけでもなかったんだなと思えたのが1つ目の収穫。
それから、私の担当業務については課長が何も口を出して来ないから放置されてるんだと思ってたけど、そうじゃないんだなってわかったのが2つ目の収穫。
仕事の組み立て方がわかってない職員がいて、それは課長が手取り足取り仕事を教えている。
それって、異常なことですよね?わたし、何も言われてないってことは、言われなくても大丈夫って思われてるんだって理解していいんですよね?
そう尋ねたら、肯定的な返事が返ってきた。
彼を完全に信用するまでに一年かかった。長かったのかな。短かったのかな。
よくわかんないや。
ソーシャルワークをしたくてもがいてたけど、ソーシャルワークをもって救うべき人の特徴を理解しないことには、福祉の枠組みなど作れない。枠組みを作る部署に私が存在してるのは、きっと、「手を差し伸べるべき相手のことを考えてますか?」というメッセージを伝えるためなんだろうと思う。
全てのメッセージを一気に送信したところで、相手はパニックを起こすだけ。
少しずつ、伝えていくことにした。
バタフライエフェクトっていうのかな。
蝶の羽ばたきが地球の裏では竜巻になる、みたいな。
いいじゃんね、ちょっとずつでも影響を与え続けたら、何年か後には何かが変わるはずだもん。
3月に入って少しずつ前向き。
休みたい、とは相変わらず思ってるけど。

posted by Deanna at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

正面から見ると円でも、横から見ると長方形

私の勤務先には、「改善実績提案制度」という、よくわからない制度がある。
昨年の年末頃に、「なんでもいいから、改善できたと思うものがあれば提出するように」と上司に言われ、本当にちょっとした事務改善でしかなかったが、お金が多めに入ってきたという事例をまとめて提出しておいた。

すると、その提案が部の代表として提出され、私はプレゼンをしなくてはならない、という展開になった。

困った。
私は「たいしたことはしてないよ?」という感覚なのだ。

概要はこうである。
私の担当業務の一部が、利用者にとってわかりにくいということに気づいた。
わかりにくい(=見えていない)のであれば、見えるようにすればいいではないか。
見えるようにした結果、いろいろと良い効果が得られた。
というだけの話である。

そもそも、視覚化を思いついたのは、私が得意とする分野(福祉臨床)によるものが大きい。
相談援助を私の専門性と思っている上司には全く理解できないだろうが、相談援助ではなく、福祉臨床が私の専門なのである。
そこを理解してもらえてないのに、なぜプレゼンをしないといけないのか。
憤りしかなかった。

私はいろんな理由をつけて断ることを考えた。
最終的に思考が混乱し、今の課長の目の前で、前の課長を呼び出して泣きついた。

前の課長との話を通して落ち着いた私は、プレゼンの準備にとりかかった。
今の課長は複雑な気持ちだったに違いない。
未だに前の上司を頼る部下など、扱いにくいだけだ。


そんな私に、「あなたのプレゼンへの質問者は、教育長だ」という通達があった。
教育長は、私や今の課長の元上司にあたる。
私は、プレゼンの中に学校現場の取組み例を入れることにした。
完成したプレゼンの資料を持って、課長は教育長のもとに行き、私の発表の内容を説明してくれていたようだ。
次の日、教育長から呼ばれた私は、「質問はない。こんな内容で感想を伝えようと思うが、これでいいか」と原稿を渡された。
「学校現場の取組みを参考にしている」という点を、教育長は非常に喜んでくださっていた。

そうして迎えた本番。
私は十字架を握りしめてプレゼンをした。
伝えたいことは伝わったと思う。


緊張していて誰がどこにいたのかあまり覚えていないが、課長がそばにいてくれていたこと、前の課長が会場のうしろで見守っていてくれてたこと、元職場の上司や関係者も聞いていてくれたことは覚えている。
表彰式の後、職場に戻る途中で知らない人たちからたくさん声をかけてもらった。
「プレゼンおつかれさま」
「いい取組みだと思いました」
きっと、声をかけてくれた人たちは、今回の取組みの中から参考になりそうな何かを感じてくれたんだと思う。
初めて、プレゼンに参加できてよかったと思えた。

職場に戻った後、課長と一緒に、教育長と部長にお礼を伝えに行った。
課長はジェントルマンなので、私の代わりに丁寧にお礼を伝えてくれていた。

今さらながら、多くの方の尽力があって、今回のプレゼンに繋がったのだと思わずにはいられない。
課長は口ベタなのかな、「取組みが評価されるのはいいことなんじゃないの?」としか言ってくれなかったが、おそらく、「想像以上に多くの人に顔と名前を覚えてもらえるよ」「自分の知らない場面で、思いもよらない影響が生まれたりするんだよ」ということを言いたかったのかもしれない。

10円玉も、正面から見れば円だが、横から見ると長方形。だけど10円玉であることに変わりはない。
私に与えられる仕事が何であろうと、私の専門性が「福祉臨床」にあることには変わりはないのだ。その専門性を無理に活かそうとする場面を欲しがることなく、与えられた場所で活かす方法を考えればいい。そう思えるようになった。
posted by Deanna at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

ペトロ

私の大切な人(?)の洗礼名は、ペトロという。
2ヶ月くらい前に、何かの話のついでに「洗礼名、なに?」と聞いたら、初代ローマ法王の名前だよ、と言うので、「あぁ、ペトロね」と当ててしまった。
以来、私はこっそり「ぺとろん」と呼んでいる。
普段は「ツンデレ」と呼んでいる。アンデレっぽくてそれはそれでいいかな、とも思っている。

1月中旬から『カルテット』というドラマが放送されてる。
プロになれなかった弦楽器奏者4名でカルテット組んでる設定で、ラブ・サスペンスなお話。
ビオラ担当の高橋一生。
彼の言うことはいちいち正しい。
例えば「からあげにレモンかけたら元には戻せない。不可逆なんだ!」とか。
でも、これだけは言っておきたい。
彼はビオラ向きの性格ではない。
少なくとも私が知っているビオラ奏者は、あんなに前に出てくる性格ではない。
基本的にビオラ奏者は控えめで、存在してるかしていないかわからないが縁の下の力持ち的な雰囲気でなければならない。
そんなビオラ向きの性格ではないビオラ担当が、「好きな人に好きって言う?言わないよね。好きな人には“会いたい”って言うよね」と言っていた。ドラマの中で。

ドキッとした。
だって私、いつもぺとろんに「会いたい。会いに来て」ってメールしてる。
そんなメールで会いに来てくれるぺとろん。
いつもありがとう。
posted by Deanna at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

新年会

今年になってもう20日も経ってたんだねー。
でも、うちの職場の新年会は今日(あれ?もう昨日?)でした。

今回もあれこれ私の趣味をぶち込んだ新年会になりました。

トップバッター 若手職員による「15の夜」の替え歌で「29の夜」
新婚なのに嫁に虐げられている、と切々と歌い上げてくれました(笑)。

次。保育士の先生たちによる「グーチョキパーで何作ろう」と「もちつき」

手がほぐれたところで、課長とじゃんけん大会。
勝った人に花束を。
負けた人にも課長の計らいでお花を一輪ずつ。
課長とこの企画を考えた後、行きつけの花屋に花の注文に行ったのですが、「一輪の花、何がお好みですか?」と尋ねられて「私は個人的に薔薇が好きですけど…」と何も考えずに答えました。
そして今日、花を受け取りに行ってびっくり。
真紅の薔薇を人数分 準備してくださってました。
さすがに課長に「ね、真紅の薔薇なんだけど…」と伝えた時には課長も「マジで⁉︎」って言うてたし、みんなに薔薇の花を配るときもかなり照れてらしてね。
だけど、一輪でも花をもらえるって、うれしいものなんだね。

花を配った後は今日のメインイベント。
みんなからのリクエスト第1位、「世界に一つだけの花」をみんなで歌いました。
課の雰囲気、よくなったかなー
よくなってたらいいなー
みんな楽しんでくれたかなー


課長にご協力いただいて、お店の方にもご理解・ご協力いただいて、今回の新年会を無事に終えることができました。
皆さんに感謝です。
次回は3月の送別会。
また楽しい会になるよう、企画したいと思います!



二次会、補佐や任期付さんと喫茶店に行ったんだけど、補佐が喫茶店に財布を忘れるというおまけ付き…(笑)
posted by Deanna at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

いいこと、たくさん

アンテナの感度が悪かったり、言いっ放しで責任取らん人のことは置いといて。

今週はいいことがありました。
イヤだなと思うこともあったけど
先日見たテレビで、ベッキーちゃんが「日記にはいいことだけを書くようにしてる」って言ってて、私も「あとでブログを読み返した時に、過去のいいことを振り返れた方が、きっとプラスのエネルギーになるよね」「周りへの感謝を忘れないように、いいこと書いていこう」と思ったのです。

私自身は根っからの音楽好きで、音楽がなければ人生じゃない、と思っているようなところがあります。
なので、今年度 職場のすべての飲み会の幹事を仰せつかっている私は、歓送迎会を皮切りに、飲み会や職場に関係するイベントの場で、課長と一緒に音楽を奏でてきました。
歓送迎会で音楽を奏でた時は、飲み会の雰囲気が良くなり、結果的に課の結束力も高まりました。
春、まだ赴任してきたばっかりの課長が「学生の頃にギターを弾いていた」とポロッと漏らした一言を聞き逃さず、「課長とコラボってみたい」とお伝えしたところから、“イベントで何か弾く”が始まったような気がします。

来週、職場の新年会があります。
やっぱり、何か音楽を取り入れたいなと思いました。
音楽をとおして、みんなが楽しく過ごせて、そしてまた職場の結束力が高まるようなもの…何かないかな…
とりあえず、職場のみんなに「なんか歌いたい歌、ない?」と聞いてまわりました。みんなの歌いたい歌の中から、課長と選曲会議。みんなで盛り上がれて、そんでもって課長が弾ける曲を選びました。
たまたま「花」がキーワードの曲を選んだので、課長に「ね、新年会だし、課長とじゃんけんして勝った人に花束プレゼントとかどうかな?負けた人にも一輪ずつ花をプレゼントするの。それ持って歌ってもよさそう」と思いつきで話したら、「いいと思うよ」って。
きゃー‼︎ いろいろ楽しそー‼︎
当日、みんなが楽しんでくれたらいいな。


ジェントルマン課長は、私の趣味と思いつきだけでやっている余興の数々に、いつも丁寧におつきあいくださいます。感謝申し上げます。
posted by Deanna at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

レッスン

昨年末、友人に手伝ってもらってクリスマスコンサートをしたのですが、その時の録音を聴いて、「思ったより音が響いてない」「時々音程がおかしい」ということに気付きました。
音が響いてないのは右腕の問題。
音程がおかしいのは左手の問題。
それはわかるけど、もう自己流に矯正しててもどうしようもないレベルまできてるんだなと思い、ばよりんのレッスンに通うことにしました。
年末に一度行って、年明けて2回目のレッスンに。
先生には、「基礎の基礎からやり直したい」と伝え、ボウイングからやり直し〜。
高校の頃に始めたばよりんですが、まぁ、なんてゆーか、部活でやってたからね。
顧問の先生がばよりん初心者を前に集団レッスンしてくださって、あとは上級生のお姉さまがたがフォローしてくださって…
きちんと個人レッスンを受けたことなんかなかったのです(それで交響曲弾いてるってなんなんだよ…)
なので、基本的なことに立ち還らなきゃ…と思ったのだけど、先生からは「(ボウイングや弾き方に関しては)間違ったことは何もしてないから、あといくつか気をつけるだけでいいよ」とお話があり、「基礎を教えてくれた顧問の先生に感謝しなきゃね」と言われました。
実際、先生から受けた注意点に気を付けて弾いてみると、いつもと違った音が聞こえてくるんですねー。不思議。
今日はヘンデルのソナタを弾いてみたのですが、楽譜に書いてある音符をそのまま弾いていたら、「バロックはそんな弾き方しないよ…」とのこと。あーそっか、曲想まったく考えてなかった!そこまで考えて弾かなきゃ…と反省。
そんなこんなで、レッスンにぼちぼち通い続けていこうかと思っています。


年が明けて1週間目が終了。
年始のお仕事3日間も終了。
年始でエンジンかかってないのはわかるけど、アンテナの感度が低いまま仕事してる人が何人かいて、けっこうイライラしました。
来週はイライラせずに仕事したいなぁ。
posted by Deanna at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

新年の挨拶 2017

あけましておめでとうございます。

2016年は、ほぼ思いつきで旅に出たり、思ったこと何でも言っちゃったり、好きなように生きていたように思います。仕事もまぁマジメにやってきましたが、それ以上に音楽活動も充実してしてました。一生に一度の経験だったと思うけど、地元の新しいホールでのこけら落とし公演で第九を弾いたり、個人的にプチコンサートをする機会に恵まれたり。
そうそう。昨年は、教会の礼拝にも数回だったけど行きました!放蕩娘な私をいつも暖かく迎えてくださる方々に感謝。
海外に行くたびに目に入った教会に飛び込んでみたりするのですが、どの場所でも暖かくて穏やかな時間が流れていて、安心できるのです。
また、趣味で続けているヴァイオリンを弾いている時も(西洋音楽だからだろうけど)、キリスト教と切っても切り離せない関係を感じます。
特に第九を弾いた時には、神を一度は否定したはずのベートーヴェンが、神を讃美し人類愛を高らかに歌い上げる交響曲を作り上げたというその心境の変化に惹かれるものがありました。
そういうわけで、今年も教会には通おうと決めたのでした。

仕事3割、音楽活動7割みたいな人生が一番理想的なんだけど、仕事は仕事、音楽は音楽でメリハリつけて生きていけたらと思います。

今年もよろしくお願いします。
皆さんにとっても穏やかな一年になりますように。
posted by Deanna at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Deanna's Log | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする